当事者意識がない原因は?当事者意識がない職場の部下への接し方を紹介!

いつも何となく他人事で真剣に向き合っているように思えない、今回はそんな当事者意識について解説します。企業によっては当事者意識をスローガンに掲げているところもあります。当事者意識とは何なのか、仕事上の当事者意識や当事者意識を持った行動とは何か、当事者意識を高めるにはどうしたら良いか、参考にしてください。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

当事者意識とは

上司から「当事者意識を持ちなさい」「当事者意識が低い」と言われたことがある人、部下に当事者意識を持って欲しい人、は多いようです。しかし、そもそも当事者意識とは何なのでしょうか。

まずは当事者意識のそもそもの意味と表現を解説します。

目次

当事者意識の意味は「直接関係するという自覚」

「当事者意識」には、以下の意味があります。

自分自身が、その事柄に直接関係すると分かっていること 関係者であるという自覚
国語辞典(goo国語辞典)

つまり、「当事者意識」とは自分が関わっている仕事や事柄を「自分に直接関係すること」と自覚していて、他人事とは考えない意識です。

反対に、自分がかかわっている仕事や事柄であっても、「判断するのは上司だから」「自分は言われた通りにやればいいから」と考えてしまうのが「当事者意識のない人」とも言えます。

当事者意識の言い換え表現に使える「主体性・責任感」

「当事者意識」を他の言葉に言い換えるなら「主体性」「責任感」などです。

  • 主体性:主体的(自分の意志・判断によって行動するさま)である性質
  • 責任感:自分の仕事・行為についての責任を重んずる気持ち

主体性・責任感・当事者意識、の3つの言葉はほぼ同義語として使えます。そして、この3つは「責任感を持つ→当事者意識が高まる→主体性が生まれる」とも考えられるのです。

つまり、主体性・責任感の2つは当事者意識と相互の関係にある類語であり、かつ当事者意識を持つために欠かせない要素でもあると言えます。

当事者と反対の意味を持つ対義語は「傍観者・外野」

「当事者意識」とは、当事者であるという意識を持つことを表します。そのため、当事者意識の正確な反対語はありません。そこで、ここでは「当事者」と反対の意味を持つ対義語を2つご紹介します。

  • 傍観者(ぼうかんしゃ):そばでながめること、当事者でないという立場・態度で見ること
  • 外野(がいや):比喩的に、わきで見ている人 責任のない第三者

傍観者・外野、のいずれも自分には責任がなく、ただその場で見ている無関係な人という意味です。その仕事や物事に直接関係するという自覚を持つ「当事者」とは反対の意味を持っています。

尚、傍観者・外野も「傍観者意識」「外野意識」として、その人の意識を表せないわけではありません。しかし、どちらも造語に近いニュアンスがあることは知っておいた方が良いでしょう。

当事者意識がある人・ない人の特徴

当事者意識がある人とない人では仕事の成果が全く違ってきます。では当事者意識がある人とない人はどのような違いがあるのでしょうか。ここでは当時意識の特徴を仕事編と恋愛編に分けて解説します。

当事者意識がある人・ない人の特徴|仕事編

以下は仕事の当事者意識がある人の特徴です。

  • 企画・提案ができる
  • 目的達成のためにあらゆる手段を考える
  • 失敗しても積極的に再トライする

上記は、言い換えれば「自分から行動を起こす人」です。目的達成の意識が高い人とも言えます。当事者意識があれば仕事の成果を上がり、どんどん出世していくでしょう。また、このように当事者意識を持った人が多い職場ではプロジェクトが円滑に進むでしょう。

一方、以下は当事者意識がない人の特徴です。

  • 誰かが何とかしてくれると考えている
  • 失敗してもなんとかなると思っている
  • 環境のせいにしている

「仕事での当事者意識がない人」とは受け身の人です。自分からは行動を起こさず、言われたことだけをやる人とも言えます。プラスアルファの仕事をせず、評価されにくいでしょう。このような人が多い職場では言われなければ行動しない人が多いためプロジェクトが円滑に進まない傾向があります。

当事者意識がある人・ない人の特徴|恋愛編

次に、以下は恋愛の当事者意識がある人の特徴です。

  • 積極的にコミュニケーションを取る
  • デートの計画や家事に積極的に取り組む

恋愛でも仕事と同じで、やはり自分から進んで物事を進める人が当事者意識のある人と言えます。男女関係なく、デートの計画を立てる、家事を進んでやる、コミュニケーションを図る、などの積極性が恋愛の当事者意識と言えます。

一方、以下は当事者意識がない人の特徴です。

  • コミュニケーションが常に受け身
  • 何でも相手に任せっきり

恋愛という2人だけのコミュニティで、片方に当事者意識がないと、おのずともう一人ばかりが主体性を持たなければならないことになります。

つまり、片方が受け身でいるということは、もう片方へ任せきりとなってしまい、結果として受け身の人には当事者意識がない、ということになるでしょう。

当事者意識が持てない原因

当事者意識を持つことが社会人として必要ということは言うまでもないでしょう。しかし、現実には当事者意識が持てない社会人は多くいます。

ではなぜ当事者意識が持てないのでしょうか。以下ではその原因を2つご紹介します。

原因①|楽をすることばかり考えている

当事者意識が無いことの原因に「楽をしようとする考え」があります。周囲や相手のプラスとなることを考えられないので、プラスアルファの仕事はせず、与えられたことをやり続けるということです。

自分には関係ない、またはできないと考えてしまい、楽をしてしまいます。

原因②|責任を持ちたくない

当事者意識がない人は責任を持つことを嫌います。そのため保守的な考えが強くなりすぎ、自分や周りの評価を下げないことだけに注力します。面倒なことや責任が伴うことは、自分からは引き受けません。

当事者意識がない人は失敗しても環境のせいにしてやり過ごしてしまうでしょう。

仕事で当事者意識をもつことのメリット

ビジネスシーンでもプライベートシーンでも、当事者意識を持つことは今後に大きく関わってきます。なぜなら、当事者意識を持つことには多くのメリットがあるからです。

以下では当事者意識を持つことのメリットを2つご紹介します。

メリット①|自己成長のスピードが早くなる

面倒なことも自分から引き受けるので、多少の問題が起きても主体性をもって仕事を進められます。そうすると精神的にも鍛えられて強くなり、自己成長が早まります。

精神的な強さによる自己成長で、自信をもって仕事に取り組むことが出来るようになり、周囲からの評価も上がりやすくなるでしょう。当然、出世するスピードも早くなります。

メリット②|自発的に行動できる

自分事と捉えることで責任を持ち、目的に向かって自発的に行動できることもメリットです。当事者意識を持つことで、上司に言われるまでやらないのではなく言われずとも行動できるようになり、上司からもさらに責任のある仕事を任せてもらえるかもしれません。

自発的に行動できることは何でもやろうとするので責任を持つことにつながります。人のために行動が出来るので、仕事への意欲が上がり周りの信頼も得ることが出来るようになるでしょう。

部下へ当事者意識を持たせる方法

部下が、仕事を他人事だと考えていて、「もう少し当事者意識を持って仕事をしてくれたら」と悩んでいる人も多いと思います。では、部下に仕事で当事者意識を持ってもらうには、どのような教育をすれば良いのでしょうか。

以下では、部下に当事者意識を持ってもらう教育の仕方をご紹介します。ぜひ一度試してみてください。

①関係性と必要性を具体的にイメージさせる

当事者意識がない理由として「この仕事が何のために必要で、それが何につながるのか」という仕事の肝の部分を理解できていない可能性があります。

仕事の関係性と必要性が理解できていなければ、部下が自分から積極的にアクションを起こすことは難しいでしょう。

仕事内容を指示するだけでなく、仕事内容の目的を伝え、「この仕事はこの成果につながる、この成果が生まれれば~」という具体的な説明を意識してみてください。

②決定権を持たせて責任を自覚してもらう

今は当事者意識がないとしても、その部下に決定権を持たせて責任を自覚させる、という方法もあります。自分の意見や自発的行動を発揮してもらうためには環境を提供する必要があるからです。

また、決定権を持たせて仕事を任せるだけでなく、しっかりとしたフィードバックを繰り返します。そうすると、次第に仕事に自信が持てるようになるでしょう。

自信が持てるようになると、仕事への当事者意識が生まれやすくなります。つまり、仕事が面白くなるから主体性が生まれる、というわけです。

就活で必要な当事者意識

就職活動で誰もが一度は考えることになる「ガクチカ」では、「学生時代にいかに今回ご紹介した当事者意識を持った行動をしてきたか。」ということが問われます。困難にぶつかったときにいかに自分が主体となって解決したかを話せるように練習しましょう。

ガクチカの書き方や例文は以下の記事で紹介しています。ぜひご一読ください

記事に飛ぶ

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

今回は当事者意識について紹介してきました。当事者意識をもっている人は、物事を自分のことと捉え行動する人ということが分かったと思います。一方で当事者意識がない人は受け身で自発的行動がない人です。

就職活動も人任せにはできません。当事者意識をもって、自分の手で内定をつかみ取るようにしていきましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次