圧迫面接で訴訟は起こせるか?|就活生・面接官が気を付けるべきポイントを紹介します!

時代遅れと言われる圧迫面接ですが、就職活動や転職活等で実際にそのような面接官に出会ったことのある人も少なくありません。

面接

この記事では、圧迫面接に対して求職者側が出来る対策と、企業側が気を付けたいことについて解説しています。

もし圧迫面接に遭遇してしまったら訴訟はできるのか、どう対応すればよいのか、チェックしておきましょう。

圧迫面接に対して訴訟はできるか

https://images.unsplash.com/photo-1571844305128-244233caa679?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1571844305128-244233caa679?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

圧迫面接に対して訴訟を起こすことは場合によっては可能です。しかし、圧迫面接を取り締まる法律は存在せず、採用方法は企業側の判断で行うことが許されています。

人格を否定するような発言や差別的な発言をされた場合などに、訴訟を起こすことは出来ますが、実際には現実的ではありません。

面接中に発言の証拠を残すことは難しいため訴えが認められる可能性が低いうえに、逆に企業から名誉棄損で訴えられる可能性もあります。

圧迫面接とは

https://images.unsplash.com/photo-1541199249251-f713e6145474?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1541199249251-f713e6145474?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

圧迫面接は面接官の意図を理解し、冷静に対処することが大切です。その場でどういった振る舞いが求められているのかを理解できれば乗り越えることが出来ます。以下では、圧迫面接の特徴や面接官の意図について解説しています。

圧迫面接の特徴

面接官の中には、就活生に対して無関心な態度をとったり、否定的な発言をして意図的にストレスを与えようとする人がいます。

冷静に対処するためには、早めに「これは圧迫面接だ」と気付くことが重要です。圧迫面接の特徴は以下の様なものがあります。

  • 1つの話題に対して必要以上に深堀される
  • 面接官が無表情な態度を取る
  • 何を話しても否定される
  • 話を遮られる、中断させられる

圧迫面接をする面接官の意図

圧迫面接をする面接官は、就活生を傷つけてやろうといった悪意を持っている人ばかりではありません。

圧迫面接は、採用活動を円滑に進めより良い人材を獲得するための方法の一つとして行われることもあります。

圧迫面接をする面接官の意図として、以下の様な例が挙げられます。

  • 実際の業務を想定した対面でのコミュニケーション能力の確認
  • ストレスに対する反応や耐性の確認
  • 緊張状態でも考えをまとめることが出来る思考能力の確認

上記の記事では、圧迫面接の特徴、対策、具体的な質問例と回答例を紹介しています。 圧迫面接を乗り越える為に、面接官の意図や対策のコツについて確認しておきましょう。

圧迫面接で訴訟を起こすのは難しい

https://images.unsplash.com/photo-1589391886645-d51941baf7fb?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1589391886645-d51941baf7fb?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

実際、圧迫面接を受けたとして訴訟を起こすことは非常に難しいとされています。法律で裁くのが難しいという理由だけでなく、費用と時間の問題で個人が訴訟を起こすのは、現実的ではありません。

採用活動は企業の自由で行われている

圧迫面接を取り締まる為の法律はなく、採用に関する質問は面接官が自由に行うことが出来ます。

性別や年齢で応募者を拒否することを禁じる法律はありますが、選考を通してどんな人を採用するか決める判断は企業の自由で行われます。

面接の内容についても、求職者の能力を測る為に必要と判断されて実施されたものであれば、法律違反と認められることはほとんどありません。

証拠を提示するのが難しい

圧迫面接で不快な思いをしたとしても、その証拠を残すことは非常に難しいです。そんな発言はしていないと証言される可能性もあります。

面接の様子を録音でもしない限り有効な証拠が残せない為、訴訟するとすれば証拠がなければ証言だけで戦わなければなりません。それはあまり現実的とは言えません。

圧迫面接で精神的苦痛を受けたとしても、訴訟を起こすことは大きなリスクがある事です。就活生が勝訴する可能性はかなり低いと考えておきましょう。

ストレス耐性を見る目的がある

企業は圧迫面接を行う理由として、就活生のストレス耐性や臨機応変さの確認を目的として挙げています。 

会社として決まった方針に基づいて行われていることであれば、圧迫面接も認められる場合が多いです。

また、圧迫面接を受けたとしても志望度の高い企業である場合は、その面接を上手く乗り越えることも大切です。批判されたり理不尽な要求をされたとしても、冷静で前向きな対応を見せることで高評価を得られるでしょう。

訴訟までのコスト・時間がかかる

圧迫面接によって精神的苦痛をを受け、訴訟を検討する時に考えるのは、訴訟に必要な時間やお金の問題でしょう。

訴訟の為の手続きの為に、就職活動に割く時間は減ってしまいますし、弁護士に依頼するとなるとそれなりに大きな費用がかかります。

また、訴訟を起こした場合、その後も企業と関わりを持つことになり、それが精神的苦痛や負担になる場合もあります。

訴訟することと就職活動を続ける事のどちらが大切なのか見極め、場合によっては訴訟を諦めて気持ちを切り替えることも大切です。

企業側が名誉棄損で訴える可能性がある

上でも述べた通り、圧迫面接により精神的苦痛を受けたことは有効な証拠も残しにくく立証が難しいです。訴えがが認められないだけでなく、さらに、訴訟を起こせば企業から名誉棄損で訴えられる可能性もあります。

企業相手に訴えられれば、慰謝料を請求され、就職活動にも悪影響が及ぶかもしれません。

訴訟を起こすことは大きなリスクを伴うため、慎重にならなければなりません。第三者から見て確実に度が過ぎていると判断できるような確実な証拠があり、絶対に勝てる見込みがある場合でない限り、余計なトラブルは避けた方が無難です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。