「ご教示いただき」とは?|意味や使い方を徹底解説!

社会人になるとビジネスメールなどで、それまで使ったことのない言い回しを使用するようになります。「ご教示いただき」も、そうした言葉の一つです。しかし類語も多く、使い方に迷う人も少なくないようです。そこで今回は「ご教示いただき」の意味や使い方、類語との違いを例文も交えて解説します。

就活ノウハウ就活の言葉

「ご教示いただき」とは

https://images.unsplash.com/photo-1497633762265-9d179a990aa6?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1497633762265-9d179a990aa6?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

「ご教示いただき」という言葉を、社会人になって初めてみた人もいることでしょう。ここでは「ご教示いただき」の意味と使い方、誰に対して使う言葉なのかについて説明します。

意味・使い方

「ご教示いただき」という言葉は、「ご教示」と「いただく」という2節で成り立っています。Weblio辞書にある「実用日本語表現辞典」によると「ご教示」の意味は以下の通りです。

「教え示す」という意味の「教示」に、丁寧表現の「御」(ご)を付けた言い方。(相手に)教わる・教えてもらう、指導・手ほどきを受ける、という意味合いを表現する場面で用いられる。どちらかといえば「知識の伝達」という意味合いの色濃い表現といえる

「いただく」には、「目上の人から恩恵となる動作を受ける」という意味があります。つまり「ご教示いただき」は、「目上の人に教えてもらう」「目上の人から手ほどきを受ける」という意味になります。使い方は、以下の通りです。

  • ご教示いただき、ありがとうございます
  • ご都合をご教示いいただけると幸いです

「ご教示いただき」を使うのは、自分が持っていない、あるいは知らない情報を得る時です。

使う相手

「いただく」という言葉は、「~してもらう」ことを丁寧に表現していることは前述しました。つまり「ご教示いただき」という言葉は、丁寧な表現をする必要がある人が対象となります。具体的には上司や目上の人、取引先の方などに使用します。

「ご教示」と「ご教授」はどう違うか

https://images.unsplash.com/photo-1558541966-d1071f7329bd?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1558541966-d1071f7329bd?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

「ご教示」に似た言葉に「ご教授」があります。どちらも目上の人に教えてもらいたいことがある際に使いますが、適したシチュエーションは異なります。ここでは「ご教示」と「ご教授」はどう違うかについて、説明します。

「ご教授」の意味

Weblio辞書にある「実用日本語表現辞典」によると「ご教授の」の意味は、以下の通りです。

ご教授(ごきょうじゅ)とは「教えて伝える」という意味で用いられる丁寧な言い方です。「教授」に丁寧表現の「ご」(御)を付けた表現です。たいてい「ご教示ください」と「ご教授願います」「ご教授いただけますか」というような言い回しで用いられます

「教える」という言葉には様々な意味がありますが、「ご教授」の場合は「学問や技能を伝達する」というニュアンスが強まります。

シーンで使い分けることが大切

「ご教示」と「ご教授」では、微妙にニュアンスが異なることは前述しました。そのため、シーンによって使い分けることが大切です。ここでは、「ご教示」と「ご教授」が使われるシーンについて、具体的に説明します。

  • 「ご教示」が使われるシーン:状況や知識などを教える、示す
  • 「ご教授」が使われるシーン:専門的な知識や技能を教える、授ける

上記を踏まえた使い方の例は、以下の通りです。

  • 新製品説明会の開催予定時期を、ご教示いただきたく存じます
  • 先生がご担当されているキャリア教育の講義内容について、ご教授いただきたく存じます

ビジネスシーンにおいては、「ご教示」の方が使われる頻度が高いです。

ビジネスメールで使える例文

https://images.unsplash.com/photo-1559163454-e7d1e00a4e54?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1559163454-e7d1e00a4e54?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

「ご教示いただき」は、ビジネスメールで使うことが多い言葉です。使い方のバリエーションを知っておくと、メールの相手に好印象を与えることができます。ここではビジネスメールで使える、「ご教示いただき」の例文を3つ、紹介します。

例文①| ご教示いただきたく存じます

先日の研修の際にいただた資料のデータ分析方法について、ご教示いただきたく存じます。

-------------------

欲しいの謙譲語である「いただく」と、「思う」の謙譲語と「ます」の丁寧語で成り立つ「存じます」を組み合わせた表現となっています。取引先の方や自分より目上の人に対して問い合わせをしたい時に、使うとよい表現です。

例文②| ご教示いただきありがとうございます

ご多忙のところご教示いただきありがとうございます。

-------------------

この言葉は、自分が問い合わせた内容について、返信メールをもらった際に使います。対応してくれたことに対するお礼のメールに、この一文を添えて使います。

例文③| ご教示いただけると幸いです

依頼した業務の進捗状況について、ご教示いただけると幸いです。

-------------------

「いただけると幸いです」というのは、「してください」を丁寧にした表現です。「ご教示いただけると」は「ご教示いただく」の活用形であり、相手に依頼したいことがある時に使います。またこの表現だと、「~してくれると嬉しい」というニュアンスが加わります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。