【例文あり】面接の質問「自分を一言で表すと」を徹底解説!ポイントも紹介!

新卒の採用面接でよく聞かれる質問に、「自分を一言で表すと何ですか?」というものがあります。しかし、自分を一言で表す言葉を探すのは簡単ではありません。そこで今回は企業がこの質問する理由や、「真面目」「素直」「冷静」「明るい」など性格に合った言葉を探す方法と具体例について解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

面接で「自分を一言で表すと」を聞く理由

企業が採用面接で「自分を一言で表すと」と質問するのは、目的があるからです。その意図を理解して回答を用意すれば、就活生は余計な不安を感じずに済みます。

ここでは、面接で「自分を一言で表すと」を聞く理由を具体的に説明します。

目次

理由①|学生の人柄を知るため

企業の採用担当者は「自分を一言で表すと」という質問に対する回答により、就活生それぞれの人柄を知ろうとします。その回答には就活生自身の性格や考え方、価値観が表れるものです。

また就活生の人となりが自社にマッチするかどうかも、同時にチェックしています。

理由②|質問の意図に的確に答える力を知るため

「自分を一言で表すと」という質問に対する回答は、就活生にとって自己アピールの絶好のチャンスです。そして、自社が求めている人物像を理解してきちんとアピールできているかを、企業がか確認する機会でもあります。

「自分を一言で表すと」と聞くことで、企業側の質問の意図に対し的確に答える力を持っているかどうかを図っています。

理由③|論理的な説明力を知るため

「自分を一言で表すと」という質問に回答する時には、どうしてそう考えたのかの根拠を提示する必要があります。そして選んだ言葉が根拠に基づいているかどうかも、企業側はチェックします。

自分を表す言葉を選んだ理由を聞くことで、就活生の論理的な説明力を見極められます。

理由④|アドリブへの対応力をみるため

採用面接ではアイスブレイクする意味で、面白い質問をすることがあります。「自分を一言で表すと」という質問も就活生の個性が表れやすく、笑顔を引き出せるものの一つです。そして、就活生のアドリブへの対応力をみることもできます。

採用面接ではこれ以外にも、面白い質問をされることがあります。以下の記事では、面白い質問をされた時の対応方法についてわかりやすくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

記事に飛ぶ

面接の質問「自分を一言で表すと」に答えるためのステップ

「自分を一言で表すと」という質問を自己アピールに変えるためには、自己分析をしたうえで的確な言葉を選ぶ必要があります。ここでは、「自分を一言で表すと」の回答を考えるステップを紹介します。

ステップ①|自分の長所を知る

「自分を一言で表すと」という質問は、就活生がきちんと自己分析ができているかを確認するものでもあります。そのため、周囲の協力も仰ぎながら冷静に自己分析を行い、自分の長所を知ることが不可欠です。

自分の長所はいくつかあると思いますが、中でも応募企業が求める人物像にマッチするよう、一つに絞り込んでください。

ステップ②|長所を表す具体的なエピソードを用意する

アピールすべき長所を絞り込んだら、その根拠となる具体的なエピソードを探します。学生時代の部活動やボランティア活動、アルバイト、留学などどんな経験でもかまいません。長所を補完できるエピソードかどうかを見極めましょう。

ステップ③|関連する言葉を見つける

長所とその根拠となるエピソードが見つかったら、そに関連する言葉を探します。四字熟語やことわざを辞典で調べるのもよいでしょう。その際、できるだけ抽象的な言葉を避けるのがポイントです。

ステップ④|面接で話す順番を整理する

「自分を一言で表すと」で答える言葉が決まったら、面接で話す順番を整理しましょう。質疑応答の基本は、結論ファーストです。まず、自分を表す言葉を伝えたうえで、その根拠と考えるエピソードを話してください。

「自分を一言で表すと」のワンランク上の回答を作るポイント

「自分を一言で表すと」に対する回答によっては、企業の採用担当者に好印象を残すことができます。そう考えると、回答で他の応募者を差をつけたいと考える就活生もいることでしょう。

ここでは「自分を一言で表すと」という質問に対し、ワンランク上の回答をつくるポイントを紹介します。

ポイント①|自己PRとの関連性・整合性を持たせる

ワンランク上の回答をつくりたいなら、自分を一言で表す言葉と自己PRを関連付ける必要があります。面接の質疑応答で自己PRとしていた内容と、自分を一言で表す言葉に整合性を持たせるのがポイントです。

自分の長所や自己PRと、自分を一言で表す言葉と根拠が矛盾していないか、きちんとチェックすることをおすすめします。

ポイント②|長所(短所の裏返し)にする

採用面接は、限られた時間の中で自分をアピールしなければなりません。時間を有効活用する意味でも、自分の長所は2つ程度に絞るとよいでしょう。長所が思いつかず、短所ばかりが目についてしまうなら、その裏返しをアピールポイントにする方法もあります。

自分の一番のアピールポイントを、複数の質問で補完することを意識してください。

ポイント③|面接官が学生を見て納得できるものにする

企業の採用担当者は、目の前にいる就活生の雰囲気と発言に違和感がないかも注視しています。そのため、自分が他人に与える第一印象とマッチした一言を選ぶと、採用担当者が納得してくれます。イメージと乖離した言葉を選ばないよう、意識してみましょう。

「自分を動物で例えると」と聞かれることもある

採用面接では、「自分を動物に例えると何だと思いますか?」と質問されることもあります。準備しにくい質問で、咄嗟に聞かれて困った経験のある就活生も少なくありません。しかし、その意図は「自分を一言で表すと」と変わりません。

アイデア力や着眼点、発想力が試される質問です。また、上手に切り返せると瞬発力がある就活生だと評価されます。採用面接の想定回答を用意するだけでなく、会話を続けるスキルを磨いておくと、本番で役立つはずです。

面接で「自分を一言で表すと」と聞かれた際の回答例

自分の長所をアピールできる一言を探すのが難しいと考えている、就活生も多くいることでしょう。ここでは性格の特徴別に、「自分を一言で表すと」と聞かれた時の回答例を紹介します。

粘り強い性格|七転び八起き

私を一言で表すと「七転び八起き」です。達成したい目標がある時には、何度失敗しても挫けることなく、できるまで何度までやり方を変えて挑戦し続ける、粘り強さがあると思います。

真面目な性格|粉骨砕身

私を一言で表すと「粉骨砕身」です。真面目な性格なので、試験でも部活動でも全力で努力してきました。入社後も、骨身を惜しまず一生懸命仕事に取り組みたいと考えています。

素直な性格|柔軟性がある

私を一言で表すと「柔軟性がある」です。勉強や趣味でもわからないことは何でも聞き、その通りに実践するので、先輩・後輩問わず色々なタイプの友人がいます。協調性があるともいえると思います。

明るい性格|元気

私を一言で表すと「元気」です。挫折や困難に見舞われても落ち込むより、元気でいれば何とかなると考えることが多いです。いつも明るく元気なので、悩んでいる友人に「一緒にいると気持ちが晴れる」と言ってもらうことが多いです。

冷静な性格|熟慮断行 (じゅくりょだんこう)

私を一言で表すと「熟慮断行」です。私は何事も効率よく進めたいので、周囲を冷静にみる習慣がついています。そのため、十分に対策を練ってから実行に移すことが多いです。

努力家な性格|臥薪嘗胆 (がしんしょうたん)

私を一言で表すと「臥薪嘗胆」です。自分が立てた目標を達成するためなら、あらゆる苦難に耐え、努力を惜しみません。そうした性格があったから、在学中に税理士資格を取得できたのだと思います。

負けず嫌いな性格|初志貫徹

私を一言で表すと「初志貫徹」です。負けず嫌いなので、一度決めたことは絶対にやり通すと決めています。御社にエントリーするにあたり、TOEICスコア®も750点までスコアを伸ばしました。

優柔不断な性格|有備無患 (ゆうびむかん)

私を一言で表すと「有備無患」です。心配性なところがあるので、部活の合宿前に必要な荷物や不慮の事態が起きた時の対応方法について、十分に準備するよう心がけていました。そのためトラブルがあっても、パニックを起こさずに対応できました。

せっかちな性格|勇往邁進(ゆうおうまいしん)

私を一言で表すと「勇往邁進」です。石橋をたたいて渡るより、行動しながら考えるところがあります。だからこそ目的に向かって勇気を持ち、突き進むことを大事にしています。

頑固な性格|一心不乱

私を一言で表すと「一心不乱」です。自分が決めたことは、誰が何と言っても、やり遂げるまで諦めることなく取り組みます。周囲の声が耳に届かないほど集中することもあり、それが部活の個人成績につながったのだと思います。

「自分を一言で表すと」以外で面接で聞かれやすい質問

採用面接では「自分を一言で表すと」以外にも、定番と呼ばれる質問があります。面接時の質疑応答はすべて、自己PRにつなげることができるので、自分の長所をアピールできるよう回答について考えておくのがおすすめです。

以下の記事では、採用面接時の定番質問の回答例をわかりやすく紹介しています。回答を丸暗記するのではなく、自分の言葉で話せるよう準備する参考にしてみてください。

記事に飛ぶ記事に飛ぶ

まとめ

今回は「自分を一言で表すと」と企業が質問する理由や、その言葉を探す方法と具体例について解説しました。

就活のために自己分析をする中で、自分が考えていたイメージと周囲の認識にずれを感じる人もいることでしょう。しかし客観的に自分の長所を分析すれば、他者とは違う一言を探す際に役立ちます。具体的なエピソードと合わせて、自分にぴったりな一言を探してみてください。

面接対策もバッチリ!徹底した就活サポートをしてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

第一希望の企業には確実に合格したい。でも、面接がどうしても苦手・・・。

早く不安な状態から脱するためにも確実に複数の会社から内定を獲得しておきたい。そのためにも面接対策は徹底しておきたい。。

就活を進めるにあたって、面接って特に対策が難しくて不安ですよね。

そういう学生は、面接対策をがっつり行ってくれる手厚いサポートが受けられる就活エージェントを活用しておきましょう。

もちろん事前の対策をしたから必ず大丈夫!というわけではないですが、とはいえ社会人経験もない学生からすれば、どんなことが企業から評価されるかなかなか想像しづらい部分もあるはずです。

そういったポイントをうまくカバーできるように就活サポートをうまく活用しておくことをお勧めします!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

適正診断面接対策で自分に合った企業を選択できます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【面接対策後の内定率1.39倍!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • 手厚い面接際策サポートが欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

手厚いサポートを受けて、自分に合った企業をしっかり見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる