大学院の偏差値はない!大学院の難易度の調べ方について解説します!

大学院は、学部以上に専門的で幅広異分野の研究を行う場所です。そのためどこで・何を学ぶかがその後数年間の質に大きく関わります。この記事では大学院の基本情報・大学院の選び方・特に確認すべきポイントなどを紹介します。大学院への進学を考えている方は、是非ご一読下さい。

大学

大学院とは

https://images.unsplash.com/photo-1495995424756-6a5a3f9e7543?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1495995424756-6a5a3f9e7543?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

大学院とは学士課程(大学)で学んだ分野について、より幅広い観点から特定の分野を捉え直し、より深い知識や考察を得るための研究機関です。

大学院の授業では学士課程に多い一方通行の講義だけでなく、基本的には学生が授業前に研究してきた内容をディスカッションしながら行います。また、理系の大学院であれば毎日実験を行い、自分が専門とする分野の実践的知識の習得を目指します。

下記の記事では、大学院のタイプ・進学するメリットとデメリット・進学して後悔してしまう人の特徴・大学院入試の形式について紹介しています。興味のある分野についてより専門的な知識を身につけることを考えている方は、ぜひご一読下さい。

また、大学院進学か就職かで悩んでいる人は、以下の記事も参考にしてみて下さい。以下の記事では、学部系統ごとの大学院進学率や大学院進学のメリット・デメリットを紹介しています。

大学院受験に偏差値はない

https://images.unsplash.com/photo-1534644107580-3a4dbd494a95?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1534644107580-3a4dbd494a95?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

学部の入学試験では、「偏差値」を基準に自分の学力と照らし合わせて志望校を決めますが、大学院には偏差値はありません。

というのも、偏差値とはそもそも大学入試対策の予備校が、各大学の入試難易度を表現するために独自に作成している指標だからです。しかし、大学院入試についてはどの対策予備校も偏差値という基準を公開していないため、偏差値はありません。

大学院の難易度の調べ方

https://images.unsplash.com/photo-1501250987900-211872d97eaa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1501250987900-211872d97eaa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ではあなたが目指す大学院の難易度を調べるためには、どのような方法があるのでしょうか。

一般的に大学院の入学難易度を調べる方法は、「大学院が所属する大学の偏差値」と「大学院の合格倍率」とされています。それぞれの内容について詳しく見てみましょう。

所属大学の偏差値を参考にする

大学院入試の難易度を判断する1つ目の方法は、大学院が所属する大学の学部の偏差値です。

学部入試の偏差値と大学院入試の難易度は比例する傾向があります。これはより難易度が高い大学に所属する大学院であれば、研究施設が充実していたり、大学選びと同様にネームバリューもあるからです。

また、偏差値が高い大学からそのまま大学院に進学する学生も多く、その学生は偏差値が低い大学の学生よりも優秀です。その学生たちと入学の枠をかけて争うことになれば必然的に難易度が上がります。

大学院入試の倍率を参考にする

2つ目の方法は、大学院入試の合格倍率を参考にすることです。例えば、東京大学大学院の各研究科の倍率は以下の通りです。

研究科

志願者数

合格者数

倍率

教育学

299

86

3.48倍

経済学

479

93

5.15倍

新領域創成科学

859

366

2.34倍

情報理工学系

578

257

2.24倍

総合政策学

295

75

3.93倍

参考:東京大学公式HP「大学院学生の入学状況(修士課程・専門職学位課程・令和元年5月1日現在)」より一部抜粋

東京大学大学院の合格倍率は、教育学・経済学・総合政策学など学士課程の学部にも設置されるような学部では、倍率が3.5倍以上と高くなっています

ちなみに東京大学の学部の倍率は2.5〜3.5倍程度が多いのでとなっているので、受験する研究科によっては学部合格よりも難しいと言えます。

所属大学の偏差値別|大学院の難易度

https://images.unsplash.com/photo-1519452575417-564c1401ecc0?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1519452575417-564c1401ecc0?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ここからは学部入試の偏差値ごとに、大学院の難易度を見ていきます。この見出しで紹介する文系大学院について、所属学部の偏差値と大学院の合格倍率を見ると以下のようになります。

大学院名

所属学部の偏差値

大学院の合格倍率

東京大学経済学研究科

74

5.1倍

大阪大学人間科学研究科

69

2.22倍

北海道大学法学研究科

64

1.9倍

学習院女子大学国際文化交流学部大学院

58

1.75倍

東洋大学ライフデザイン学研究科

53

1倍

帝京大学法学研究科

52

2.5倍

川崎医療福祉大学医療福祉学研究科

42

1倍

参考:各校公式HPの入学状況データをもとに作成(東京大学大阪大学北海道大学学習院大学東洋大学帝京大学川崎医療福祉大学

上記のように、学部偏差値が高い大学の大学院の方が、比較的合格倍率が高い傾向があります。そのため、大学院選びの際も、所属する大学学部の偏差値は難易度の1つの指標と言えます。

文系大学院

まずは文系大学院の難易度を見ていきます。

ここで紹介している大学院は、学部の偏差値をもとにその系列の大学院がある場合に掲載します。そのため、学部が設置されていなければ同大学にある大学院でも掲載していないことをご留意の上、内容をご確認下さい。

また、大学の偏差値は東進ハイスクールの大学入試偏差値ランキングを参照しております。

所属学部偏差値|70~74

大学偏差値70〜74の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

東京大学経済学研究科

【偏差値:73】東京大学文科一類

京都大学環境学研究員

【偏差値:72】京都大学総合人間学部

一橋大学大学院社会学研究科

【偏差値:71】一橋大学社会学部

この偏差値水準は学部入試でも日本一の難易度を誇るレベルです。そのため東京大学・京都大学・一橋大学など、学部入試の難易度が高いことで知られる学校が名を連ねています

所属学部偏差値|65~69

大学偏差値65~69の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

大阪大学人間科学研究科

【偏差値:69】大阪大学人間科学部

上智大学経済学研究科

【偏差値:68】上智大学経済学部

明治大学政治経済学研究科

【偏差値:67】明治大学政治経済学部

この偏差値水準の大学・大学院も大阪大学・上智大学・明治大学などの有名大学が並んでおり、70〜74の水準で多かった政治・経済・法・商・人間科学系の学部や大学院が並んでいます

所属学部偏差値|60~64

大学偏差値60~64の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

北海道大学法学研究科

【偏差値:64】北海道大学法学部

中央大学商学研究科

【偏差値:63】中央大学商学部

広島大学大学院総合科学研究科

【偏差値:62】広島大学総合科学部

この偏差値水準からは地方大学が目立ち始め旧六帝大や学部入試でG-MARCHとしてまとめられる大学が多くなります。学部は65〜69までと同様に実学系の学部が多いです。

所属学部偏差値|55~59

大学偏差値55~59の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

静岡大学人文社会学研究科

【偏差値:59】静岡大学人文社会学部

学習院女子大学国際文化交流学部大学院

【偏差値:58】学習院女子大学国際文化交流学部

武庫川女子学院生活環境学研究科

【偏差値:57】武庫川女子学院生活環境学部

この水準以降は、全国的に知名度が高い大学が少なくなり、地元の有名大学付属の大学院が多くなってきます。また、偏差値上位学部・大学院のような、経済・経営・法学系の研究科が少なくなります。

所属学部偏差値|50~54

大学偏差値50~54の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

獨協大学経済学研究科

【偏差値:54】獨協大学経済学部

東洋大学ライフデザイン学研究科

【偏差値:53】東洋大学ライフデザイン学部

帝京大学法学研究科

【偏差値:52】帝京大学法学部

この水準も学部入試で難易度が低いとされる学部が多くなります。ここで上げた各大学も、学部入試は比較的容易であり、上記以外の研究科によっては倍率2倍以下で、簡単に入学できる研究科などもあります

所属学部偏差値|45~49

大学偏差値70〜74の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

北星学園大学経済学研究科

【偏差値:49】北星学園大学経済学部

関東学院大学法学研究科

【偏差値:48】関東学院大学法学部

群馬医療福祉大学社会福祉学研究科

【偏差値:47】群馬医療福祉大学社会福祉学部

この水準も、偏差値55〜59水準行以降と同様に、関東・関西の有名大学の名前はありません。所属学部は上記の表では経済・法学などの伝統的な研究科を紹介していますが、他には地球環境科・国際コミュニティなど創立から歴史の浅い学部が目立ちます

所属学部偏差値|40~44

大学偏差値45~49の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

流通経済大学物流経済学研究科

【偏差値:44】流通経済大学流通情報学部

淑徳大学総合福祉研究科

【偏差値:43】淑徳大学総合福祉学部

川崎医療福祉大学医療福祉学研究科

【偏差値:42】川崎医療福祉大学医療福祉学部

この水準は学部入試でも比較的容易に合格できる水準で、上記の表でも分かる通り、文系学部ながら医療関係の学部・大学院なども存在します。

理系大学院

次は、理系大学院です。

理系大学院の全体的な特徴として、学部偏差値が高い大学院では学部と大学院の研究内容が直結する傾向があります。しかし、偏差値が低くなるにつれて、大学院の研究範囲の方が、より幅広い分野を扱うようになる傾向があります。

所属学部偏差値|75以上

大学偏差値75以上の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

東京大学大学院医学系研究科

【偏差値:76】東京大学理科三類

京都大学大学院医学研究科

【偏差値:75】京都大学医学部

慶應義塾大学医学研究科

【偏差値:75】慶應義塾大学医学部

理系の場合も文系の大学院と同様に、最も偏差値が高いこの水準では東京大学・京都大学・慶應義塾大学などの全国的にも有名な大学が名を連ね、学部は全て医学部となっています。

所属学部偏差値|70~74

大学偏差値70〜74の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

大阪大学大学院医学系研究科

【偏差値:74】大阪大学医学部

東京医科歯科大学医歯学研究科

【偏差値:74】東京医科歯科大学医学部

順天堂大学大学院医学研究科

【偏差値:73】順天堂大学医学部

この水準も大阪大学・東京医科歯科大学・順天堂大学と、理系大学の中では難関大学・学部であり、大学院の研究分野は医学・歯学を扱う分野となっています。

所属学部偏差値|65~69

大学偏差値65~69の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

京都大学大学院工学研究科

【偏差値:69】京都大学工学部

東京工業大学生命理工学院生命理工系

【偏差値:68】東京工業大学生命理工学部

九州大学大学院薬学研究院

【偏差値:67】九州大学薬学部

この水準でも京都大学・九州大学などの旧六帝大であったり、東京工業大学といった理系の難関大学が続きます。しかし、より偏差値水準が高かった学部と比較すると医学部はなくなり、理工学系の研究科が多くなります

所属学部偏差値|60~64

大学偏差値60~64の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

大阪大学大学院理工学研究科

【偏差値:64】大阪大学工学部

東京理科大学基礎工学研究院

【偏差値:63】東京理科大学基礎工学部

青山学院大学理工学研究院

【偏差値:62】青山学院大学理工学部

この水準も大阪大・東京理科大・青学といった全国的に有名な大学が多く、直前の偏差値65〜69と同じように研究科も理工学系が目立ちます

所属学部偏差値|55~59

大学偏差値55~59の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

立命館大学情報理工学研究科

【偏差値:59】立命館大学情報理工学部

京都府立大学大学院生命環境科学研究科

【偏差値:58】京都府立大学生命科学部

静岡大学大学院総合科学技術研究科工学専攻

【偏差値:57】静岡大学工学部

この偏差値水準からは国公立大学の学部・大学院が少なくなり、私立の理系大学が多くの割合を占めるようになります。また、研究分野は理工学系は残るものの、環境・科学技術と行った新しい分野が多くなり始めます。

所属学部偏差値|50~54

大学偏差値50~54の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

信州大学大学院教育学先行

【偏差値:54】信州大学教育学部

千葉工業大学工学研究科

【偏差値:53】千葉工業大学先進工学部

近畿大学大学院システム工学研究科

【偏差値:52】近畿大学工学部

この水準以下は、更に「地元の大学」色が強くなり、出生地域で理系大学・大学院に進む方が選択しやすい進学先となります。研究分野は再び各種工学系の学部が多くなります。

所属学部偏差値|45~49

大学偏差値45~49の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

茨城大学理工学研究院

【偏差値:49】茨城大学工学部・理工学部

秋田大学大学院国際資源学研究科

【偏差値:48】秋田大学大学院国際資源学部

目白大学大学院看護学専攻

【偏差値:47】目白大学看護学部

この偏差値水準も直前の50〜54水準の学部・大学院と同様に、地元の大学が多くなります。研究分野はここまでの医学・工学といった伝統的な研究分野から、国際資源といった歴史の浅い分野や、看護学という医学の支援的分野の研究が多くなります。

所属学部偏差値|40~44

大学偏差値40~44の学部系列の大学院は以下の通りです。

大学院名

学部・学部偏差値

新潟薬科大学大学院応用生命科学研究科

【偏差値:44】新潟薬科大学応用生命科学部

帝京大学理工学研究科

【偏差値:43】帝京大学理工学部

日本工業大学大学院工学研究科機械工学専攻

【偏差値:42】日本工業大学機関工学部

この偏差値水準も比較的学部入学試験の難易度が低く、入学しやすい大学で、上記の他にも岡山商科大・広島国際大・長崎純心大といった、全国各地の大学が目立つので、地元でより専門的な理系の研究をしたい方におすすめの進学先と言えます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。