22卒向け|最終面接における評価基準とは?それぞれのポイントも解説!

最終面接はほぼ受かるという噂がある一方で、緊張して怖いと感じる学生も多いのではないでしょうか。最終面接の評価基準を知っておくことで、安心することができます。本記事では、最終面接の合格率、評価基準やアピール方法を紹介するので、最終面接を控えた学生は必見です。

面接

最終面接は意思確認でほぼ受かるというのは誤解

https://images.unsplash.com/photo-1565688534245-05d6b5be184a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1565688534245-05d6b5be184a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

就活に学生の中で、最終面接は意思確認だけでほぼ受かるという話もありますがそれは誤解です。

最終面接においても、それまでの面接と同様に合格率を上げるためのアピールが必要です。以下の記事では、この点に関して詳しくご紹介しているのでご参照下さい。

また本見出しでは、最終面接に関する2つのツイートをご紹介します。

上記は、最終面接で2度落ちてしまったことがあるため、次の最終面接が不安だというツイートです。最終面接が意思確認だけで受かるものではないとわかるので、しっかしと準備をして臨む必要があります。

上記は、最終面接で落とされて緊張感をもって面接に臨まなければならないと再認識したツイートです。最終面接では、受かると勘違いをして気が緩みがちです。しかし、就活が終わるまでは気を抜いてはいけません。

最終面接の評価基準は3つある

https://images.unsplash.com/photo-1562564055-71e051d33c19?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1562564055-71e051d33c19?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

最終面接が、受ければ受かるものではないとわかったので、評価基準を知りたいと感じた方もいらっしゃると思います。

最終面接における評価基準は、以下の3つです

  • 学生個人の能力・特徴
  • 志望度・入社意欲
  • 社風・価値観との合致

最終面接では、部門長や役員が面接官となります。そのため、それぞれの評価基準に対して明確で、かつ論理的な回答をしましょう。

①学生個人の能力・特徴

最終面接における1つ目の評価基準は、学生個人の能力があるかどうかです。入社後に活躍してくれるイメージを持てない学生に内定を出すわけがありません。

しかし、学生個人の能力・特徴は1次面接は2次面接で証明されている場合が多いので、最終面接ではあまり聞かれないと思われがちです

しかし、それまでの面接官の意見が食い違う可能性はあります。そこで、最終面接の面接官は役員・管理職という立場から、学生個人の能力・特徴がマッチしているかを再確認する必要があります。

最終面接に臨むにあたって、学生時代のエピソードや自分の強みを軽く復習しておきましょう。

②志望度・入社意欲

最終面接における2つ目の評価基準は、志望度・入社意欲があるかどうかです。折角内定を出しても、結局辞退されてしまうようでは、意味がないからです。

入社意欲や熱意は、学生がどれだけ業界・企業研究をしたかで確認することができます。一見、関係ない質問のようでも、話している志望理由に矛盾がないかをチェックしている、というケースもあります。

そこで、最終面接を受ける前にできるだけ多くの人を相手と模擬面接を行い、志望度・入社意欲に納得がいくか否かを聞いて、改善に努めましょう。

③社風・価値観との合致

最終面接における3つ目の評価基準は、社風・価値観と合致しているかどうかです。

企業には他の企業にはないカルチャーがあり、それに適するか否かは学生にとっても大切なポイントとなります。仮に合わない場合、採用してもすぐに辞めてしまう可能性が高いからです。

最終面接では、社風・価値観との合致を確認するための質問がなされます。事前に採用ホームページや先輩社員のインタビューを読んで、どのようなタイプの社員が多いのか、把握しておきましょう。

以下の記事では、最終面接(社長面接)でアピールするべき需要な観点についてより詳しく解説しています。興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。