【2021卒】ファナックの仕事内容を職種別に解説!転勤・残業の実態は?

ファナックは日本を代表する生産設備メーカーです。しかしその仕事内容はあまり知られていません。今回はファナックの工場での仕事内容や、事務系の仕事内容について解説します。技術研究職や海外との取引に興味がある、という方はぜひ参考にしてください。働きやすさが気になる女性の仕事環境にも触れています。

職種

ファナックは生産設備メーカー

https://images.unsplash.com/photo-1551471721-d3f1783e3603?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1551471721-d3f1783e3603?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ファナックは日本の東証一部上場、大手電気機器メーカーです。工場の自動化設備や、ロボット関連の開発などを手がけています。

特に製品を加工する過程で使われる工作機械用CNC装置は、日本だけでなく海外でも大きなシェアを占めています。

工作機械用CNC装置とは加工工程を数値で制御するシステムのことです。製品の形状や加工手順など、これまで人間が行っていたことをシステムが行うため、大幅な生産性の向上が期待できる装置です。

また産業用ロボットの分野では世界首位クラスです。世界中の工場でファナックの産業用ロボットが活躍しています。

以下の記事では、ファナックの選考フローや志望動機のポイントについて紹介しています。エントリーを希望する学生は、ぜひご覧ください。

職種別|ファナックの仕事内容

https://images.unsplash.com/photo-1483825366482-1265f6ea9bc9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1483825366482-1265f6ea9bc9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ファナックでの仕事は、主に2つの職種に分けられます。以下ではそれぞれがどのような仕事をするのかということについて解説します。

技術系の仕事内容

まず技術系の仕事には以下の5つがあります。

  • 生産技術:製造設備を一から作って管理する
  • 製造技術:新商品の品質確保やブラッシュアップ
  • 生産管理:技術面の自動化やコストカットの推進と合理化
  • 製造管理:商品や部品の製造計画を立てる・納期を管理する
  • 監督:作業工程や作業手順書の作成や管理

ファナックは世界的にみても高い技術力を誇ります。その設計から製造、保守・メンテナンスまで高い専門性が求められることは間違いありません。

また、ファナックは院卒・大卒だけでなく、高専卒の学生も採用しています。そのような学生も単に工場で生産に従事するのではなく、メンバーの一員として持っている知識を還元していくことが大切です。

事務系の仕事内容

事務系の仕事内容としては、営業・納品後のアフターフォロー・総務経理などのバックオフィス業務が挙げられます。

ファナックは工場での生産設備機器を世界中のメーカーに納品しています。また、ファナックの製品は顧客の工場が生産活動を続ける限り、数十年という期間に渡って稼働します。そのため、単に営業として案件を受注するだけでなく、その後のアフターフォローが重要になってきます。

古くなった生産設備をバージョンアップしたり、新たな機能を追加したりすることもあるでしょう。納品後も顧客と接点を持ち、そういったニーズをしっかりと汲み取れる関係を築くことが求められます。

また、ファナックは世界中の企業と取引があるため、日本国内以外でも営業をする機会があると想像できるでしょう。一般的な営業の仕事に必要とされるコミュニケーション力はもちろん、海外でも営業の仕事をする可能性を考えると英語力が備わっていた方が良さそうです。

職種別|ファナックのキャリアと異動頻度

https://images.unsplash.com/photo-1516738901171-8eb4fc13bd20?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1516738901171-8eb4fc13bd20?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

以下では、ファナックのキャリアパスと移動頻度について解説します。ファナックはキャリアや異動についても公開している情報が少ないため、以下は口コミを元に考察しています。

技術系のキャリアパス

口コミサイトのopenworkによると、ファナックの技術系では、ジョブローテーションがほとんどないようです。ひとつのことに専念をして、その分野の専門知識を高めて行けることが技術者として成長できる、という口コミは多数見受けられます。

そのため、さまざまな仕事をして経験を積む、というやり方ではなく、決まった仕事についての技術を磨いていく、という方針だと考えられます。

事務系のキャリアパス

事務系の仕事についても、ジョブローテーションや、特徴的なキャリアパスは存在しないようです。

ただし、営業職については英語圏だけでなく中国語圏での仕事も多いようで、英語や中国語の習得度によっておのずと業績に違いが出て来ると考えられます。

そういう意味では多くの語学を身につけただけ、たくさんの経験を積むことができるので、事業の新規開拓にかかわれる可能性は高くなるでしょう。

異動についてはやはり明確な情報はありませんでしたが、営業職となればそれ相応の定期的な異動はあるかもしれません。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事