【2021卒】コナミホールディングスの採用情報を解説!ESのポイントも紹介します!

コナミでは、2020年度の採用活動を行っており、採用ホームページでは求める人材やインターン情報が掲載されています。本記事では、まずコナミの会社紹介と採用情報を簡潔にお伝えします。続いて、コナミを目指す方へインターン情報、特徴やエントリーシートのポイントもご説明しますのでご参照下さい。

採用

コナミHDはエンタテインメント企業

https://images.unsplash.com/photo-1486572788966-cfd3df1f5b42?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

コナミHDは、日本のエンタテインメント企業です。以下は、コナミの公式ホームページ有価証券報告書を参照して作成したまとめ表となります。

会社名

コナミホールディングス株式会社

創業

1969年3月21日

本社所在地

東京都港区

業界

通信・情報業

社長

上月景正

売上(百万円)

262,500(2019年3月決算)

従業員数

10,454名

また、コナミは以下の4つを主な事業としています。コナミはゲーム関係のイメージが強いですが、体操をはじめとしてスポーツ事業へも力を注いでいます。

  • デジタルエンタテイメント
  • アミューズメント
  • ゲーミング&システム
  • スポーツ

コナミHDの採用情報

本見出しでは、コナミHDの採用情報として以下4つのポイントをお伝えします。

  • 募集職種
  • 採用人数と採用大学
  • 求める人物像
  • 選考フロー

コナミは就活生からの人気があり、選考を通過するためには準備が必要です。そのため、採用ホームページなどを参照して網羅的に情報を収集しましょう。

コナミHDの募集職種

以下は、採用ホームページを参照して作成したコナミHDの募集職種とその業務概略です。

募集職種

業務概略

プログラマー

プログラミングに関する業務全般を行い、ユーザーが楽しめるゲームプレイを提供

インフラエンジニア

モバイルゲームやオンラインゲームの環境基盤を支えるネットワーク・サーバインフラの管理

メカニカルエンジニア

商品制作における企画やデザインを担当

ハードウェアエンジニア

電子、電気や組み込みソフトウェアの調整

デザイナー

商品に関わるビジュアル全般を担当

プランナー

ゲームの面白さを追求し、顧客満足度を高める

サウンドクリエイター

効果的なサウンド演出で、顧客に感動を提供

総合職

ビジネスを推進する上での支援系業務全般を担当

レセプション職

コナミグループ各事業所受付での来客応対、電話での問い合わせ対応

施設運営職

全国のスポーツクラブで、インストラクターやマネジメント業務を担当

コナミでは10種類もの職種で募集を行っており、技術系のエンジニア職から文系総合職、専門的な運動経験や指導知識が求められる仕事まで幅広くあります。

コナミHDの採用人数と採用大学

本見出しでは、コナミHDの採用人数と採用大学についてお伝えします。大手人材会社のマイナビによると、毎年100~200名ほどの採用人数が確保されていることがわかります。

2017年度

2018年度

2019年度

採用人数合計

100~200名ほど

100~200名ほど

100~200名ほど

また、同じくマイナビのホームページでは採用大学の情報も掲載されており、以下がそのまとめ表となります。

大学分類

大学名

国公立大学・旧帝国大学

東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、電気通信大学、筑波大学

私立大学

慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、上智大学、明治大学、中央大学、法政大学、青山学院大学、立教大学、国際基督教大学、学習院大学、同志社大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学、日本大学、明治学院大学

短大・女子大学・芸術大学

フェリス女学院大学、お茶の水女子大学、大妻女子大学、共立女子大学、女子美術大学、大阪芸術大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、京都市立芸術大学、愛知県立芸術大学、静岡文化芸術大学、東京音楽大学、国立音楽大学、昭和音楽大学

専門学校

HAL東京、HAL大阪、HAL名古屋、日本電子専門学校、日本工学院八王子専門学校、日本工学院専門学校

コナミでは様々な学歴やバックグラウンドを持った人が働いていることがわかります。

コナミHDが求める人物像

コナミHDが求める人物像として、「 挑戦や革新といった精神を持ちながらも、目まぐるしく変化するトレンドを捉え、成功に向けて情熱を持って物事を成し遂る人」が挙げられます。

コナミは、エンタテイメントビジネスとしてお客様に常に新しい楽しさを提供することを企業目標としており、市場のニーズやトレンドを的確にとらえることが求められます。

上述の求める人物像とは、まさにコナミが追い求めている企業目標を体現するとともに、実現するためのメンバーとして不可欠な要因であると言えます。

コナミHDの選考フロー

コナミHDの選考フローは、以下3つの手順によって行われます。

  • エントリーシートの提出
  • Webテスト・企画書の提出(制作職のみ)
  • 面接複数回

コナミは就活生にも認知度が高いので送られるエントリーシートの数は莫大となります。そのため、エントリーシートの提出から内定が提示されるまで約5,6カ月ほどかかります。

総合職では一般的な企業と同じようにWebテストが課されますが、デザイナーやプランナーといった制作職は、企画書によって選考がなされることとなります。

コナミHDのインターン情報

コナミHDでは1dayインターンを行っており、公式ツイートからインターン情報がわかります。

項目

内容

開催日数

1day

開催地

東京・京都などの大都市

インターン内容

  • 会社紹介
  • 仕事内容の説明

参加方法

コナミの予約ページからにて

1dayインターンでは、採用活動の担当者から会社や職種紹介がなされるだけでなく、質疑応答にて気になることを確認することも可能です。

コナミHD志望者の併願先企業

本見出しでは、コナミHD志望者の併願先企業をご紹介します。業界の種別としては、ゲームやエンタテイメントに関する情報通信業と、スポーツのサービス業となります。

業界

企業

情報・通信業

任天堂

情報・通信業

バンダイナムコ

サービス業

セントラルスポーツ

サービス業

健康コーポレーション株式会社

以上のように、コナミの併願先企業としてはエンタテインメント企業があります。また、スポーツ事業でもジムやフィットネスクラブを経営する企業が挙がっています。

コナミHDの特徴

本見出しでは、コナミHDの特徴として強みと弱みをそれぞれ1つずつご紹介します。

面接では、志望動機や入社後にやりたいことなどを聞かれますが、強みと弱みの両面から企業分析を行い、深い考察を述べることができるように準備すると良いでしょう。

強み|ブランドイメージの良さ

コナミHDの強みは、ブランドイメージの良さであると言えます。一般的に、ゲーム会社はインドアな印象を持たれがちですが、コナミはスポーツ事業も営んでいます。

そのため、インドアとアウトドアどちらの趣味を持つ人もコナミを知っており、幅広い年齢の顧客からポジティブな印象を持たれているという強みがあります。

アミューズメント産業だが、スポーツ関連を含んでいるため企業イメージがよい

参照: Openwork

弱み|スマホゲームへの対応遅延

コナミHDの弱みは、スマホゲームへの対応遅延であると言えます。これまで、アーケードゲーム、PSPやX-Boxといったゲームが主流でしたが、近年はスマホゲームに勢いがあります。

しかし、コナミはスマホゲーム分野でのアミューズメント事業には出遅れており、市場におけるシェアの確保では厳しい状況に立たされることが考えられます。

アミューズメント産業自体の衰退、スマホ中心のゲーム分野への出遅れ

参照: Openwork

コナミHDのさらに詳しい情報

コナミHDの基本情報や採用情報などをお伝えしてきましたが、さらに詳しい情報を知りたいと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、コナミHDの仕事・キャリアと、年収・将来性に着目してお伝えします。

コナミHDの仕事・キャリアを知りたい方

以下の記事では、コナミHDの仕事・キャリアを知りたい方をターゲットとして、職種別の業務内容やキャリアパスについて詳しくご説明をしています。

就職活動では、応募する企業でどのような仕事を選び、またキャリアパスをどう描いていくかが重要となります。

コナミHDへの入社後、ミスマッチとならないようぜひご一読ください。

コナミHDの年収・将来性を知りたい方

こちらの記事では、コナミHDの年収・将来性を知りたい方に対して、職種や年齢別の年収がどうなっているか。また、コナミHDのさらなる発展についてお伝えしています

知名度の高い企業は、年収が高いと思われがちですが実際には異なっていることもあります。また、その企業の属する産業が繁栄するのかもあらかじめ確認しておく方が良いでしょう。

コナミHDの年収・将来性は、予想通りか気になる方はご参照下さい。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。