リンクアイの評判「勧誘がしつこい?」「セミナーは私服?」の真相解明!

リンクアイの評判として、「勧誘がしつこい」といったことをよく耳にします。ただ、「BRIDGE-i」という独自の自己分析ツールやセッション、就活に詳しいキャリアアドバイザーとの面談が受けられるなど、学生にとってメリットがあることは間違いありません。今回は、そうした評判の真相を徹底的に探ってみました。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

リンクアイとは

リンクアイとは、就職エージェントサービスをメインとする就活支援サイトです。エージェントサービスでは、就活アドバイザーと複数回の面談を行うことができます。

就活サイトといえばリクナビやマイナビが代表的です。ただ、「就活に自信がない…」という方ほど、このリンクアイをおすすめします。

以下でより詳しくリンクアイの仕組みを紹介していきましょう。

目次

リンクアイは就職支援サービス

リンクアイに登録することで、約3~4回ほどの就活アドバイス(面談)を受けることができます。アドバイスを行ってくれるのは、就活に詳しいプロのコンサルタントです。

また、リンクアイでは、ほかにも就活講座やセミナーを実施しています。登録した学生は、まずこの講座・セミナーを受講し、その後にコンサルタントとの面談に進んでいく形です。

後ほど詳しくお伝えしますが、「BRIDGE-i(ブリッジアイ)」という自己分析機能も見逃せません。このBRIDGE-iやコンサルティングにより徹底的に就活サポートを行ってくれるため、就活経験の薄い人ほど効果を実感できます。

リンクアイの運営会社は株式会社リンク・アイ

リンクアイを運営するのは株式会社リンク・アイです。

リンク・アイは、東証一部に上場するリンクアンドモチベーショングループ内の企業となります。その名の通り、「モチベーション」に着目した人材コンサルティングサービスを提供するなど、国内で初の取り組みを行い注目されました。

リンクアンドモチベーショングループは、組織で働くのは立派な「感情人」とし、モチベーションを高めることで従業員のキャリア構築を行っています。

リンクアイの3つの特徴

リンクアイは就活支援サービスとして3つの特徴を持っています。

  • 特徴①|キャリアアドバイザーとの面談が手厚い
  • 特徴②|比較的高学歴をターゲットとしている
  • 特徴③|勧誘手法を怪しく感じる人も多い

単にセミナーや説明会を開くだけといった就活支援サービスは多いですが、キャリアアドバイザーとの面談ができるという点がリンクアイの強みです。ただ、勧誘など怪しげな特徴もあるので以下をしっかりご確認ください。

特徴①|キャリアアドバイザーとの面談が手厚い

リンクアイの最大の特徴が、キャリアアドバイザーとの手厚い面談です。

リンクアイに登録すると、合計3~4回ほど面談を受けることができます。もちろん面談は1対1です。1回あたり1時間以上と、面談時間も長めに設定されています。

キャリアアドバイザーとの面談では、主に企業への志望理由や得意分野、学生時代に頑張っていたことなどの質問がほとんどです。その内容に沿って、自分の向き・不向きなど、時間をかけて自己分析のサポートを行ってくれます。

特徴②|比較的高学歴をターゲットとしている

リンクアイのターゲットユーザーは、比較的高学歴の学生を対象としています。実際に利用した学生の方も、高学歴の場合が多くなっています。

リンクアイから紹介を受ける企業は大手も多いため、その企業の要望に沿った学生を集めているということが理由として考えられるでしょう。

特徴③|勧誘手法を怪しく感じる人も多い

リンクアイは公式サイトから会員登録を行えますが、リンクアイを知らないユーザー層に対する営業手法は勧誘の場合も珍しくありません。

就活生に対して積極的に勧誘電話をかけることもあり、最初は「怪しい」と感じる方もいます。

キャリアアドバイザーと面談するのに必要な手順

リンクアイのキャリアアドバイザーとの面談するまでに必要な手順は、次の4つのステップです。

  • 手順①|新規登録をする
  • 手順②|BRIDGE-iを受験する
  • 手順③|セミナーに参加する
  • 手順④|キャリアアドバイザーと面談

やはりリンクアイの最大の強みはキャリアアドバイザーとの面談です。そのため、最後までメリットを受けられるよう、上記の手順を順番に進めていきましょう。

手順①|新規登録をする

まずはリンクアイの公式サイトから会員登録を行います。

次の通り、入力する項目はかなりあります。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 氏名
  • 性別
  • 電話番号
  • 学校情報
  • 語学スキル
  • 希望業種・職種
  • 希望勤務地 など

手順②|BRIDGE-iを受験する

「BRIDGE-i」とは、リンクアイが独自に開発した自己分析ツールです。

「BRIDGE-i」には、ポータブルスキル測定とモチベーションタイプ測定があり、自分の対課題力、対人力(コミュニケーション力)、性向、強み・弱みといったことが分かります。

グラフになっているので一目で自己分析結果が把握でき、自分のキャリアプランに繋げていくことができるでしょう。「BRIDGE-i」だけでもリンクアイに登録するメリットは大きいといえます。

手順③|セミナーに参加する

「BRIDGE-i」の測定が完了したら、今度はセミナーに参加します。「キャリアスタートセッション」とも呼ばれています。

このセミナーでは、リンクアイに登録する就活生同士が集まり、グループディスカッションを行ったり、自己分析や簡単なワークショップを実施します。

手順④|キャリアアドバイザーと面談

「BRIDGE-i」やセミナーが完了すると、最後にキャリアアドバイザーとの面談が可能です。キャリアアドバイザーは東京や大阪、札幌、名古屋、福岡と全国の拠点に散らばっているため、地方在住の方でも心配はいりません。

また、複数回の面談が終了した後に企業を紹介してもらえることもあります。

このように、リンクアイを利用すれば、自己分析から内定獲得までを目指すこともできます。

リンクアイを利用すべき学生とは

リンクアイを利用すべき学生、リンクアイに向いている就活生は次のような特徴を持っています。

  • 何がなんでも内定を獲得したいと就活に燃えている人
  • 正確な自己分析をもとにキャリアプランを描きたい人
  • 成長意欲や向上心が高い人

リンクアイは本気で就活を頑張っている学生におすすめのサービスです。確かに、人によっては勧誘がしつこいと感じる場面もありますが、反面、それを自分の就活に生かせる意欲の高い人に向いています。

リンクアイの評判と真相

リンクアイは、リクナビやマイナビといった大手求人サイトとは、まったく異なるサービスとして評判を集めています。ただ、その営業手法も独特なので、ネガティブな評判があることも事実です。

ここでは、白黒両面の評判を検証しつつ、その真相を探っていきましょう。

評判①|勧誘がしつこい

リンクアイでもっとも多い評判のなかに、「勧誘がしつこい」というものがあります。確かに、リンクアイの主要な営業手法は電話となっており、会員ユーザーにも友人を積極的に勧めるように進言しているようです。

「勧誘がしつこい」という評判も人によって感じ方が異なるでしょう。また、その内容によっては、この噂も単なるデマかもしれません。以下で真相を探ってみました。

真相①|勧誘の電話やメールが来る

リンクナビの勧誘電話やメールについて、次のようなツイートが参考になるはずです。

実際に、上記のような勧誘電話を受けた就活生も少なくありません。

物腰は大変柔らかいようですが、電話がかかってくるのは突然です。担当者は、リンクナビに登録するユーザーの友人紹介によって電話をかけるケースが多いからです。

必死に就活をする人にとってはチャンスではあるものの、さすがに怪しい印象を抱いても不思議ではないでしょう。

評判②|紹介されるのは中堅企業が多い

リンクアイで面談を受けると、その後に企業を紹介してもらえることがあります。

ただ、同じ就活支援サービスでは、ベンチャーや中小企業を中心に紹介されることも珍しくありません。そのため、リンクアイで紹介される企業も、同じように中小~中堅といった評判を耳にします。

こちらの評判についても以下で真相を探ってみました。

真相②|大手企業の選考やインターンも多数

リンクアイから紹介される企業は、中小~中堅企業の場合もありますが、なかには大手企業を引き合わせてくれることも多くなっています。

それもそのはずで、リンクアンドモチベーショングループは東証一部にも上場しているため、大企業との取引も積極的に行っています。そのため、大手企業の選考やインターンに参加できる機会にも恵まれているのです。

評判③|キャリアアドバイザーの質が高い

キャリアアドバイザー、就活コンサルタント、就職や内定獲得のプロ。このような言葉を聞くと、「レベルの高い人が揃っている」とイメージする方が多いかと思います。

そのため、リンクアイにも質の高いキャリアアドバイザーが多数在籍しているといった評判も耳にします。その実態はどうなっているのでしょうか。

真相③|対応の良し悪しは人による

キャリアアドバイザーの良し悪しが判断できるツイートも確認できました。

対応の良し悪しは人によることが分かります。

キャリアアドバイザーとの面談は複数回にわたって繰り返し行うため、新味になって相談にのってくれることも多いでしょう。

ただ、せっかく紹介した企業に行くつもりがないとなれば、連絡が途絶えるのも、ある意味では自然なのかもしれません。

リンクアイの評判をTwitterで見る

リンクアイの評判は決して悪いものばかりではありません。結局のところは向き・不向きということを、上記のツイートはズバリ言い当てています。

リンクアイが時間をかけてまで就活コンサルティングを実施するのは、「内定先とのミスマッチを防ぐため」です。

自己分析ツールや自分の希望をしっかりと伝えることができれば、入社して「こんなはずじゃなかった」ということに陥りにくくなります。その意味では、どんな就活サービスも使い方次第といえるでしょう。

リンクアイを利用する際の注意点

リンクアイを利用する際には次の2点にも注意してください。

  • 友人勧誘の要望に応えすぎない
  • セミナーの服装は私服で構わない

特に、「友人勧誘の要望に応えすぎない」という注意点は、リンクアイを使用する前のリスク把握にもなります。

以下でより詳しい内容をお伝えしていきましょう。

友人勧誘の要望に応えすぎない

リンクアイに登録すると、担当者から「友人を誘ってくれませんか」という要望を受けることもあります。事実、それがリンクアイの営業手法の一つです。

ただ、だからといって必ずしも友人を勧誘する必要はありません。

無理に誘ってしまい、友人がリンクアイに合わないようであれば、自身の信用を落としてしまいます。また、友人の貴重な時間までムダにしてしまう可能性もあるでしょう。

セミナーの服装は私服で構わない

リンクアイでは、キャリアアドバイザーと面談を行う前にセミナーを受講します。ただ、就活セミナーだからといってスーツで行く必要はありません。私服でも大丈夫です。

企業の就活イベントでも「私服OK」のものも増えてきました。そのため、リンクアイでも、「どのような服装で参加するのか」ということをチェックする目的もあります。

私服での参加が認められているとはいえ、そのシーンにあった服装を心がけるようにしましょう。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

リンクアイは就活支援サービスの一つですが、「BRIDGE-i」の徹底した自己分析ツールやキャリアアドバイザーとの面談など、内容は非常に充実しています。

ただ、「勧誘がしつこい」といった評判があることも今回分かりました。

ぜひ、こうした評判に流されず、自分自身で真相を確かめてみることをおすすめします。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次