社会不適合者にオススメの仕事は?働き方や治し方も解説します!

仕事や職場の人間関係でつまずく経験が多くなると、「自分が社会不適合者かもしれない」という不安に苛まれがちです。しかし世間が持つ社会不適合者と実際には、大きな違いがあります。そこで今回は社会不適合者とは何か、その特徴、そう判断される原因に加えて、治し方や向いている仕事を解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

社会不適合者とは

人間は、社会の中で他者と関わりながら生きていくものです。そして社会とは人間の集団としての営み、あるいは組織的な営みを意味します。しかしすべての人が、人間が構成している集団生活に適応しているわけではありません。

ここでは、社会不適合者の意味について説明します。

目次

意味

社会不適合者とは、世間一般の要求に応えながら生活することが難しい人をさします。社会通念上の一般常識やマナーに則って、生活できないという意味です。weblio辞書では以下のように記載されています。

社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。うまくやっていけない人。

ここでポイントになるのが、社会不適合者は人見知りや人付き合いが苦手というレベルではなく、挨拶や協働作業がスムーズに進められない、あるいは自らやろうとはしないことです。その特徴については、次の見出しで詳述します。

社会不適合者だと自称する人の声

Twitter上でも、自分が社会不適合者ではないかとな也う人のコメントが散見されます。

社会に出て仕事をすることで、自分が働くことに向いていないと感じてしまうと、社会不適合者なのではないかと不安になる気持ちになるものです。職場で役立てていないと感じて、自分を社会不適合者だと思い込む気持ちが伝わるコメントです。

仕事をするうえで周囲の期待に応えられないと、それがプレッシャーになり自信を失くしてしまいます。そして、誰もが困難に対して前向きに取り組めるわけでもありません。逃げ癖がついたことを自覚しつつ、そこから抜け出せない辛さが伝わるコメントです。

社会不適合者の特徴

仕事や職場でうまくいかない時、「自分は社会不適合者なのではないか」と悩むのは不思議なことではありません。しかし、真の社会不適合者には共通した特徴があります。ここでは、社会不適合者の特徴について説明します。

性格面での特徴10個

社会不適合者の性格面に見られる性格の特徴には、以下のものがあります。

  • 人間嫌い
  • 他者を信用しない
  • 周囲と足並みを揃えようとしない
  • プライドが高い
  • 自意識過剰
  • ナルシスト
  • 根拠のない自信を持っている
  • 常に自分が正しいと思っている
  • 虚言癖がある
  • コンプレックスが強い

社会不適合者は、自分以外の誰もを信用していません。そして、自分が他者とは違い特別な人間であると考えています。しかし、周囲がそれを認めるだけの根拠には乏しく、それを指摘されることを極端に嫌う傾向があります。いわゆる「扱いにくい人」といえるでしょう。

行動面での特徴10個

社会不適合者の性格面に見られる行動面での特徴には、以下のものがあります。

  • 空気が読めない
  • 不適切な発言が多い
  • 時間にルーズ
  • 仕事に対する責任感が弱い
  • いざとなると責任逃れをする
  • 常に自分優先
  • 他者を見下す
  • 集団行動が苦手
  • 常に1人でいようとする
  • 遅刻が多い

社会不適合者は仕事において、他者とのコミュニケーションの取り方に特徴があります。それは、相手の気持ちを考えず、自分本位の行動をとるというものです。しかし、周囲と協働せずにミスやトラブルが発生した場合には責任逃れの言い訳に終始し、時間厳守や遅刻をしないといった基本的なルールも守れない人が多いです。

社会不適合者と天才は紙一重

社会不適合者には、職場で円満な人間関係を築いたり、周囲と協働しようという発想がありません。周囲と同調するのは無意味なことだと考えるので、職場で浮いてしまうこともしばしばあります。

しかし、そうした唯我独尊な考え方だからこそ、斬新なアイデアや企画を生む人も多いです。社会不適合者は仕事でイノベーションを起こす発想を持つ可能性を秘めた、天才と紙一重とも考えられます。

社会不適合者になる原因・背景

社会不適合者は、自ら進んで他者と距離を置きます。しかしそれにも、原因があるのです。ここでは、社会不適合者になる原因や背景について説明します。

原因①|生まれもった気質

人間には、生まれもった気質があります。中でもパーソナリティー障害を持っている人は、社会不適合者といわれることが多いです。パーソナリティー障害には、以下のものがあります。

  • 妄想性パーソナリティー障害
  • 自己愛性パーソナリティー障害
  • 反社会性パーソナリティー障害
  • 回避性パーソナリティー障害
  • 統合失調型パーソナリティー障害

パーソナリティー障害を持った人は著しく偏った考え方を持ち、それに従って行動するため、他者とのコミュニケーションに支障をきたします。

原因②|叱られて育った

幼少期に保護者から厳しくしつけられた、あるいは叱責ばかりされていた人も、社会不適合者になりやすいです。

幼少期にありのままの自分を愛してもらえず、人格を否定されてばかりいると、「自分はダメな人間だ」という気持ちが、心に根付いてしまいます。その結果、自分に自信が持てなくなり、傷つくのが嫌で他者と関わることを拒絶するようになります。

原因③|過保護・過干渉な家庭で育った

過保護・過干渉な保護者に育てられることも、社会不適合者になる原因となります。それは、過保護・過干渉な保護者は、子供に苦労をさせないために、何でも先回りして問題解決をしてしまうからです。

守られて育つ子供は挫折や痛みを知らないまま成長するため、社会に出て小さな困難にぶつかっただけでも、立ち直れないほどのダメージを受けてしまいます。それを否定したいという感情と、保護者のように自分を受け入れてくれない社会に対し敵意を持つようになるのです。

社会不適合者が選ぶべき仕事の特徴

社会不適合者だからといって、仕事のスキルが低いわけではありません。しかしスキルが高くても、コミュニケーション能力が低ければ、社会生活を営むのが難しいのが現実です。そう考えると、社会不適合者が選ぶべき仕事が見えてきます。

ここでは、社会不適合者が選ぶべき仕事の特徴について説明します。

特徴①|人と極力関わらない仕事

社会不適合者は、人と極力関わらない仕事を選ぶことをおすすめします。1人で作業することが苦にならず、自分のペースで仕事ができるのは、社会不適合者にとってもメリットがあるがずです。

仕事のやりとりがメールやチャットだけであれば、作業を進められる人も多いので検討してみましょう。

特徴②|自分の特技・才能を活かせる仕事

社会不適合者はその独特な考え方によりアイデアや企画を考えるのが得意な人が多いです。その特徴を生かして、自分の特技・才能を活かせる仕事をするのもおすすめです。

自分の得意分野であれば、個性を発揮しつつ仕事を続けられるはずです。

特徴③|自分のペースで働ける仕事

社会不適合者は、周囲と同調して行う作業は苦手です。しかし、1人でコツコツと作業するのは苦にならない人が大半です。そこで、自分のペースで働ける仕事に就くことをおすすめします。その方が、スキルアップにつながる可能性が高まります。

社会不適合者に向いてる仕事20選

前章で、社会不適合者が選ぶべき仕事の特徴について説明しました。ここではその特徴に合う仕事を20種、紹介します。

人と極力関わらない仕事例

社会不適合者は、人と極力関わらない仕事の方がストレスなく働けます。ここでは、人と極力関わらない仕事例を紹介します。

①ライター等の在宅ワーク

ライターは、文章を書くのが仕事です。中でも在宅でできる、Webライターがおすすめです。打ち合わせもメールやチャットで済みますし、初心者でも仕事ができる環境があります。

②工場の作業員

工場で部品を組み立てたり、仕分けを行うなど、同じ作業をずっと続ける仕事です。作業中は私語厳禁の向上が多いので、他者とコミュニケーションせずに済みます。

③警備員

ビルやイベント会場などで、警備をする仕事です。場合によっては夜勤もあり、体力は必要ですが、他者と関わることはほとんどありません。

④トラック運転手

トラックで、様々な製品を目的地まで運ぶ仕事です。製品の受け渡し以外は他者と関わることがなく、大半を運転しながら過ごすことになります。

⑤飼育員

動物園や水族館、様々な研究施設で動物の世話をする仕事です。飼育にあたって他者と関わることはあっても、基本は動物相手なので安心です。

⑥清掃員

駅やビル、商業施設などの掃除をする仕事です。チームで派遣されることもありますが、清掃作業は個々に行うので、自分のペースで仕事ができます。

⑦新聞配達員

朝刊と夕刊を配達する仕事です。新聞店でチラシの挟み込み作業をする時以外は、担当地区に1人で新聞を配達するので、他者との接点は少ないです。

⑧電気やガスの検針員

住宅を回って、電気やガスの検針をする仕事です。所定の機器を用いてチェックするだけなので、特別な技術を必要としません。

自分の特技・才能を活かせる仕事例

得意分野がある社会不適合者は、それを仕事にするのもおすすめです。ここでは、社会不適合者が自分の特技・才能を活かせる仕事例を紹介します。

⑨デザイナー

ポスターやパンフレットといった紙媒体をデザインするグラフィック、あるいはホームページを制作するウェブなど多岐にわたります。クラウドソーシングで受けられる仕事も多いので、おすすめです。

⑩アーティスト

絵画や陶芸、ハンドメイドなど、自分の得意分野のアーティストになるのもよいでしょう。ただし、収益を得るまでには時間がかかることを覚悟する必要があります。

⑪イラストレーター

イラストを描く仕事です。Webやフリーペーパーのイラストであれば、単価は低いもののクラウドソーシングで受けられるものがあります。

⑫小説家

小説を書くことを仕事にできるのは、才能があるごく限られた人だけです。しかし紙ではなく、携帯小説というジャンルがあるので、職業として確立できる可能性はあります。

⑬カウンセラー

自分が社会不適合者として苦しんだ経験を生かして、悩みを抱える人の相談を受けるカウンセラーを仕事にするのもよいでしょう。社会不適合者である自分を克服する、きっかけをつかめるかもしれません。

自分のペースで働ける仕事例

社会不適合者は、大きな組織の中で他者と協働することは苦手ですが、自分のペースで働き成果をあげることはできます。ここでは、自分のペースで働ける仕事例を紹介します。

⑭入力作業・キーパンチャー

与えられたデータを、フォーマットにそって入力する仕事です。クラウドソーシングで受けることができ、在宅勤務も可能です。

⑮アフィリエイター

自分でブログを作成し、アクセス数を上げることで広告収入を得る仕事です。Webライターより稼げますが、その分難易度は高くなります。

⑯プログラマー

システムエンジニアが設計した指示書通りに、プログラムを書く仕事です。エンジニアの中では難易度は低めて、他者との関りも社内に限定されることが多いです。

⑰デイトレーダー

手元の資金を株式やFXに投資し、運用益をあげる仕事です。専業トレーダーになれば、自宅のパソコンを使って売買することで、大きな利益を得られる可能性があります。

⑱システムエンジニア

クライアントのニーズに合わせて、システムの設計開発を行う仕事です。仕様書を作成するにあたりクライアントと打ち合わせることもありますが、基本的にはパソコンでの作業となります。

⑲研究職・開発職

大学や企業、各種研究所に勤務し、研究や開発を行う仕事です。仮説を立てて検証のための実験を行い、新たな製品を生み出すためには、1人で地道な作業を進める必要があるため、適性があります。

⑳翻訳家

様々な文章を、日本語あるいは指定された言語に書き換える仕事です。ITや環境、医療などの得意分野があれば、仕事を得るのは難しくないようです。

社会不適合者にオススメのアルバイト例

学生の中にも社会不適合者はいて、アルバイトを探しているケースもあるでしょう。しかし、仕事を選ばなければ辛い思いをする可能性があります。社会不適合者にオススメのアルバイト例は、以下の通りです。

  • ポスティング・チラシ配り
  • 交通量調査
  • 治験
  • 飲食店のキッチンスタッフ
  • 郵便局の仕分け作業
  • セルフガソリンスタンドの店員

職種の中には他者と関わるものもありますが、注文や支払いを受ける程度なので難易度は高くありません。ぜひ挑戦してみてください。

社会不適合者の治し方・改善方法

社会不適合者であっても、自分の考え方や行動を変えることで、周囲と折り合いやすくなるものです。ここでは、社会不適合者のの治し方や改善方法について説明します。

方法①|自分の得意分野を見つける

できるだけ他者と関わらずに生活したいなら、自分の得意分野を見つけるのが先決です。入力作業が早い、文章を書くのが好き、イラストを描くのがうまいなど、自分にできることを見つけましょう。

現代はクラウドソーシングを利用すると、未経験者でもチャレンジできる仕事を見つけるのは簡単です。すぐにお金にはならなくても、得意分野があることを自信に、前向きに取り組みましょう。

方法②|マナーを身につける

社会不適合者は、採用面接で落とされるケースも少なくありません。それは、社会通念上のマナーが身についていないことが原因かもしれません。

敬語や立ち居振る舞いのマナーを身につけることで、組織に適応しやすくなります。一般的なマナーをしっかり勉強し、体得しましょう。

方法③|ソーシャルスキルトレーニングを受ける

社会不適合者が職場で円満な人間関係を築きたいなら、ソーシャルスキルトレーニングを受けるのも一つの方法です。ソーシャルスキルトレーニングでは、社会で役立つコミュニケーション方法を実践的に学ぶことができます。

話し方や気持ちの伝え方について具体的に学べるので、職場でもすぐに実践できるようになります。書籍も出ていますので、場合によっては独学でもよいでしょう。

方法④|思い切って環境を変える

自分が社会不適合者だと感じる原因が、実は職場に会ったというケースも珍しくありません。体育会系の職場にインドア派の社員が入社すると、価値観にギャップがあるため、適応できないのは仕方がないことです。

そんな時には異動や転職を申し出て、思いきって環境を変えるのも選択肢の一つです。自分にとって働きやすい環境とは何か、じっくり考えてみましょう。

方法⑤|そのままの自分を受け入れる

社会不適合者が社会生活を営んでいくうえで、まずそのままの自分を受け入れることが大切です。特に社会不適合者であることが辛いと感じているなら、それは自己評価が低いことの表れといえます。

社会不適合者にも長所はあり、それを生かせる場はきっとあります。そうした自分の良さを認めたうえで、周囲と折り合う努力をしてみましょう。

社会不適合者であることも一つの個性

社会不適合者は、世の中ではマイノリティーです。しかし、社会不適合者であることもまた個性といえます。ダイバーシティーが進む現代において、社会不適合者であっても長所を生かして活躍できる場はきっとあります。

インターネットの発達などによって、一人でも働ける環境は増えてきています。

「社会不適合だから死にたい」と考える前に、「社会に合わせるのではなく、自分らしい生き方を探す」ということを大切にしてください。

まとめ

今回は社会不適合者とは何か、その特徴、そう判断される原因に加えて、治し方や向いている仕事を解説しました。

社会不適合者と聞くと、世の中にスポイルされそうなイメージを持つ人もいるようですが、働き方や多様化する現代では長所を生かして働ける方法があります。自分で改善方法を実践しながら、社会不適合者である自分を受け入れて生きやすくなる方法を探してみるのもよいかもしれません。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる