【2021卒】タカラトミーの採用情報を解説!オススメの志望動機も紹介!

タカラトミーは人気企業であり、インターンから就活生が殺到します。タカラトミーへ就職したいと考えている人は、ライバルが多いため、採用情報を正確に把握しておくことが必要不可欠です。今回はタカラトミーの採用情報や特徴、推奨される志望動機の例なども紹介します。

採用

タカラトミーとは

https://images.unsplash.com/photo-1545558014-8692077e9b5c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

まずはタカラトミーの基本情報と事業内容を紹介します。タカラトミーの商品は広く愛されているため、名前をよく耳にしたりと企業になじみがある人も少なくないでしょう。

タカラトミーの基本情報

以下の表はタカラトミーの基本情報です。売上と従業員数は2019年3月期決算時点の数字です。

会社名

株式会社タカラトミー

創業

1953年1 月17日

業界

玩具

本社所在地

東京都葛飾区

売上(百万円)

148,732

従業員数

連結2665人・単体509人

上記の表の売上は日本市場の数字ですが、タカラトミーはアメリカ・欧州・オセアニア・アジアと世界各国でも事業を展開しています。2019年は「トイ・ストーリー4」の関連玩具がアジアで人気を博しました。

タカラトミーの事業内容

タカラトミーの事業内容は公式HPに「玩具・雑貨・カードゲーム・乳幼児関連商品等の企画、製造および販売」と記載されています。

トミカやベイブレード、リカちゃん人形などの定番玩具から、人気オンラインゲーム「フォートナイト」グッズやピクサー・ディズニー映画の関連商品などを製造・販売しており、子供からも親世代からも厚く支持されています。

タカラトミーは玩具のイメージが強くあまり知られていませんが、ベビーカーや哺乳瓶、赤ちゃん用食器などの乳幼児向け商品の拡販にも注力しています。

タカラトミーの採用情報

以下はタカラトミーの採用情報をもとに、タカラトミーの採用事情について説明します。

採用はタカラトミーグループは事業内容によって、以下の4社に分かれています。

  • タカラトミー
  • タカラトミーアーツ
  • トミーテック
  • タカラトミーマーケティング

応募自体はタカラトミーグループのHPから全社共通ですが、応募後の選考は各社個別に行われるので、注意しましょう。また、「この商品がやりたい」という場合にはどの会社から出ている商品なのかを確認しておきましょう。

タカラトミーの採用人数と採用大学

タカラトミーの採用人数は以下の通りです。

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

タカラトミー

10名

10名

タカラトミーアーツ

採用実績なし

4名

タカラトミーマーケティング

採用実績なし

5名

トミーテック

4名

2名

合計

14名

21名

21名

21名

2019年度・2018年度はともに21名の採用となっていますが、各社の内訳は明かされていません。2020年度は21〜25名の新卒を募集するとのことです。また、採用実績のある大学は以下の通りです。

  • 青山学院大学
  • 茨城大学
  • 関西大学
  • 大阪大学
  • 立教大学
  • 横浜国立大学
  • 日本大学
  • 早稲田大学

MARCHや関関同立、早慶や七帝などの有名大学の名前が目立ちますが、美大・芸大や体育大学、海外の大学からの採用実績もあり、採用大学はさまざまです。学歴に関わらず広く採用している企業だと言えます。

タカラトミーが求める人物像

タカラトミーは、「子ども心・遊び心とともに発想力や忍耐力を持った人材」を求めていると考えられます。タカラトミーのメインターゲットは子どもです。子どもの立場になり、遊び心溢れる目線で商品を捉えられる力が不可欠です。

また、「玩具業界では1,000の商品の中で3つヒットが出ればよい方だ」と言われるくらいヒットを飛ばすことが難しい現実にあります。開発に携わった商品が思うように売れなくても、忍耐強く工夫し続けられることが大切です。

タカラトミーの総合職の選考フロー

リクナビに記載されているタカラトミーの総合職の選考フローは以下の通りです。

  • Webプレエントリー締め切り:3月中旬
  • エントリーシート締め切り:3月下旬
  • 説明会:3月上旬〜
  • 面接:4月上旬〜5月
  • 内々定:6月上旬

タカラトミーの選考は総合職・技術系総合職・管理系総合職に分かれますが、採用時期やフローはどれでも同じです。また、タカラトミーグループの他3社も同様のフローで選考が進んでいきます。

タカラトミー志望者の併願先

タカラトミーを志望する学生は、以下で挙げる競合の玩具メーカーを併願する傾向にあります。

  • バンダイ
  • パイロットインキ
  • サンリオ

また、玩具業界の中ではゲームを扱う企業の売上が高くなっています。タカラトミーとはカラーが異なりますが、玩具を扱うメーカーとして以下の企業も人気があります。

  • ソニー
  • 任天堂
  • スクウェア・エニックス
  • コーエーテクモホールディングス

併願する場合はそれぞれのメーカーの特色を押さえ、志望動機や自己PRを企業ごとに調整することが大切です。

タカラトミーの特徴

タカラトミーにはどのような特徴があるのでしょうか。以下ではタカラトミーの特徴的な強みと弱みの両方を紹介します。

タカラトミーはたくさんの強みのある安定した企業ですが、国内市場の先行きは思わしくありません。強み・弱みそれぞれを踏まえた上で選考を受けるようにしましょう。

強み|ロングセラー商品による安定性

タカラトミーの強みはトミカやプラレール、リカちゃん人形など誰もが知っているロングセラー商品を保有していることです。また、大人気のポケットモンスターの関連グッズや、ディズニー関連の商品なども長年扱っています。

長く愛されてきた歴史と知名度の高さによるブランド力から、タカラトミーは安定した収益を生み出しています。

トミカで遊んだ世代が親になった時、子どもにもトミカを買い与えるといったサイクルが確立されています。この国内での安定性があるからこそ、世界各国への展開にも力を入れることができていると言えるでしょう。

弱み|少子高齢化による国内玩具市場の縮小

タカラトミーは日本有数の玩具メーカーであるものの、日本ではその対象となる子どもが減っており、市場が年々縮小しています。

タカラトミーも少子高齢化に危機感を抱いており、海外展開や高齢者向け商品の開発なども行っているものの、やはり収益の柱は国内の玩具が大半を占めています。

日本ならではの商品の品質の高さや安全性をアピールしているものの、まだまだ海外での売上は大きくありません。今後海外市場にどう食い込んでいくことができるかどうかが、鍵となるでしょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。