「私の特徴」を答える際に気をつけることとは?|注意点や例文を徹底解説!

就職活動では、履歴書に「私の特徴」を書く時がありますが、負けず嫌い、気配りや真面目などが候補にあげらます。また、「私の特徴」は行動力や協調性と言う人もおり、「私の特徴」一覧が役立つと考えられます。本記事では、履歴書の「私の特徴」をどう書くべきか、ポイント、注意点や例文を解説して参ります。

就活ノウハウ

履歴書の「私の特徴」はどう書くべきか

https://images.unsplash.com/photo-1573496130407-57329f01f769?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1573496130407-57329f01f769?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

就活中の皆様にとって、履歴書の「私の特徴」は少々書きにくく、悩む方も大勢いらっしゃると考えられます。

  • 自分自身の特徴が何か把握できていない
  • 履歴書に特徴を書く手順がわからない
  • 特徴から何を評価されているのか気になる

このように、具体的な理由は様々ですが、履歴書の「私の特徴」をどう書くべきかを理解することは重要だと言えます。

履歴書の「私の特徴」で見ているポイント

https://images.unsplash.com/photo-1543242594-c8bae8b9e708?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1543242594-c8bae8b9e708?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

冒頭の見出しで、履歴書の「私の特徴」をどう書くべきか悩む方がいらっしゃるとお伝え致しましたが、採用担当者は何を見ているのでしょうか。

こちらの見出しでは、履歴書の「私の特徴」で採用担当者が見ているポイントを3つ解説致しますので、作成時にはこちらを考慮してください。

ポイント①|候補者の個性

1つ目のポイントは、候補者の個性やパーソナリティであり、他者とどのように違うのかが注目されていると考えられます。

  • どのようなタイプの人間なのか
  • 何が得意・不得意なのか
  • 成長にはどんな指導が効果的なのか

このように、候補者が履歴書に記載した特徴を用いることで、個性やパーソナリティを分析することが可能になります。

また、分析した結果は、候補者が自社の職種や企業文化にあっているかを判断するための、大切な判断材料であると考えられます。

ポイント②|候補者の思考力

2つ目のポイントは、候補者の思考力についてであり、履歴書に記載された特徴から論理的な思考ができるか否かか評価されているのです。

  • 結論から先に述べて、根拠を説明している
  • 背景や根拠が羅列されて、結論が曖昧である

例えば、前者は特徴を聞かれた際に、一言で自分の特徴を述べてから、根拠にあたるエピソードを記述するタイプだと考えられます。

一方で後者は、特徴という結論部を後回しにして、先に背景や根拠を記載するために、論理性が乏しいと判断される懸念があります。

ポイント③|候補者の貢献可能性

3つ目のポイントは、候補者が企業に入社した後の貢献可能性を見極めて、配属先や人事研修を決めるための判断材料にすることです。

  • 候補者が得意としている領域は何なのか
  • 候補者か今後伸ばしたい能力や人間性は何か

このように、候補者が履歴書に記載した特徴からは、対人関係や地道な作業といった、得意領域を把握するために役立ちます。

また、特徴とは表裏一体であるため、何を不得意だと痛感していて、どのような研修指導が求められるのかを理解するのにも活用できます。

「私の特徴」を書く際のポイントと注意点

https://images.unsplash.com/photo-1551836022-b06985bceb24?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1551836022-b06985bceb24?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

上述の見出しでは、採用担当者が履歴書で「私の特徴」で見ているポイントを解説致しましたが、履歴書の準備で悩む方は多いと考えられます。

そこでこちらの見出しでは、「私の特徴」を書く際のポイントと注意点を2つずつお伝え致しますので、履歴書を用意する際はご参照ください。

「私の特徴」を書く際のポイント

以下では、履歴書に「私の特徴」を書く際のポイントを2つご説明致します。

履歴書では、「私の特徴」を通じて自分がどのような人間なのかを伝えると共に、入社後はどう活かせるかをアピールすることが求められます。

そのため、特徴を裏付ける具体的なエピソードを含めるだけでなく、職種への理解を深めることが不可欠です。

ポイント①|具体的なエピソードを含める

1つ目のポイントは、具体的なエピソードを含めて「私の特徴」をわかりやすく述べることです。

  • 学生時代に力を入れて頑張ったこと
  • 大学在籍中のゼミや資格の取得
  • アルバイトやインターンで得た経験

このように、履歴書では具体的なエピソードを記載して「私の特徴」とは何かが、採用担当者にしっかり伝わるように心がけましょう。

ポイント②|仕事への役立て方を明記する

2つ目のポイントは、「私の特徴」をどのように仕事へ役立てるのかを明記することです。

  • 特徴をどう仕事へ活用するのか
  • 他者と比較して何が優れているのか

例えば、真面目さという特徴があれば仕事で成果が出るまで地道に努力するとアピールできます。

また、特徴は他の人と違った点であるため、同じ仕事でも差別化をすることに繋がります。

「私の特徴」を書く際の注意点

以下では、「私の特徴」を履歴書に書く際の注意点を2つお伝え致します。

例えば、「私の特徴」としてポジティブな特徴とネガティブな特徴をそれぞれ書いた場合、ポジティブな方が選考では有利だと言えます。

また、「私の特徴」とは数ある自分の特徴の中から、最も自分を表すに相応しい特徴を記載すべきであり、複数の特徴を書くべきではありません。

注意点①|ネガティブな特徴は避ける

1つ目の注意点は、ネガティブな特徴の記載はできるだけ避けることです。

特徴とは、その人がどのような人なのか、或いは他者とどのように違うのかを伝えるために用いられると考えられます。

そのため、いくつかある特徴の中で、選ぶべきはポジティブな特徴であり、採用担当者が魅力を感じるような特徴を選ぶよう心がけましょう。

注意点②|複数の特徴を書いている

2つ目の注意点は、絞りきれなかったために複数の特徴を履歴書へ書いていることです。

例えば、協調性がある人は気配りや配慮などといった特徴も兼ね備えていますが、履歴書で伝えるべきは1つの特徴のみとなります。

仮にいくつも特徴を記載してしまうと、どれがその人の特徴なのか読み手は分からなくなるため、特徴は1つだけに絞るべきです。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。