【仕事が難しいと感じる人へ】原因と対策を徹底解説!

「仕事が難しい」「仕事ができるようになるか不安」と感じているかもしれません。特に新人の間は難しい仕事を振られるとストレスを感じ、逃げたくなったりることもあるでしょう。仕事の難しさは社会人歴が浅い時ほど悩みやすい問題です。今回は仕事が難しい時に考えられる原因と対策について解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

仕事が難しいと感じる要因

なぜ仕事が難しいと感じるのでしょうか。特に新人時代に仕事が難しいと感じやすいのは、本当に仕事が難しいのではなく他に原因があることがほとんどです。

以下では、仕事が難しいと感じる時に考えられる原因について説明します。

目次

技術・知識・経験が不足している

仕事が難しいのは技術・知識・経験が不足しているからです。特に新人の時に起こりがちで、入社してから半年間は技術・知識経験不足に苦しむことがよくあります。

今までの学生生活から社会人の仕事環境に適応するのは簡単なことではありません。何もかもが違い、わからないことだらけなのは当然です。一方で、この場合は時間が解決してくれます。

半年もすれば仕事に慣れて勝手がわかり、仕事に難しさを感じなくなります。

量が多い

仕事が難しいと感じているかもしれませんが、実際には仕事が難しいのではなく量が多くてこなしきれていないだけかもしれません。忙しい業界や人手不足の場合、新人の頃から多くの仕事を任されます。

そのせいで1つ1つの仕事は簡単なのに、量が多くてパニックになってしまっている可能性があります。自分のキャパシティをオーバーした仕事量を引き受けてしまっているのかもしれません。

仕事量は適切かどうか、一度見直してみてください。

わからないことを聞ける環境にいない

仕事が難しくても、先輩から丁寧に教えてもらうことができれば対処できます。しかし、わからないことを聞ける人がいないということはありませんか。わからないことが聞けない環境だと、仕事が難しくなってしまいます。

わからないことを聞きたくても周りが忙しすぎて気を遣う、わからないことは聞かずに自分で調べるように言われる、などの質問をしにくい状況が原因かもしれません。

また、「こんなことを聞くと評価が下がるかも」と気にしていませんか。疑問を聞くことができないと、いつまで経っても仕事が簡単になることはありません。

仕事が難しいと感じるのは能力がないからなのか

仕事が難しいと感じるのは、自分の能力不足のせいなのでしょうか。先輩たちが簡単そうに業務をこなし、同期たちが着々と成長している姿を見ると、自分がダメなせいだと思ってしまうかもしれません。

しかし、仕事が難しいのは決して能力不足ではありません。もちろん、向き・不向きはあります。もしかしたら仕事自体が向いていない可能性もありますが、実際には会社や職場環境、教育体制に問題があることがほとんんどです。

また、最初の1年は知識・技術・経験不足から仕事ができなくて当たり前です。自分のことを責めたり、ネガティブ思考になることは避けてください。

仕事が難しいと感じる時の対策

仕事が難しい時には、以下の3つの対策が効果的です。

  • 勉強する
  • わからないことを聞ける上司を見つける
  • 環境を変える

それぞれの対策方法と理由について以下で説明します。まずは自分が取り組みやすいと感じることから試してみてください。

「勉強する」ことは長期的な改善方法である一方、「わからないことを聞ける上司を見つける」「環境を変える」ことは仕事の難しさにすぐに対処できる可能性があります。

勉強する

仕事に関する勉強が必要です。新人時代の仕事の難しさは技術・知識・経験のなさに由来すると前述しました。技術・知識・経験を補うには勉強するしか方法がありません。

新人なら、経験を積むために積極的に先輩のプロジェクトに加えてもらったり、自分がやりたいことを上司に伝えてみてください。新人のうちは多少の残業も覚悟しておく方が後々仕事が楽になることもあります。

社外の勉強会やセミナーに参加してみるのもよいでしょう。

わからないことを聞ける上司を見つける

わからないことが聞けないせいで仕事が難しいなら、わからないことを聞ける上司を見つけることが最善かつ最短の対処方法です。上司でなくとも、先輩でも同期でも、質問に対処してくれる人なら誰でもかまいません。

自分の質問に答えてくれる人が一人いるだけで、仕事がスムーズに進みます。わからないことが聞けない状況であることを社内の人たちに相談してみてください。きっと、親身になってくれる人が見つかるはずです。

環境を変える

現状、仕事量が多く質問をできる人もおらず、このままでは知識・技術・経験を獲得することもできないと感じるなら、環境を変えて見ることも対策の1つです。

環境を変えることで職場の環境や仕事内容が変わり、驚くほど仕事がはかどることも考えられます。

「そもそも今の仕事に向いていない」「働いてみて、自分に適性がないとわかった」と感じるなら、なおさら環境を変えてみるのがよいかもしれません。

環境を変える方法

仕事が難しい時の対処法として「環境を変える」と前述しましたが、具体的にはどうすればよいのでしょうか。環境を変えるには以下の2つの方法が考えられます。

  • 移動届を提出する
  • 転職する

この2つが簡単かつ確実な方法です。転職するのは大変なので、まずは部署異動ができないかどうか掛け合ってみてください。

異動届を提出する

社内で環境を変えるため、異動できないかどうかを上司に相談してみてください。上司から許可が下りれば、異動届を正式に提出しましょう。

部署異動することで仕事内容が変われば、自分の適性に合った業務に携わることができるようになる可能性が高くなります。また、異動先の先輩や上司に恵まれれば、質問をしながら仕事を覚えていくこともできます。

社内での異動なので転職活動をする必要もなく、人間関係も築きやすいと言えます。転職に伴うさまざまな手続きなどで気を揉む必要もないので、環境を変えるためにはまず部署異動を視野に入れましょう。

転職する

部署異動できるほど会社が大きくない場合や、部署異動を断られてしまった場合、環境を変えるには転職するしかありません。今の仕事や職場の何が原因で仕事が難しいのかを突き止め、問題を改善できる職場を探しましょう。

年次が浅いと転職できるかどうか不安に感じるかもしれませんが、現在は第二新卒を募集している企業も増えています。社会人経験があり、若い第二新卒の需要は年々高まっており、大手企業への転職も可能です。

ただし、空白期間があると企業からの印象は悪くなってしまいます。仕事が難しいとなかなか余裕を持てませんが、現職を続けながら転職活動を進めるようにしてください。

まとめ

今回は仕事が難しい時の原因と対処法について説明しました。仕事が難しいと感じる場合は自分の知識・技術・経験不足のせいか、職場環境に問題があるかのどちらかです。

まずは今の仕事を続けながら仕事の難しさへの対処方法を試してみてください。それでも改善が見られない場合には転職に踏み切りましょう。

成長や改善を見込めない環境で努力するよりも、一気に環境を変えた方がよいこともあります。自分の状況を見極めつつ、適切な方法を選択するようにしてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる