【徹底解剖】プルデンシャル生命の営業の真相は?年収の仕組みや評判を紹介!

プルデンシャル生命の営業マン(ライフプランナー)はスカウトかヘッドハンティングによって選考することが多く、非常に優秀だと評判です。今回は、同社の営業の強みや口コミ・評価などを紹介していきます。頑張り次第で高年収を目指せる一方、向き・不向きが現れやすい点に注意してください。

職種金融

プルデンシャル生命の基本情報

https://images.unsplash.com/photo-1435575653489-b0873ec954e2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1435575653489-b0873ec954e2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

ここでは、プルデンシャル生命の基本データや経営理念、ビジネスモデルなどを紹介しています(参考データ:プルデンシャル生命公式ホームページ決算報告書

基本データ

プルデンシャル生命は、アメリカ最大級の金融サービス機関であるプルデンシャル・ファイナンシャルの支社として、1987年に日本法人を開設しました。

ライフプランナーが複数の保険商品や特約を組み合わせ、オーダーメイドで保障プランを設計することが基本サービスです。

会社名

プルデンシャル生命保険株式会社

創業

1987年10月

業界

保険業

本社所在地

東京都千代田区永田町2-13-10プルデンシャルタワー

売上(百万円)

908,178(2018年3月期、保険料等収入)

従業員数

6,256名

社風・経営理念

プレデンシャル生命の経営理念は次の通りです。

プルデンシャル生命の社員は、生命保険業を通じ、社会に貢献しようとする強固な意志で結ばれています。我々には、時代を開拓する精神、生命保険の正しい在り方を追求する信念、そして、人間愛・家族愛の不朽の原理を 伝える心があります。我々は、Core Values、Vision、Mission、Strategyを指針に、自らの手によって時代を創造し続けます。

また、「生命保険のプロフェッショナルであるライフプランナーを通じて、お客さまに最高のサービスを提供する」という経営方針のもと、高品質なコンサルティングセールを行っている点も特徴的です。

福利厚生・諸手当

公式HPを参考にプルデンシャル生命で受け取れる諸手当や福利厚生をまとめましたので、参考にしてください。

諸手当

住宅手当(2万5千円~5万円 地域別、支給要件あり)、通勤交通費(5万円上限)、時間外勤務手当

福利厚生(保険関係)

  • 各種社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)

福利厚生(施設)

契約保養所、契約スポーツ施設

福利厚生(その他)

財産形成貯蓄、住宅資金借入利子補給(支給要件あり)、永年勤続表彰、退職金制度、育児支援制度

完全週休二日制・年次有給休暇・特別休暇

ボランティア・ドナー・バースデイ休暇

ビジネスモデル

プルデンシャル生命は、第三者から見込み客を紹介してもらう営業スタイルに特徴があります。

しかし単なる紹介では既存顧客に迷惑がられることもあるため、同社ではライフプランナー(保険コンサルタント)を徹底的に育成し、「顧客が自然に他社へ保険商品を紹介したくなる仕組み」を生み出しています。

プレデンシャル生命のライフプランナーはすべて異業種からの転職組で、ヘッドハンティングによって採用されています。一般的な生命保険会社のように新入社員を中心に採用してしまうと、商品知識の不足を補うために加入特典がメインの商品提案になってしまいます。

一方、同社は深い商品知識の理解により、真に顧客に必要な商品を提案することが可能で、新たな見込み客紹介という好循環に繋がっています。

生命保険業界におけるポジション

生命保険業界では、「5大生保」と呼ばれる売上上位5社が圧倒的なシェアを占めています。5大生保は売上順に、日本生命、かんぽ生命、第一生命、明治安田、住友生命に分かれます。

そして、その下にメットライフ生命、プルデンシャル生命と続きます。プルデンシャル生命の2018年3月期の売上高(=保険料等収入)は、約9,000億円で前年より伸びていますが、上位6社はともに2兆円を上回ります。

日系の保険会社に興味がある方は以下の記事で詳しい採用情報を紹介していますので、是非参考にしてください。

プルデンシャル生命の年収

https://images.unsplash.com/photo-1554768804-50c1e2b50a6e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1554768804-50c1e2b50a6e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

プルデンシャル生命で働く営業職の平均年収は、約1,400~1,700万円です(参考:プルデンシャル生命の現状2017プルデンシャル生命の現状2018)。

営業職の平均年収に差が発生する原因として、フルコミッション(完全歩合)制が考えられます。

プルデンシャル生命はフルコミッション制

プルデンシャル生命は入社から2年目までがコミッション制で、研修期間として一定の固定給が支払われます。そこから歩合で稼いだ給与が上乗せされる仕組みです。

その後、3年目になるとフルコミッション制へと移行し、この固定給は完全になくなります。ただし、直近数年間に販売した手数料が帯の報酬として支払われるため、成果が出なければ即給与ゼロにはなりません。

年収1,000万円に達するには

プルデンシャル生命の営業職は、主に次の3つの指標によって歩合の給与が決まります

  • 契約金額
  • 契約件数
  • 保険継続率

そのため、営業を行うときは上記3つの点を意識することが年収アップに欠かせません。契約金額が100万円の商品を5つ販売するよりも、1,000万円の商品を1つ販売したほうが歩合査定の評価は高まります。

また、一度販売した保険商品でも、すぐに解約されると査定に悪影響を与えます。保険継続率を高めるには、商品知識や営業ノウハウを磨いていくことが重要です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。