【自己分析】自分史とは何か?自分史の書き方と就活での活用方法について徹底解説!

自分史とは今までの自分の人生を歴史年表のようにまとめたものです。自分史は就職活動時に必要な自己分析をするにあたってなくてはならないものです。自分に合った企業・職種に就くために、自分史作りと自己分析を徹底しましょう。ここではその方法について解説していきます。

就活ノウハウ

自分史とは

https://images.unsplash.com/photo-1504384308090-c894fdcc538d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1504384308090-c894fdcc538d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

自分史とは、今までの人生のなかであった出来事を振り返って、その出来事を歴史年表のようにまとめたものです。

就職活動において、自分を知るための「自己分析」の一環として、多くの就活生が作成しています。自分史作成を通じて、自身の強みや弱み、性格や特徴などが具体的な経験を踏まえて理解できるようになります。

自分史を書く目的

就職面接では経験や特技だけではなく、あなたの人となりも見られます。これは企業が「社風に馴染めるか?」「同僚や上司と協力して仕事ができるか?」という部分を見極め、ミスマッチのない採用を行いたいからです。

そのため、企業は「あなたはどういう人間か?」と質問してきます。そしてその問いに答えるためには自己分析が必要になってきます。また、答えの論拠としての具体例をあげるために、自分史を作っておくことが重要です。

目的①|自己分析で過去を見つめ直す

自己分析で自分の過去を振り返り、自分史にまとめることで、自分の行動の傾向や価値観を具体的な言葉で表すことができます。これは後述する就活の軸を探すうえで大切になる作業です。

目的②|自己分析で現在を見つめ直す

自分の過去をまとめると、自分がどのような考え方を重要視してきたかが見えてきます。その中でも昔から変わらず持ち続けているポリシーがあるはずです。

ここから自分の性格に志望企業の社風が合うかを見極められます。

自分史を書くメリット

面接では、自己PRや長所短所、特技などを訊かれます。このとき、答える上で必ず経験に基づく根拠を添える必要があります。過去を振り返って自分史を作ることにより、根拠となる具体的な出来事を見つけられます。

①メリット①|経験した出来事の具体的事例を洗い出せる

これまでの出来事を俯瞰的に眺めると、意外な繋がりや、転機となったポイントが具体性をもって見えてきます。

また、年表としてまとまった出来事を客観的に見ると、その時々で感じたことや選択した理由など、今まで気がつかなかった自分の傾向がはっきりとつかめてきます。これが面接で自己PRや意見主張の際に大きく役立ちます。

メリット②|今までの思考や意思決定の傾向を見いだせる

自分の強み、弱み、価値観などは、全て過去から形成されています。特に、幼少期・中学・高校・大学での育った環境や、出来事、抱いた感情には、現在の意思決定に通ずるポイントが数多くあるはずです。

自分史を通して過去の自分が選択してきたことを再認識すれば、自己分析に必要なことを知ることができます。

自分の歴史にこそ、自分の本当にやりたいこと、将来進みたい方向性が隠されているのです。ただ過去を振り返るのではなく、自分の未来を見つけることも自分史作成からできるかもしれません。

自分史は就活で役に立つ

https://images.unsplash.com/photo-1554415707-6e8cfc93fe23?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1554415707-6e8cfc93fe23?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

ここまで見たように、自分史は自己分析においてとても役立ちます。自分史を作成することで、自分でも気がつかなかった自身の考え方・思考の傾向と向き合うことができるようになります。次章からは自己分析を行うメリットについて説明をしていきます。

自己分析とは

https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1529400971008-f566de0e6dfc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

自己分析とは、自分の過去から現在までを振り返るものです。今の自分がどのように形成されてきたのか、将来にむけて自分が何を成し遂げたいのか、どんな人間になりたいのかを把握することができます。

自己分析の目的

では自己分析の目的はなんでしょうか。それは「過去を振り返りPRポイントを知るため」「志望動機を強固なものにするため」の2つです。

目的①|過去を振り返りPRポイントを知るため

自分が今まで経験してきたことを丁寧に振り返ることで、自分のPRポイントが何なのかが見えてきます。そしてそれは、面接の際、自分の良さを伝える強い根拠になります。

アピールの根拠となるものがあるだけで結果は大きく変わってきます。

目的②|志望動機を強固なものにするため

志望動機を企業のべた褒めに終始してしまうことはよくやってしまう間違いです。

志望動機は自身の経験に基づき、いかに企業に合うか、そして熱意があるかを伝える必要があります。これらを伝えるために自己分析が欠かせないのです。

自己分析のメリット

自己分析のメリットは「企業選びの軸を作れる」「自分の強みと弱みを見つけられる」の2つあります。

メリット①|企業選びの軸を作れる

自己分析は企業を選ぶ「軸」を定めるのに役立ちます。

就活で、知名度や固定観念など、自分の過去に紐づかない浅い理由で会社選びをしてしまう人は少なくありません。自分がやりたいこととズレるリスクがあり、結果として入社後のミスマッチに繋がります。

自己分析に取り組めば、自分がどんな企業で働きたいのかを自覚することができます。

メリット②|自分の強みと弱みを見つけられる

自己分析では、過去の経験を深く掘り下げ、当時の思考や行動を振り返ります。これによって、今までの経験で培った強みや、課題と言える弱みを知ることができるはずです。

過去のエピソードを踏まえて強みや弱みを伝えられるようになるので、説明に深みが出るでしょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事