面接がトラウマに感じる理由と対策をパターン別に分類して解説!

圧迫面接後に泣くことしかできなかった、忘れたい恥ずかしい経験をしたという人は多いようです。面接にトラウマを抱えて転職したくてもできない、どんな練習をしたら良いかわからないという人もいます。今回は面接のトラウマのパターンと原因、圧迫面接に関する知識、克服するための対策についてご紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

面接をトラウマに感じる人は極めて多い

面接が上手くいかなかった、あるいは失敗をしてしまった、という記憶から面接をトラウマと感じる人は極めて多くいます。

また面接を受けても上手くいかないのではないか、という思いが強くなり、面接自体に大きな苦手意識を持ち続けてしまいます。

自分以外の他人が面接を受ける話や、面接を受けたという話を聞くだけで、面接のトラウマを思いだしてしまう人も多いようです。

他人の面接が上手くいっても失敗しても、自分の中の苦い記憶が蘇り拒否反応を起こしてしまいます。

面接をトラウマに感じる3つのパターンとその原因

面接をトラウマに感じる人にはいくつかのパターンと原因があります。みんなが同じ理由で面接をトラウマに感じているのではなく、自分自身の過去の経験がトラウマを生み出しているためです。

以下では主なパターンとその原因について解説します。面接のトラウマを克服するためにも、まずは自分がどのパターンなのかを知っておきましょう。

目次

パターン①|過去の失敗を繰り返すことが怖い

まず1つ目は「過去の失敗を繰り返すことが怖い」というパターンです。過去に面接で何かの失敗をし、それをまたやってしまうのではないかという思いがトラウマとなっています。

失敗の大小は人それぞれで必ずしも大きな失敗とは限りません。いつもの自分ならやらないような些細な失敗をしてしまった、など面接の場でしかやらないような失敗がトラウマとなることもあります。

その失敗の原因が「面接」という場での緊張にあるように思えて、どこの面接を受けてもまた同じ失敗を繰り返すだろうと考えてしまうのです。

パターン②|原因が分からずに面接に落ち続ける

2つ目は「原因が分からずに面接に落ち続ける」というパターンです。自分では上手くいったと思っていた面接にも落ちてしまい、どこを受けても落ちるのではないかという恐怖がトラウマになっています。

上手くいかない原因がわからないため「ココが良くないから直そう」ではなく、「自分という人間がダメなんだ」と自分を否定し始めるようになってしまいます。

自分を否定することで面接で自分をアピールできなくなり、結果として落ち続けることになってしまいます。

パターン③|圧迫面接を受ける

3つ目は「圧迫面接を受ける」というパターンです。過去に圧迫面接を受けたことがある、あるいは身近な人が圧迫面接を受けた話を聞いたという経験から、面接にトラウマを感じるようになります。

実際にある就活サイトのアンケートでは、約6割の就活生が圧迫面接を経験しています。大きな声で恫喝されたり、横柄な態度で質問をされたり、というわかりやすいものから、自分が答えたことに反応してもらえない、意見を否定されてネチネチ言われるなど圧迫とわかりにくいものもあるようです。

通常の面接を想定していた人が、圧迫面接を受けると頭が真っ白になり、質問に答えられなかったり、思わぬ失敗をしてしまうことが多くそれがトラウマとなります。

トラウマになりやすい圧迫面接に関する3つの知識

圧迫面接は採用側が故意に行っています。言ってみれば演技のひとつです。面接を受けに来た人がどんな人であっても、圧迫面接を行うように予定しています。

なぜ圧迫面接を行うのかがわかっていれば、緊張や失敗を防ぐことができるかもしれません。

圧迫面接を行うのはストレス耐性を見るため

圧迫面接が行われる理由のひとつに「その人のストレス耐性を見るため」というものがあります。急に大きなストレスに遭遇したとき、どのようにして自分を保つか、どれくらいならストレスに耐えられるかという点を見たいと思っているのです。

ストレス耐性を見るために行う圧迫面接は「証券会社・生命保険会社・不動産会社」などをはじめとしたお金を扱う業界であることが多いと言われています。

これらの業界では、日常の業務の中で顧客や取引先とのお金に関するトラブルに対処することが比較的多く、ストレス耐性が高い人材でないと耐えられないと考えられているためです。

人格否定をされることがある

圧迫面接では「人格を否定されること」があります。一般的な社会の常識では、相手の人格を否定するという行為はタブーとされていますが、それを敢えて行うということです。

自分の考えを話しても「そんなんじゃだめだね」、こうなりたいと将来の希望を話しても「それでどうなるの」など、通常の社会人同士の会話では想定できない受け答えをされます。

これもストレス耐性を見る方法のひとつです。相手から思わぬ否定を受けたときに、どのような対応をするのかという部分を見られています。ここでどのように対応するのが正解なのかは、企業によって異なります。

「なぜ?」と深掘りされるのは圧迫面接ではない

圧迫面接と言われるものの中に「なぜ」と何度も聞かれるというものがあります。しかしこれは圧迫面接ではありません。

「なぜ」を重ねるのは自動車企業のトヨタでも日常的に行われている思考法であり、それを面接時に用いることで、相手の思考の深さや問題解決力を見ていると考えられます。

日頃から自分の感情や行動について「なぜ」を繰り返して考えるように意識しておけば、面接で「なぜ」を繰り返されても臆せず答えることができます。

面接のトラウマを克服するためのパターン別対策

トラウマがあっても面接を回避することはできません。何とかしてトラウマを克服しなければ、面接で採用されることはないでしょう。

ではどのようにして面接のトラウマを克服するのか、以下では有効な克服方法を3つご紹介します。

パターン①|面接で伝えたいことを明確化する

まず1つ目は「面接で自分が伝えたいことを明確化する」ということです。聞かれたことに答えるというのは、面接の大前提ですが、それだけでなく「この面接で自分は最終的に何を伝えたいのか」ということを明確化しましょう。

過去の面接でどんな失敗をしていたとしても、今後受ける面接で「自分が伝えたいことが伝わればそれでいい」と考えるようにしてみます。

また失敗をするかもしれないけれど、これを伝えられればOKと、ある程度割り切って考えることと、伝えたい対象を絞ることで過去のトラウマに引きずられにくくなります。

パターン②|友人との練習を通じて修正点を突き止める

過去の面接に落ちた理由がわからない、という人は客観的な視点で修正点を見つけましょう。たとえば、友人と一緒に練習をする方法です。

友人と自分が交互に面接官の役をして、相手のどんなところが良く、どんなところに修正が必要と感じたかを言い合います。また、相手の良いと感じたところが自分にはあるのか、ということについても考えてみましょう。

お互いの良いところや悪いところを共有すれば、お互いにメリットがありますし、自分にはなかった視点での修正箇所を見つけることもできます。

パターン③|評価手法の一環にすぎないという視点で臨む

圧迫面接にトラウマがあるという人は「圧迫面接は評価手法の一環にすぎない」という視点で面接に臨みましょう。

先にも解説した通り、圧迫面接を行っている面接官はわざと圧迫をしています。厳しいことを言われても、冷たい反応をされてもそれがその面接官の本心ではないのです。

「これはこういうものだ」と割り切った視点で面接に臨めば、動揺を抑えることができますし、自分が伝えたいことも伝えやすくなります。

まとめ

面接は就活の選考の中でも、特に緊張を強いる場面です。相手は知らない人であり、自分が入社したいと考えている企業の先輩でもあります。

しかし自分を正しく分析し対処すれば、面接のトラウマを克服し、面接を成功させることができます。この機会に抱えているトラウマを克服してしまいましょう。

面接対策もバッチリ!徹底した就活サポートをしてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

第一希望の企業には確実に合格したい。でも、面接がどうしても苦手・・・。

早く不安な状態から脱するためにも確実に複数の会社から内定を獲得しておきたい。そのためにも面接対策は徹底しておきたい。。

就活を進めるにあたって、面接って特に対策が難しくて不安ですよね。

そういう学生は、面接対策をがっつり行ってくれる手厚いサポートが受けられる就活エージェントを活用しておきましょう。

もちろん事前の対策をしたから必ず大丈夫!というわけではないですが、とはいえ社会人経験もない学生からすれば、どんなことが企業から評価されるかなかなか想像しづらい部分もあるはずです。

そういったポイントをうまくカバーできるように就活サポートをうまく活用しておくことをお勧めします!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

適正診断面接対策で自分に合った企業を選択できます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【面接対策後の内定率1.39倍!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • 手厚い面接際策サポートが欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

手厚いサポートを受けて、自分に合った企業をしっかり見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる