名刺入れの色の正解とは?|決める際のポイントを徹底解説!

新卒で初めて名刺入れを購入するという方は多いのではないでしょうか。本記事では名刺入れを選ぶポイントについて解説をしています。名刺入れを購入する際の基準や色、適正金額といった内容を記載しています。初めて購入する方に向けて気軽に拝見していただける内容となっていますのでご覧ください。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

名刺入れの選択は重要

ビジネスシーンでは必須アイテムと言っていい名刺入れですが、名刺入れにはシーンに合った選び方があります。

最初に会った人と名刺交換をするときに目が行きやすく、名刺交換後の面談も、名刺入れに目を向けることは多いです。

名刺入れに気を遣うことは重要で、相手に与える印象が変わってきます。本記事ではそんな名刺入れを選ぶポイントを紹介しています。 名刺入れで損をすることが無いようにしていきましょう。

名刺入れを選ぶ際のポイント

本見出しでは、名刺入れを選ぶポイントを「デザイン」「機能」「材質」の3つポイントに分けて紹介しています。どのようなビジネスシーンでも適した名刺入れを選ぶことが重要です。

目次

ポイント①|デザイン

デザイン性は業界にもよると思いますが、あまりにカジュアルで派手なものだと相手に印象を残すことができることもありますが、不快な思いを与える可能性があります。

後述しますが、色の選択ではダークカラー以外の色は派手な色と捉えられると考えた方が良いです。赤や青、黄色といった原色系は選ばず、無難なダークカラーを中心としたデザインがおすすめです。

仕事着に適したもの、シンプルで落ち着いたデザインのものを選び、相手に不快な思いを与えない名刺入れを選ぶようにしましょう。

ポイント②|機能

名刺入れを選ぶ際、機能を考えることは重要です。「収納力があるもの」、「仕切りがあるもの」、「スーツやカバンから出し入れしやすいもの」3つが機能で求められる基本になります。

営業マンであれば多いときで、1日に20人から30人ほど、挨拶を交わすこともあります。

容量が小さいものや、ボタンが付いているもの、メーカーのロゴが大きくプリントされているものありますが、見た目やデザインで問題が無くても、機能が劣っていれば問題があります。

コンパクトで持ち運びしやすいかもしれませんが、名刺入れそもそもの機能を重視して選ぶことは重要なポイントと言えます。

ポイント③|材質で選ぶ

名刺入れにも革製、金属製、木製、プラスチック製、デニム生地といった多くの材質があります。デザインと機能性をクリアできるものは革製が多いです。

金属製のものは落とした際にキズが目立ち、へこみが発生したりするリスクがあります。木製、プラスチック製も汚れが目立ち、デニム生地はカジュアル過ぎます。

革製の名刺入れはスーツにも合わせやすくビジネスシーンでは最適な材質と言えます。

名刺入れの色は何色が正解なのか

本見出しでは、名刺入れの色について解説します。基本的にはダークカラーのような落ち着いた色が適しています。

スーツでフォーマルな服装をしていても持っているものがカジュアルだと、ギャップが激しく印象が悪くなる可能性があります。

ダークカラーといってもどのような色が最適なのか、具体的に考えていきましょう。

色①|黒色

どのようなビジネスシーンでも黒色は無難で最適な色です。就活中の時期、会社に入りたての時期、ベテランの時期と年齢を重ねても黒は定番の色で使い続けることができます。

スーツと合わせることも簡単で、身だしなみに統一感が出てきます。また、黒であれば傷や汚れが目立つこともなく、余計な印象を与えることも少ないのです。

身だしなみは統一感が重要なため、ベルトや靴の色と合わせ、名刺入れも合わせれば好印象を持たれるでしょう。

色②|紺色(ネイビー)

紺色(ネイビー)の名刺入れもスーツとの相性が良く落ち着いている色なので相手に不快な感じを与えることは少ないです。

ビジネスシーンだけでなく懇親会やパーティーのときにも違和感がなくカジュアルな服装でも合わせることができる万能な色です。

カジュアルな服に合わせるのは難しいですが、自信がある人であればオシャレに使いまわすことができると言えます。

色③|こげ茶色(ボルドー色)

紺色同様、こげ茶色は使う場所を選ばずスーツにも合わせやすい色です。小物と色を合わせるとフォーマルさが増し、高級感も増します。

こげ茶色と似た色で、ボルドー色というものがあります。ビジネスシーンにはよく合う色でオシャレですが、少し光沢感があり、キズや汚れが目立ちやすい欠点がありますので、取り扱いには注意が必要です。

ボルドー色を使いこなすと大人の感じが際立ちますのでチャレンジしてみても良いでしょう。

新卒の名刺入れの注意点

新卒で名刺入れを選ぶ際は、エナメル質やアルミ製の名刺入れは注意が必要です。カジュアルに見え過ぎたり汚れが目立つといった欠点があります。アルミ製であれば落とせば変形してしまうリスクもあります。

タオル地やデニム生地の名刺入れもカジュアル性がありすぎ、相手に不快な印象を与える原因となります。機能性に欠ける恐れもあります。

新卒で新人であればあるほど、名刺入れは前述で述べた、見た目と機能性は重要なポイントとなります。

衣類業界やデザイン業界でベテランになればカジュアル性で選ぶのもいいですが、新卒であればビジネスシーンにあった名刺入れを選ぶようにしましょう。

名刺入れの金額の適正

名刺入れの適正金額は5,000円から10,000円が目安です。5,000円から10,000円だと比較的質もよく、長持ちするものがあります。

高級ブランド品の名刺入れもありますが、明らかに価格が高いものと分かる高級ブランド品を持つと相手に不快な印象を与える可能性が高いです。

5,000円から10,000円というのは目安のですが、5,000円より安くても良いもの、10,000円より高くても悪いものがあります。

価格で範囲をある程度、範囲を決めることも大事ですが、まずは実物をしっかりと確認し、自分に合ったデザインと機能性を備えた、使いやすい名刺入れを選ぶようにしましょう。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

今回は名刺入れの購入について解説してきました。選ぶポイントとしてビジネスシーンに合うようなデザインや機能、色が重要な点だと分かります。社会人1年目で始めて名刺入れを購入するときや、名刺入れを買い換える際に参考にしていただけると幸いです。違和感が無く、対手に不快な気分にさせないように心がけましょう。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次