アサヒビールの社長|塩沢賢一(しおざわけんいち)の経歴や年収、韓国人との噂も紹介!

アサヒビールは、アサヒビールホールディングスの子会社であり、社長である塩沢賢一の年収が高いという噂があります。また、塩沢健一は韓国人という噂もあります。本記事では、アサヒビールの社長である塩沢賢一の経歴、年収や評判についてお伝えします。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

アサヒビールの社長は塩沢賢一(しおざわけんいち)

塩沢賢一(しおざわけんいち)はアサヒビール株式会社の代表取締役社長です。代表取締役とは、株式会社における最高責任者として社内外の経営判断を行う者です。

  • アサヒビールの基本情報
  • 塩沢賢一のプロフィール
  • アサヒグループHDの社長である小路明善
  • アサヒビールの歴代社長

本見出しでは、アサヒビールの社長である塩沢賢一に関連して、上述の4項目に関してご紹介します。

目次

アサヒビールの基本情報

本見出しでは、アサヒビールの公式ホームページと有価証券報告書を参照して作成した、基本情報をご紹介します。就職をお考えの方は、企業研究にご活用ください。

アサヒビールは、ビールを中心とするアルコール飲料の製造販売を行っており、創業から100年以上の歴史を持つ老舗酒造メーカーです。

  • アサヒビールの業種別仕事内容と労働環境
  • アサヒビールの採用情報と併願先企業
  • アサヒビールの年収事情と同業他社の平均年収

以下の記事では、上述3つのポイントに関してご紹介をしています。アサヒビールを志望する方や飲料メーカーへの就職を検討中の方は、ぜひご参照下さい。

記事に飛ぶ記事に飛ぶ記事に飛ぶ

アサヒビールの社長 塩沢賢一のプロフィール

本見出しでは、アサヒビールの社長である塩沢賢一のプロフィールをご紹介します。

塩沢賢一は、新卒でアサヒビールに入社し営業部門にてキャリアを築きながら、取締役や常務と段階的に昇進を重ねて代表取締役に就任しました。

2017年には、アサヒグループ食品の副社長になった経歴もあり、アサヒグループの企業文化と営業ノウハウを併せ持っていると言えます。

アサヒビールの社長は韓国人ではない

アサヒビールの社長は、韓国人という噂がありますが実態を知りたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

インターネット上では、アサヒスーパードライの原材料に韓国産の物が使用されていると話題になっていますが、アサヒビールの公式ホームページからも正しい情報とわかります。

しかしながら、製造拠点を日本国内外に持つ企業は多く原材料を特定の国に変更したことは、社長の経歴とは関係がありません。

また、既に塩沢賢一のプロフィールを確認した通り日本人の方であり、アサヒビールの社長は韓国人という噂は誤った情報だとわかります。

アサヒグループHDの社長は小路明善(こうじあきよし)

本見出しでは、アサヒグループHDの社長である小路明善のプロフィールを紹介します。

小路明善は、1975年にアサヒビールへ入社後、同社の人事戦略部長や取締役などを経験して、親会社であるアサヒグループHDの代表取締役に就任しました。

アサヒビールの歴代社長

本見出しでは、アサヒビールの歴代社長と在任時の特記事項をご紹介します。アサヒビールへ興味を持った方は、会社紹介や採用ホームページなどもご覧下さい。

アサヒビールでは、アサヒグループHDだけでなく他業界の代表取締役経験者が歴代社長に名を貫いており、飲料業界に留まらず多彩な経営ノウハウが躍進の理由だと考えられます。

アサヒビールの社長 塩沢賢一(しおざわけんいち)の経歴と実績

アサヒビールには、様々な社長がいることがわかりましたが、塩沢賢一の経歴と実績をより詳しく知りたいと感じた方もいらっしゃると思います。

本見出しでは、アサヒビール社長である塩沢賢一の経歴と実績を詳しくお伝えします。

アサヒビールの社長 塩沢賢一の経歴

本見出しでは、アサヒビール社長の塩沢賢一がどのような経歴かを知るために、学生時代、入社後、社長就任前の時点におけるエピソードを3つ紹介します。

将来に向け勉学に取り組んだ学生時代

塩沢賢一の幼少期や、学生時代の具体的な情報は開示されていませんが、慶応大学商学部を卒業しているという学歴から、将来に向けて勉学に励んでいたと考えられます。

慶応大学に入学したということは小中高を通して、継続的に目標を掲げて勉学に取り組んでいたと言えます。

顧客獲得に奔走した営業経験

アサヒビールへの入社後、塩沢賢一は営業部門へ配属されました。飲料メーカーの営業職は、小売店や飲食店などを訪問しながら既存製品の販売拡大に尽力します。

また、新規の取引先を開拓して取引に結び付けたり、新製品の売り込みによって顧客を増やすなど、アサヒビールの業績に直結する業務を行っていました。

塩沢賢一は泥臭いと思われても、アサヒビールの良さを消費者に伝える重要な役割を担っていたとわかります。

アサヒビール副社長として経営に参画

塩沢賢一は、アサヒビールやアサヒ食品などの経営職を歴任してきましたが、代表取締役社長に抜擢する前は副社長として小路明善を影で支えていました。

副社長は、代表取締役のサポートと思われがちですが、社長が有事の際には会社の経営を任される責任を担っています。副社長時代には小路明善と二人三脚でアサヒビールの発展に貢献していました。

アサヒビールの社長 塩沢賢一の実績

本見出しでは、2020年からビール飲料の販売実績の公開方法を変えると発表した記事を元に、アサヒビール社長である塩沢賢一の実績について紹介します。

キリン、サントリーやサッポロなど競合ビールメーカーとの業績にも影響を与えるので、アサヒビールの方針には注目が集まっています。

利益重視の経営方針

塩沢賢一は、2020年よりアサヒビールの販売実績を数量ではなく金額による公開方式へ変更することで、競合3社とのシェア競争を幕引きにすると決定しました。

これは、アサヒビールがこれまで追い求めていた販売数量重視の経営方針から、利益重視にするためのものであり、縮小が続くビール市場を見越しての対応だと考えられます。

業界最大手のアサヒビールが方針を変えることで、競合3社への影響も予想されます。

営業部門へのストレス軽減

ビール市場は、日本国内の人口減少に加えて若者のビール離れにより、30年後を目途に急速な縮小が見込まれています。

営業部門は、アサヒビールの業績を左右する重責を担っており、縮小するビール市場にて販売数の確保というプレッシャーを受けていました。

しかし、塩沢賢一が利益を重視し販売数量の後悔を取りやめることで、販売数を稼ぐのではなく、消費者の満足度を高めるという業務目標へ変わり営業部門への負担が軽減されます。

アサヒビールの社長 塩沢賢一(しおざわけんいち)の年収と評判

アサヒビールの社長である、塩沢賢一はどのくらいの年収を得ていて、またどのような評判なのかも気になった方がいると思います。

本見出しでは、塩沢賢一の資産・年収と、評判を紹介します。

アサヒビールの社長 塩沢賢一の資産・年収

以下は、アサヒグループHDのIR情報で公開されている、代表取締役を含む役員報酬額です。

代表取締役は、会社から受取る役員報酬額の他にも、業績と連動したボーナスや株式配当金を受け取っており、同じ職位の塩沢賢一はおよそ3億~5億円の年収だと想定されます。

アサヒビールの社長 塩沢賢一の評判

以下では、塩沢賢一の評判に迫るために2つのツイートをご紹介します。

代表取締役の評判は、会社の社風や若手社員への教育方針にも影響するため、アサヒビールへの就職を希望される方は、ぜひご参照ください。

上記は、塩沢賢一が周囲の人との調和を保ちつつ、まとめる力を持った人物だと評価しています。社長になると、独断的に決めたり強引にリードする人もいますが、塩沢賢一は周りの話を聞きながら引っ張るタイプです。

上記は、経営方針として若者をターゲットにするという発言に違和感を覚えたものです。縮小する市場では、固執せずに多様な選択肢を探すべきという考えもあるので、否定的な見方にも納得がいきます。

アサヒビールの社長 塩沢賢一(しおざわけんいち)のインタビュー名言

本見出しでは、塩沢賢一が若者のビール回帰を期待すると述べたインタビュー記事を参照し、塩沢賢一の名言をご紹介します。

スーパードライのてこ入れでは、新たな顧客開拓が課題だ

インタビューの冒頭で、課題を明確に述べていることから経営者として不可欠な、問題解決思考を持っていることが伝わります。

工場見学で飲めるビールをイメージし、出来立ての鮮度を感じてほしい

こちらは、アサヒビールの営業経験が長く、1個人としてもアサヒビールの魅力を熟知している塩沢賢一が、消費者に向けた強いメッセージだと言えます。

まとめ

アサヒビールは、日本最大手のビールメーカーであり、その社長である塩沢賢一は先々の市場を見越した経営方針や対応を取っているとわかりました。

飲料業界は就活生にも人気のため、選考倍率は特に高いと言えますが、本記事を通してアサヒビールへの興味を惹かれたなら、ぜひ挑戦してみてください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる