【徹底解剖】フリーランスの仕事22選|儲かる仕事や女性におすすめの仕事を紹介

フリーランスとは、企業や特定の組織に属さずに個人で仕事をしている人のことを言い、その仕事の分野はビジネス・デザイン・アート関連まで幅広いです。この記事ではフリーランスとしてできる仕事やおすすめの仕事などを紹介します。本業収入の他にフリーランスとして収入を得ることを考える方は、ぜひご一読下さい。

働き方

フリーランスとは

https://images.unsplash.com/photo-1526945870720-88be78ede6e7?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1526945870720-88be78ede6e7?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

近年では働き方改革・平均年収の低下・年金問題といった様々な理由からパラレルワーカーになる方が多く、会社員として働く一方で、フリーランスとして副収入獲得を目指す方も増えています。

この記事ではそのフリーランスの特徴やおすすめの仕事などを紹介しますが、この見出しでフリーランスの定義やよく似た言葉との違いを確認しておきましょう。

フリーランスの定義・語源

まず、「フリーランス」とは特定の企業・団体などに属さず、自分のスキルや技能を提供することで収入を得ている個人労働者のことです。

会社に所属している中で副業として仕事をもらう兼業フリーランスの方もいれば、上記のように特定の組織に属さずに、完全に個人で仕事をしている専業フリーランスもいます。

兼業であれ専業であれ個人で、クライアントから仕事をもらっている場合にフリーランスと呼ばれます。

フリーランスと似た意味の言葉

次に、フリーランスに似た言葉について3つ見てみましょう

ここではノマドワーカー・ジョブホッパー・個人事業主という3つの言葉を紹介します。どの言葉もフリーランスと共に明確に区分があるというよりは、近年生まれた新しい働き方をする人には複数当てはまる言葉でもあります。

ノマドワーカー

「ノマドワーカー」とは、特定のオフィスなどに出勤すること無く、通信環境がある場所でPC・スマートフォン・タブレット端末などを使って、場所を選ばずに仕事をしている労働者のことを言います。

そもそも「ノマド」とは、「遊牧民」という意味で、常に動き回り特定の場所に定住しない人のことを言います。ノマドワーカーの「常に仕事場を転々とする」労働者に対して、「ノマド」という言葉が当てられています。

近年では、企業に属していてもオフィスに出勤せずに仕事をする「リモートワーク」も増えていますが、リモートワークは必ずしも仕事場を転々としてるわけではないので、この言葉とは意味が異なります。

ジョブホッパー

「ジョブホッパー」とは、何度も転職を繰り返す人のことを言います。

そのため、「ジョブホッパー」といった場合、一般的には「所属する企業」を転々とする人のことを言い、企業に属さずにフリーランスとして働いている人で、引き受ける仕事を頻繁に変える人のことは言いません。

個人事業主

個人事業主とは、株式会社・合同会社といった法人を設立せずに、個人で仕事を行っている人のことを言います。

「フリーランス」と混同されがちな言葉ですが、「個人事業主」とは納税区分のことで納税時の提出書類にも記載できる職業区分であり、「フリーランス」は組織に属さずに働いている人のことを指す、世間で使われる「俗語」です。

フリーランスの基本情報

フリーランスの基本情報は以下の通りです。

項目

詳細

性別の比率

男性:47.1%

女性:52.9%

年齢分布

20代:9.9%

30代:40.3%

40代:33.0%

50代:14.3%

60代:2.3%

70代以上:0.2%

最終学歴

高卒:12.3%

大卒:58.2%

大学院卒:12.5%

地域区分

関東:40.1%

近畿:16.9%

中部:16.2%

九州:8.4%

職業の傾向

ITエンジニア:22.8%

文章系:25.2%

ビジネス系:17.0%

月間勤務時間の分布

20時間未満:4.9%

20〜60時間:16.3%

60〜100時間:15.4%

100〜140時間:17.1%

140〜200時間:27.7%

200〜250時間:10.8%

250時間以上:7.6%

収入の分布

200万円未満:23.1%

200〜400万円未満:26.6%

400〜600万円未満:18.4%

600〜800万円未満:12.4%

800〜1,000万円未満:7.0%

1,000万円以上:12.5%

参考:フリーランス協会「フリーランス白

フリーランスとして働く人は30〜40代・女性・関東在住の方に最も多く、職業はエンジニア・ライターや編集者などの文章系の職業・士業や秘書と行ったビジネス系の職業が多くの割合を占めています。

年収の多くは200〜600万円程度の水準に多く集まりますが、特に400万円未満の割合が大きく、総じてフリーランスは平均年収以下の割合が多い傾向があります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。