もし非通知がかかってきたら?|折り返しや対策について徹底解説!

非通知とは電話番号を相手に知らせない設定で電話をかけることをいいます。企業によっては非通知で選考に関する連絡をしてくることがあるので、就活中は注意が必要です。非通知は折り返しができないのですが、事前に準備をしておくことで最低限の対策をすることは可能です。今回は非通知について解説します。

就活の悩み

非通知とは

https://images.unsplash.com/photo-1567188484330-b018e2f15e3a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1567188484330-b018e2f15e3a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

非通知とは、文字通り電話番号が相手に表示されない設定「非通知設定」でかかってきた電話のことです。企業の人事担当者の中には敢えて非通知設定で電話をかけることがあります。それは何故なのかについて解説していきます、

就活中の非通知には出るべき

https://images.unsplash.com/photo-1550238309-986f951fb0c7?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1550238309-986f951fb0c7?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

突然の非通知での電話は誰からの連絡なのかわからず、詐欺などの可能性があるため、基本的には出ない方が無難でしょう。ただし、就活中は話が別です。何故なら、企業によっては選考に関する電話を非通知で連絡するようにしている場合があるからです。

企業が非通知にする理由

一般的に相手に自分の電話番号を知られたくないという理由で非通知設定にしていることがほとんどですが、企業側の都合により、選考に関する電話に関しては非通知で連絡をするようにルールが決まっている会社もあります。

一見、企業も学生も得をしないようなルールに見えますが、そのようなルール設定を敢えてしているのには当然ながら理由があります。企業が非通知で電話をする4つの理由について、説明をしていきます。

理由①|セキュリティ上の問題

会社には取引先や一般ユーザー、下請け企業など、毎日様々な人といろいろな部署が電話でやり取りをしています。

もしも電話する先を間違えてしまってすぐに電話を切ったとしても、相手方の電話機には電話番号が残ってしまうことになります。

単なる番号の入力ミスが「御社とは付き合いがないはずなのに、何故弊社の電話番号を知っているんだ!」という大きなトラブルに繋がる恐れがあるため、企業から取引先に電話をするときには非通知にするというルールを設けている会社があります。

理由②|企業の習慣

企業の昔からの慣習で、就活生に対しては非通知で電話をするようにしていることもあります。

その理由は企業によって異なりますが、昔ながらの体育系の伝統があり、「うちで働きたいのならば、どんな時でも電話に出られるような状態にしておけ!」「運も実力もうち。最初に電話を出た就活生を採用する」という考えの企業もあるかもしれません。

どちらにしても、このような理由で非通知で電話するようにしている企業はあまりオススメはできません。

理由③|外部委託であるため

大企業は入社希望者が全国から集まることもあり、書類選考や一次面接などは外部に選考業務を委託しているところもあります。

就職希望者数をある程度絞ってから、直接面接等を行うパターンです。外部委託先は委託を受けている企業毎の専用電話番号を持っていないことが考えられるため、自社の電話番号を通知してしまうと、就活生からすれば「全然知らないところから電話がかかってきた」ということになります。

これを避けるため、非通知で電話をしている可能性があります。

理由④|折り返しの混乱を防ぐため

就活時期になると学生との電話のやり取りが増えるため、期間限定で就活用の特別回線を引いている場合があります。

この回線は就活時期終了後は解約されることがほとんどですので、期間限定の電話番号を知られないようにするという理由があります。

また、人事担当者は会社説明会や会議などで席を外すことが多いので、折り返しの電話に出られないことも多々あります。

採用活動全体のスケジュールをスムーズにこなすために、敢えて学生から電話がかかってこない状況を作っていると考えられます。

就活生が準備すべきこと

企業が非通知で電話をかけるのにはいろいろな理由があります。非通知でかけてきた電話先を調べる手段はなく、解析をして相手を特定することもできません。

非通知である以上、電話に出られなかった場合は誰からかかってきたのかすらわかりません。いつでも電話に出られるようにしておくことがベストですが、大学の講義やアルバイトを考えるとそれは難しいでしょう。

ですが事前に3つの準備をしておくことで、ある程度の対策は可能です。

準備①|選考の結果が来そうなタイミングの把握

各企業の採用サイトには、おおよその選考スケジュールが記載されていることが多いです。

また、面接の終盤には「1週間以内に結果をご連絡します」と案内されることもあるでしょう。

その内容をスケジュール帳に記録しておくと、非通知の電話がかかってきたときに「もしかしたらこの企業からかもしれない」と予測を立てることができるようになります。

準備②|非通知設定の解除

携帯電話の設定によっては、「非通知拒否」になっていることがあります。

この設定にしていると、非通知の電話は問答無用で拒否されてしまいます。せっかく面接が感触良く終わったのに、非通知設定をしていて電話が繋がらなかったことが理由で不採用になってしまったなんてことは絶対にないようにしましょう。

非通知拒否はあなたの落ち度ですので、不安な方は今すぐ設定の確認をしてみてください。

準備③|留守番電話の設定

留守番電話の設定をしておくと、電話に出られなくてもメッセージを残してもらえる可能性がありますので、かなりの安心材料になります。

メッセージ内容によっては折り返しの番号を教えてくれていることもありますので、最後まで聞き逃しのないように気をつけてくださいね。

留守番電話の利用には専用の有料サービスへの申し込みが必要です。機種等によって無料で使えることまりますが、その場合でも通話料金はかかるケースがほとんどです。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。