面接結果はいつまで言われないの?受かっている人/落ちた人の違いを解説!

就活において、一次面接・二次面接・最終面接は避けて通ることができません。一週間以内に連絡があれば問題ありませんが、面接結果をいつまでも言われないことでつらい気持ちになる就活生がたくさんいます。そこで今回は面接結果はいつまで言われないのか、その理由は何かなどについて解説します。

面接就活の悩み

面接結果はいつまで待てばいいか、言われないでもどかしい人は多い

就活生は、面接結果を早く知りたいと思うものです。特に面接時に「早めに連絡します」と言われた場合は、その結果を待って次の行動に移りたいと考えるものでしょう。

いつまでも面接結果について言われないと、日々不安が深くなるのは当然のことです。土日を挟んで一週間程度は待つべきとわかっていても、もどかしい思いをする人は少なくありません。

面接結果がいつまでも言われない理由

https://images.unsplash.com/photo-1509029032154-54ba8b3216d4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1509029032154-54ba8b3216d4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

就活生は早めに面接結果を知りたいと思うものですが、選考する企業側にも色々な事情があります。就職試験を受ける会社の規模によっては、一週間以内の連絡がないことも珍しくありません。

ここでは面接結果がいつまでも言われない理由を2つ、紹介します。

理由①|選考に時間がかかる

大手企業の場合は、採用人数も応募者数も多いため、面接を行う期間が長めにとられています。面接から一週間以内に面接結果を伝えるのが一般的ですが、大手企業の場合は一次面接だけでも相当の人数となり、1週間で全員の面接が終われないことも少なくありません。

さらに面接担当者の数も多く、選考は全員の面接が終了してから、関係者が集まって行われます。さらに面接担当者が上司に決裁を仰いでから、連絡しなければならない企業も多いようです。

そうした事情で、選考に時間がかかり、面接結果を通知するのが遅くなります。

理由②|不合格者への連絡は後回しにされる

人気企業や採用人数が多い会社は、志望者数も面接に進める就活生の数も多くなるものです。特に一次面接の結果については、それなりに人数を残すのが一般的で、採用担当者が連絡する就活生の数も少なくありません。

そして面接結果は、合格者から始めます。そのため、不合格者への連絡は後回しにされるのが現実です。面接結果についていつまでも言われない場合、不合格だという可能性を否定できません。

面接結果を催促するのもあり

面接結果は、3日から一週間程度で連絡が来るのが一般的です。土日を挟んでいる場合は、それを除いて一週間が目安となります。そして面接結果は、メールもしくは電話で行われます。

一週間を過ぎても連絡がない場合は、面接結果を催促するのも選択肢の一つです。しかし、採用担当者に失礼がないように問い合わせる必要があります。その方法については、次の見出しで詳述します。

面接結果をいつまでも言われない人が催促する際の注意点

https://images.unsplash.com/photo-1533750446969-255bbf191920?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1533750446969-255bbf191920?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

面接時に企業が決めた連絡期限を過ぎた、あるいは一週間以上待っても連絡がない場合には、結果を問い合わせても問題ありません

しかし企業側の都合で連絡が遅れている可能性があるので、失礼のない聞き方をする必要があります。ここでは、面接結果を催促する際の注意点を説明します。

①メールまたは電話で問い合わせる

面接結果を電話で問い合わせるのもマナー違反ではありませんが、メールの方が好ましいでしょう。面接結果を連絡できないほど忙しい採用担当者にとっては、メールの方が負担が少ないからです。

しかし他社の内定諾否の期限が迫っているなどの事情で、早く結果を知りたい就活生もいるはずです。その場合は始業時間や昼休みなどを避けた、営業時間内で電話することをおすすめします。

その際必ず、「今お時間をいただいてよろしいですか?」と確認してから、用件を切り出してください。最低限のビジネスマナーです。

②文面に配慮する

メールで問い合わせる場合は、文面がビジネス文書に準拠していることが大切です。さらに件名で、用件と自分の名前がわかるように作成する必要があります。以下に例文をまとめておきますので、参考にしてみてください。

件名:選考結果についてのご質問(●●大学・自分の氏名) 本文: いつもお世話になっております。●●大学▲▲学部・自分の氏名です。 先日はお忙しいところ、面接の機会を賜りまして、ありがとうございました。 ○月○日に△職種名△の面接にて、一週間程度で結果をご連絡いただけると伺っておりましたが、まだお返事をいただいていません。 急かしてしまうようで大変恐縮なのですが、選考より10日経ちましたので、何日頃お返事をいただけるのか教えていただくことは可能でしょうか。 ご多忙のところ恐れ入りますが、お手すきの際にご連絡をいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。