面接対策|「色に例えると」の回答例や回答のポイントを解説!

就活の面接では、「自分を色で例えると」といった面接官からの質問を受けることがあります。そういった質問は、回答に困ってしまうことが多いのではないでしょうか。「自分を色で例えると」といった質問に対しての答えるポイントや色の特徴などを紹介します。

また突然ですが、本気で第一志望の企業から内定を得たくありませんか。そのような就活生の方に朗報です。年間1,000人以上の就活生を、人事や企業の欲する回答を理解することで自信を持って内定獲得まで伴走するのがこのAbuild就活です。
テストで就活力が分かるだけでなく、就活で最も差がつく自己PR法の伝授、あなたにあったオリジナルの就活戦略までたった1回のカウンセリングで可能です。しかも「無料」で、気になった方はここからチェックしてみてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

面接で「色に例えると」と聞く人事の意図と見ているポイント

就活の面接では、「自分を色で例えると」といった面接官からの質問には、どのような意図があるのでしょうか。

本見出しでは、「自分を色で例えると」という面接官の質問の意図や、面接官が見ているポイントを解説します。

目次

面接で「色に例えると」と聞く人事の意図

「自分を色で例えると」という面接官の質問の意図はどういったものでしょうか。本見出しでは、2つの観点からみていきます。

意図①|就活生の本音を引き出したい

面接官が「自分を色で例えると」という質問の意図には、本音を引き出すという意図があります。準備しにくい質問をあえてぶつけることにより、就活生の本音を引き出しやすいです。

その場でとっさに答えなければならないので、就活生の普段考えていることが答えとして出てきやすいというものがあります。

意図②|就活生のアイデア力と発想力をみたい

もう一つの理由としては、アイデア力と発想力をみたいという意図があります。動物や色など、自分とかけ離れた場合にどのように繋げるのかというアイデア力と、予期せぬ質問に対応する発想力を試しています。

面接の「色に例えると」という質問で見ているポイント

「自分を色で例えると」という面接官の質問に対してみているポイントはどういったものでしょうか。本見出しでは、2つの観点からみていきます。

ポイント①|瞬発力

多様化する現代社会の中で、働くことにおいて最も重要な要素の一つとして瞬発力があります。自分の予期していない質問に対しても上手にコミュニケーションを取れるかという瞬発力をみています。

社会人になればそういった事態に遭遇することは多岐に渡るため、どういった答えをするのかということは面接官の非常に気になるポイントでもあります。

ポイント②|論理的思考力

先例のない質問をすることで、就活生の自己分析が内容や量をみています。「自分を色に例えると」いう質問は答えのない曖昧な問題のため、就活生がどのように自己分析をして、自分のことを客観的に捉えることができているかということがわかりやすいです。

自己分析の結果をもとにいかに論理的に話ができるかということも重要なポイントです。

面接の「色に例えると」という質問に答える際のポイント

「自分を色に例えると」という質問に対して、答える際のポイントというものはどのようなことがあげられるでしょうか。

本見出しでは、そのポイントを3つ紹介していきます。

ポイント①|自分の強みに結びつけることができるか

「自分を色に例えると」という質問に対して、答える際のポイントとして、自分の強みに結びつけることができるかということがあります。社会人として活躍するために必要なことは、自分の強みを客観的に理解して、どんなことでも強みに結びつけることができる力です。

質問に対して自分の強みをアピールすることにより、面接官の印象に残る答えとなります。

ポイント②|自分を客観的に見ることができているか

答える際のポイントとして、自分を客観的に見ることができているかということがあります。働くうえで自己分析をし、自分を客観的に見ることは大切です。自分の強みを自分では理解しているつもりでも、客観的に見ればそうでないことも考えられます。

そのため自分の主観で思う色でなく、客観的に見た色として答えた方が良いです。

ポイント③|自分の人物像を明確に伝える

面接官はとっさの質問にも印象に残る答えを用意できるか、どういうことも見ています。自己PRや志望動機で答えた長所や理由でなく、他の長所や理由を答えるといった点も重要です。

そうすることにより引き出しの多さもアピールすることができ、より自分の人物像が明確に面接官に伝わります。

「色に例えると」という質問で使える色5選

「自分を色に例えると」という質問に対して、どのような答えがあるのでしょうか。本見出しでは主に使える色の5色を紹介します。

色①|青色

青色と答えた場合の例文とアピールすることができる性格は以下のようになります。

青色でアピールできる性格

青色は爽やかさや、冷静に物事を考えて行動できるということを伝えることができます。

青色に例える際の例文

自分を色で例えると青色だと思います。アルバイト先の店長からからいつも冷静でお客様への対応が良いと言われることが多いからです。

色②|赤

赤色と答えた場合の例文とアピールすることができる性格は以下のようになります。

赤色でアピールできる性格

赤色はやる気や情熱を伝えることができます。また、負けず嫌いな性格や常に挑戦する姿勢を印象付けることも可能です。

赤色に例える際の例文

私を色で例えると赤色だと思います。私は常にやる気に満ち溢れていて何事にもアレンジしたいという気持ちでいるからです。

色③|白

白色と答えた場合の例文とアピールすることができる性格は以下のようになります。

白色でアピールできる性格

白色はどんな色にも染まるため、柔軟な姿勢をアピールする事ができます。また、どんな色にも変わることができる可能性も伝えることができます。

白色に例える際の例文

私を色で例えると白色だと思います。その理由としてはどんな色にも染まることのできる柔軟性を持っており、どんな色にも染まっていける大きな可能性を秘めているからです。

色④|黒

黒色と答えた場合の例文とアピールすることができる性格は以下のようになります。

黒色でアピールできる性格

黒色は個性が強く、何色にも染まらない芯の強さや一途な心をアピールすることができます。

黒色に例える際の例文

私を色に例えると黒色だと思います。その理由として私は、何色にも染まらない芯の強さを持っているからです。

色⑤|緑

緑色と答えた場合の例文とアピールすることができる性格は以下のようになります。

緑色でアピールできる性格

緑色は見た目が穏やかで邪魔にならない優しい色のため、穏やかさや青葉のようなフレッシュな性格をアピールすることができます。

緑色に例える際の例文

私を色で例えると緑色だと思います。私は穏やかな性格で、他の人の悪口を言ったり邪魔をしたりするといったことがありません。

その他の色

上記の5つの色以外では、どのような色で自分を例えることができるのでしょうか。上記の色以外では以下のような色での例え方があります。

  • 水色【穏やかで優しい】
  • 金色【目立ちたがり】
  • オレンジ【元気がいい】
  • グレー【腹黒い】

その他の「◯◯に例えると」の質問

面接での質問では「自分を色に例えると」という質問のほかにも、さまざまな例えの質問があります。

ものに例えると

よく面接で聞かれる例えの質問は「自分をもので例えると」というものです。こちらの場合も色での例えと同じように、自分の強みやアピールポイントを盛り込んで答えなければなりません。

動物に例えると

その他にも「自分を動物で例えると」が質問も考えられます。自分を動物に例える場合も自分の強みやアピールポイントを考えて答える必要があります。以下の記事では動物に例えた場合の例文やポイントを解説しているので、是非ご参照ください。

記事に飛ぶ

まとめ

本記事では、「自分を色で例えると」という面接官の質問の意図や、面接官が見ているポイントを解説しました。自分を色で例える場合には、強みやアピールポイントと結び付けて答えることが需要です。

ここで紹介した考え方が、一人でも多くの方の参考になればと思います。

面接対策もバッチリ!徹底した就活サポートをしてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

第一希望の企業には確実に合格したい。でも、面接がどうしても苦手・・・。

早く不安な状態から脱するためにも確実に複数の会社から内定を獲得しておきたい。そのためにも面接対策は徹底しておきたい。。

就活を進めるにあたって、面接って特に対策が難しくて不安ですよね。

そういう学生は、面接対策をがっつり行ってくれる手厚いサポートが受けられる就活エージェントを活用しておきましょう。

もちろん事前の対策をしたから必ず大丈夫!というわけではないですが、とはいえ社会人経験もない学生からすれば、どんなことが企業から評価されるかなかなか想像しづらい部分もあるはずです。

そういったポイントをうまくカバーできるように就活サポートをうまく活用しておくことをお勧めします!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

適正診断面接対策で自分に合った企業を選択できます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【面接対策後の内定率1.39倍!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • 手厚い面接際策サポートが欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

手厚いサポートを受けて、自分に合った企業をしっかり見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる