キーエンスの社長|中田有(なかたゆう)の経歴や歴代社長について徹底解説!

キーエンスは日本の超優良ものづくり企業で、工場を持たないファブレス経営をうたっています。創業者の滝崎武光氏は高卒で起業しました。また滝崎氏の自宅は豪邸で有名です。給与は超高給ですが、従業員管理には過酷な面もあるようです。キーエンスへの就職を考えている就活生は、是非この記事を参考にしてください。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

キーエンスの社長は中田有(なかたゆう)

「中田有(なかたゆう)」氏は株式会社キーエンスの代表取締役社長です。この記事では知られざる超優良企業であるキーエンスの紹介とともに、現社長である中田有氏の出身や経歴を中心に解説します。

併せて長者番付の常連である創業者の滝崎武光氏についても紹介します。

目次

3代目の山本晃則氏と社長を交代したのは2019年

中田有氏は2019年12月、3代目社長を務めた山本晃則氏と社長を交代します。山本晃則氏と同じく45歳での社長就任は、”キーエンス流”を象徴する出来事としてメディアでも大きく取り上げられました。

山本晃則氏の前任社長である佐々木氏も43歳で社長に就任しており、キーエンスの成長の秘訣が隠されていると言っても過言ではなさそうです。

創業者の滝崎武光は2015年に会長を退任

キーエンス創業者の「滝崎武光(たきざきたけみつ)」氏は1945年、兵庫県芦屋で生まれました。2000年佐々木氏に社長を譲り自身は代表権のある会長に就任しました。

その後2015年には取締役名誉会長に引いています。このためキーエンスで代表権を持つのは社長の中田氏のみになっています。

キーエンスは精密機器メーカー

キーエンスは知る人ぞ知る日本を代表するものづくり企業ですが、実態はベールに包まれた部分が多い企業でもあります。わかる範囲でその企業概要を見てみましょう。

利益率の高さが最大の特徴

キーエンスは謎めいた上場企業として有名です。従業員の年収と営業利益率が異常に高いのです。こちらの業績ハイライトを見てもわかる通り、通常企業の営業利益率は5%程度といわれている中で、キーエンスの営業利益率50%を超えています。

キーエンスはFA(ファクトリー・オートメーション)関連機器を中心に、 自動制御機器、計測機器、情報機器、光学機器などの開発及び製造販売を行う企業です。

そのモットーは「世の中にないものだけを作り続けて、クライアントに効率的に届ける。」です。 キーエンスには「世界初」「世界一」「世界最小」がいっぱいあります。

キーエンスでは、一部の事業を子会社に譲渡しております。キーエンスの子会社の名称や事業内容、さらには親会社であるキーエンスとの関係性を以下の記事で解説しているので、企業研究を行なって他の就活生より一歩リードしたい学生にはおすすめの内容となっています。

記事に飛ぶ

人気の要因は平均年収の高さ

キーエンスは従業員の平均年収日本一です。2018年版就職四季報によれば、平均年齢36.1歳で平均年収1,777万円です。並み居るマスコミ関係会社や商社を押さえて堂々のトップなのです。

山本社長は「当たり前のことを当たり前に実践する。」が経営のポイントとコメントしていますが、独自性のある商品を効率よく顧客に提供し続けることで、高収益と高成長を維持しているのが超高給の秘密です。

キーエンスでは「人件費は経費にあらず。」という考え方なのです。ボーナスはなんと年4回です。

その高額な年収からキーエンスを志望する学生は後を絶ちません。しかしながら、キーエンスには学齢が高いのでは内定をもらえないのではないかと、不安になる学生もいると思います。キーエンスの採用の実態を以下の記事で解説しているので、自分の大学からの採用実績があるかどうかを確かめる意味でも、ぜひ一度、ご覧ください。

記事に飛ぶ

誰もが売れる営業マンになるノウハウがある

高給がもらえる一方、キーエンスは激務だという噂や口コミを聞いたり見たりした学生も多いと思います。確かに、キーエンスでは以下のようなイメージがあることで、激務だったり、ブラックだったりと誤解されることも多いです。

  • 体育会の社風
  • 分単位で行動を管理される
  • 売れない場合には「なぜ?」と徹底的に理詰めされる

これらの情報は事実としては正しいですが、必ずしも激務であるということに直結しません。キーエンスなりのメリットも数多くあるからです。

  • 高給がもらえる
  • ボーナスも年4回
  • 土日は完全休暇・極度な残業もない
  • 長期休暇も取りやすい

以下の記事では、キーエンスの激務という噂について、徹底的に解説しています。上で紹介したような激務と言われる理由をさらに掘り下げ、分単位での行動の管理とはどういうことかを知ることができます。

さらにはメリットや、激務と感じない人の理由なども紹介しています。キーエンスの入社に際して、不安を解消してくれる記事ですので、ぜひご覧ください。

記事に飛ぶ

キーエンスの社長(中田有)の出身や経歴

キーエンスの社長(中田有)は兵庫県出身で関西学院大学を卒業

2019年12月に就任したキーエンスの社長の中田有氏は、1974年、兵庫県に生まれました。その後、関西学院大学法学部に進学し、1997年に卒業しています。

キーエンスの社長(中田有)は新卒でキーエンスに入社

1997年に関西学院大学法学部を卒業した中田有氏は、新卒でキーエンスに入社します。その後は営業畑を歩み、2018年にはセンサ事業部長に就任します。2019年

2019年は米中貿易摩擦の関係もあり、減益を記録しています。そこで、主力のセンサ事業で営業を務めてきた中田有氏に社長を託すことで、将来的な売上の回復を意図しているものと思われます。

キーエンスの社長(中田有)の資産や年収

キーエンスは非常に高い年収で有名なので、社長ともなれば相当な金額を得ていると思ってしますのも無理はありません。

しかしながら、2019年3月期の有価証券報告書には、1億円以上の役員報酬を受け取る役員の名前が1人も記載されていません。

一方、同資料からキーエンスの取締役8名の年収総額は2億9,700万円ということがわかるので、一人あたりでは約3,700万円と予想されます。勿論、単純に人数で割った数字は全く正解ではありませんが、一般社員と比較してもべらぼうに高い報酬を得ているという訳ではなさそうです。

キーエンスの前社長(山本晃則)の出身や経歴

キーエンスの前社長である山本晃則氏はどのような人なのでしょう。公表されている情報は限られていますが、わかる範囲で出身や経歴を見てみましょう。

キーエンスの前社長(山本晃則)は兵庫県出身で立命館大学を卒業

キーエンスの3代目社長の山本晃則氏は1965年生まれの兵庫県出身です。1985年に立命館大学理工学部を卒業してキーエンスに入社しています。

キーエンスは高収益を誇る超優良企業ですが、企業相手の商売ですから一般消費者に名前を売る必要がなく、CMもなく社長が講演などで前に出ることはまずありません。

このため山本社長に関する情報も非常に限られているのです。

キーエンスの前社長(山本晃則)は新卒で同社に入社

山本晃則氏は新卒でキーエンスに入社しています。入社以来、技術者として現場で経験を積んできました。

2004年にFIGNA事業部長、2009年に取締役事業推進部長兼MECT事業部長を経て、2010年に45歳の若さで代表取締役社長に就任します。

キーエンスの創業者(滝崎武光)の出身や経歴

キーエンスの創業者滝崎武光氏は立志伝中の人物です。日本の経営者列伝などにも取り上げられていますが、一方で特にその前半生には謎が多い人物でもあります。

では、滝崎氏の出身やキーエンスをここまで成長させた経歴を見てみましょう。

キーエンスの創業者(滝崎武光)は兵庫県出身で工業高校を卒業

キーエンスの創業者「滝崎武光(たきざきたけみつ)」氏の前半生は謎に包まれており確かな情報はわずかですが、兵庫県立尼崎工業高等学校を卒業し、大学に進学していないことはわかっています。

1974年29歳のときにキーエンスの前身となるリード電機を創業しました。リード電機を創業するまで二つの会社を起業し倒産させています。この倒産の経験から多くを学びキーエンスの現在の成功に結びつけたとされています。

前身となるリード電機を1974年に創業

滝崎氏はリード電機創業後、FA化の潮流に商機を見出しました。高給で技術者を広く集め、FA関係のセンサーを軸に計測機器、情報機器、顕微鏡などの高付加価値製品群の自社開発に成功しました。

1986年にはキーエンスへ社名を改称し、翌年株式上場を果しました。滝崎氏は 「世界初」の新製品開発にこだわり、営業部隊には分単位の報告義務を負わせました。一方で「ファブレス経営」を掲げ、生産は外注し研究開発に特化する体制を確立することにより、設備投資の負担を軽減し無借金経営を実現しました。

滝崎武光は長者番付に名を連ねる

余り知られていませんが、滝崎氏は長者番付の常連です。直近(2019年)の長者番付によると滝崎氏はファーストリテイリングの柳井氏、ソフトバンクの孫氏についで堂々の第三位に位置づけられています。

なんと資産総額は2兆670億円です。

まとめ

キーエンスの中田有社長を中心に、創業者である滝崎氏や3代目の山本晃則前社長も併せて解説しました。どちらかといえば滝崎氏のインパクトが強くなりがちですが、歴代の社長もキーエンスを成長させ続けている手腕は見事です。

キーエンスへの就職を考えている就活生は高給だけに目を奪われず、企業としての特徴や社長のビジョンをしっかり理解しておきましょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる