社内ニートは無能で邪魔だが羨ましい?社内ニートの生態を解説

最初は高い志を持って企業に入社された人がほとんどです。しかし、年数が経つにつれ理想と現実が違いやる気をなくし、会社から邪魔者扱いやパワハラを受け無能のレッテルを貼られ、仕事を与えられない社内ニートが生まれています。それらは決して羨ましいとは言えません。本記事では、社内ニートの実態・原因を知り、万が一なってしまった際の脱出方法を解説します。

働き方

社内ニートとは

https://images.unsplash.com/photo-1517162024945-595ae6bca1a4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1517162024945-595ae6bca1a4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

社内ニートは楽でありそうなことから羨ましいと思う人が一定数いるようですが、その感覚は果たして正しいのでしょうか。

本記事では、社内ニートの特徴、それを引き起こす企業及び個人の性質、そこから脱却するための方法などを解説します。

さらに、以下の記事では、社内ニートとは対極である社畜に関する情報をまとめています。社畜の定義や社畜になる人の特徴を紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

社内ニートの意味

社内ニートの定義について触れる前に、まずはニートという言葉をおさえておきましょう。

ニート(NEET)は英語の「Not in Education, Employment or Training」の頭文字からきており、就業・就労していない人のことを指します。

社内ニートとは、会社に属していながらも仕事が与えられず1日何もさせてもらえない人のことを言います。そして多くの人がその現状をそこそこ受け入れています。

社内ニートと窓際族の違い

社内ニートと似た意味で窓際族という表現をよく聞きますが、両者の違いは何でしょうか。

社内ニートという大きな括りの中に、窓際族が内包されているという理解でよいでしょう。窓際像は社内ニートの中でも特に

  • 定年まで残り数年の40代後半~50代
  • 出世競争に破れた仕事のモチベーションがないものの、高給を約束されている

人たちのことを指します。社内ニートは年次が若くても存在しますが、窓際族は年次が高い人たちのことを指します。

戦力にならないため、オフィスフロアの中心部ではなくデスクが窓際に追いやられていることが語源です。

そこそこの給料をもらうからこそ辞めるタイミングがない

社内ニートの場合、仕事がなかったりさぼったりしていても一定の給料を貰えることがほとんどです。今の仕事にやりがいを見いだせていないからと言って、給料が貰える以上は転職などに踏み込もうとはしません。

転職して同じような給料が支給されたとしても、新しい環境に慣れることも、今より忙しくなることも大変です。そのため、辞めようにも辞める決断に至らないことが多いです。

社内ニートの生態

https://images.unsplash.com/photo-1568436015740-0a0bdc73a2d0?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=800&q=60
https://images.unsplash.com/photo-1568436015740-0a0bdc73a2d0?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=800&q=60

社内ニートについて基本的な情報を押さえたところで、次に生態に迫ります。

社内ニートに共通する特徴

社内ニートだと考えられる人に共通する特徴は以下の通りとなります。

  • 仕事が与えられない
  • 社内で孤立している
  • 朝、起きてまず会社で「どうやって時間を潰そうか」考える
  • 就業時間中は「仕事をしているフリ」をしている
  • 仕事をしなくても給料が貰えるので意外とラッキーと考えている

様々な特徴がありますが、特に仕事をしなくても給料が貰えるので意外とラッキーと考える人が社内ニートの典型的な特徴です。

あくまで社内ニートは苦しい・辛いものというだけでなく、本人もそれを肯定的に受け入れていることも大きな特徴になります。

社内ニートの1日の過ごし方

社内ニートの典型的な1日のスケジュールは以下の通りです。

10:00

定時ギリギリに出社

10:00~12:00

新聞やネットニュースなどを見てやり過ごす

12:00~13:00

ランチ

13:00~

  • メールの返信
  • デスクの近い人との雑談
  • 書類作業があれば少し進捗させる

18:00

何らかの理由をつけて定時退社

上記を見て極端と思う方もいるかと思いますが現実的に成果主義でない日系企業にこのような人は一定数存在しています。特に、午前中はほぼネットニュースを見て過ごす、というのは典型的な社内ニートの時間の潰し方です。

社内ニートの暇つぶし方法

前の見出しでスケジュールを概観しましたが、改めて社内ニートの暇つぶし方法を見てみます。

  • ネットニュースを読み漁る
  • 同じ社内ニート同士でメールをする
  • デスクの近い人と雑談をはじめる
  • トイレや喫煙に頻繁にいく
  • スマホでSNSを物色
  • ExcelやWordで仕事に関係ない事柄について打ち込みはじめる
  • メールの画面をひらいて考える風にして違う考え事をする

上記のような方法が一般的です。上司の方はこれを知っておくと、誰が今暇を持て余しているかのリトマス試験紙にもなります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。