面接で特技を聞かれたらどうする?特技の一覧と回答のポイントを徹底解説!

採用選考における面接時に、担当者に特技を聞かれることがよくあります。しかし就活生の中には、自分には特技がないと悩む人もいることでしょう。そこで今回は、面接で特技を聞く理由や自己アピールにつながる伝え方、ジャンル別の回答例などを解説します。採用面接には適さない特技にも触れます。

学歴フィルターゼロ!最速で内定獲得まで進めるキャリアスタートを活用しよう!

希望している就職先は何社か応募してみたけど、学歴フィルターがあってなかなか就職に繋げられない・・・

と、お悩みの学生は、学歴フィルターゼロの就職エージェント『キャリアスタート』を活用しましょう!

学歴よりも、学生個人の個性・適性をみて自分に合った就職先を紹介してくれるサービです。最短2週間で内定までハイスピードで進めてくれるため、急いで就活を進めたい方にもお勧めです!

bizual採用担当

社会に出てからは本当の意味で『学歴』はあまり関係ありません。
就職先選びは、学歴によって決めるのではなく、本当に自分に合っている業界や会社はどこか。楽しく働ける職場はどこかで選びましょう!

面接で特技を聞く3つの理由

採用面接で特技を問われることは多いですが、実はその内容が評価の対象になることはありません。特技について質問をすることで、わかることがあるのです。

ここでは採用担当者が面接で特技を聞く理由を3つ、紹介します。

目次

①就活生の人柄を知りたいから

特技を通して、人柄を知ることが可能です。そもそも特技とは、その人にとって特別な技能をさします。

特別な技能を思えるようになるためには、努力した過程があるものです。また、1人でやることか人と関わるかでも差が生まれます。そのため、就活生がどういう人かを感覚的につかむのに適した質問といえます。

②アイスブレイクの材料にしたいから

採用担当者は面接において、アイスブレイクの材料として特技は何かを問うことも少なくありません。それは自社や職種に対する適性を見極めるうえで、就活生の緊張をいち早く解く必要があるからです。

趣味や特技については、リラックスして話せる就活生が多いので、素直に回答するようにしましょう。

③論理的に説明できるか知りたいから

意識の高い就活生は、特技に関する回答を通して自己アピールするものです。そうした就活生に対して採用担当者は、説明が論理的かどうかをチェックしています。

それは、社会で仕事をするうえで、第三者に説明する機会が多くあるからです。それを念頭に置き、回答を考えておくことをおすすめします。

特技を選ぶ方法・基準

特技を考える際の目安は以下のようなものがあります。

  • 実際に得意なこと・好きなこと
  • 長所や強みを表現できること
  • 面接官に食いついてもらえるようなこと
  • 仕事や実務に関連していること

一番簡単な方法は、実際に得意なことを取り上げることです。好きなもの・得意なことがあり、ぱっと思いつく場合は、それだけ熱量を持っているということです。自信をもって説明できることがあることは誇って良いことなので、複雑に考えすぎずシンプルにその特技を取り上げると良いでしょう。

特技というと難しく考えてしまいますが、自分の長所や強み、武器と関連付けた行為を考えてみると特技が見えてくる可能性があります。また、自分にしかできない特技がある場合はそれを十分に活用しましょう。

そして、必ずしも仕事に関連付けなくてはいけないという事はありませんが、あくまで就活の場であるため、特技も実際の業務に活かせるようなものだと好印象です。

面接で評価が上がる特技の伝え方

特技に関する質問をアイスブレイクとして活用した採用担当者でも、回答に工夫を凝らした就活生がいれば評価してくれるものです。

ここでは、面接で評価が上がる特技の伝え方について説明します。

話し方で意識すべきポイント

ここでは、特技に関する質問に答える際の話し方で、意識してほしいポイントを具体的に紹介します。

①肩の力を抜いて話す

面接早々に特技について質問された場合は、採用担当者は就活生をリラックスさせようと考えているはずです。だからこそ回答する時には、肩の力を抜いて話すように心がけましょう。

採用担当者の心遣いを感じることで、親しみの感情を持ちやすくなるはずです。敬語をうまく使うことより、リラックスすることを意識してください。

②結論から話す

採用担当者の評価をあげるためには、質問への回答が明確であることが大事です。そこで特技に関する質問では、結論から話すことを徹底してください。

その後で、特技にどのように取り組んだか、それによって得たものについて説明します。その流れを守ることで、説明する能力があるとアピールできます。

③長く話しすぎない・簡潔に話す

特技に関する質問に限らず、就活生は面接において、長く話しすぎないことが大事です。話が長い時点で、伝えるべきポイントが整理されていないと判断されるからです。

特技については質問されることが多いので、話すべき内容を事前に考え、短めの回答を用意しておくとよいでしょう。

話す内容で意識すべきポイント

特技に関する質問では、話し方だけでなく話す内容も意識する必要があります。そして特技が何かによって、話す内容は変化します。

ここでは、話す内容で意識すべきポイントについて、例をあげながら紹介します。

①特技を始めたきっかけ・続けられた理由

特技を結論として述べたら、そのきっかけや続けられた理由について説明する必要があります。ここでは、特技によって話す内容がどうなるのか、人と接することが特技の場合を例にあげて紹介します。

【例】

高校時代からコンビニエンスストアでアルバイトをしており、老若男女のお客さまと接していました。その際に、どの年代の方でも雑談ができることに気づきました。お客さまも喜んでくださり、うれしかったです。

ーーーーーーーーーーー

自分の特技に気づいたきっかけと、それを続けられた理由がシンプルに伝わる回答例です。

②特技への取り組み方・工夫

特技に磨きをかける努力をしている就活生は、仕事に対して創意工夫を凝らし、真剣に取り組んでくれると評価されます。ここでは同じ特技に対する、取り組み方や工夫の例を紹介します。

【例】

大学に進学してからはカフェでのアルバイトを始めましたが、常連客が多い店でした。そこで常連のお客さまとより深くコミュニケーションできるよう、好きなメニューを覚えて注文の前に確認したり、趣味の話題を意識して集めて雑談するよう心がけました。それを喜んでくださったお客さまから、誕生日プレゼントをいただいたことがうれしい記憶として残っています。

ーーーーーーーーーーー

自分の特技により磨きをかける様子が伝わるよう、意識した回答例です。

③長所との繋がり

特技を自己アピールにつなげるためには、自分の長所と繋がりをもたせておくことをおすすめします。上記の回答例でいうと、長所に「情報収集が得意」と書いておけば、常連客との会話のために趣味について調べたこととリンクします。

さらにアルバイトに生かせるように、指示がなくても事前に準備をすることができる人材だと、印象づけることにも繋がります。

④具体的なエピソードを交えて説明する

特技を説明する際は、抽象的な説明にならないように気を付けましょう。

履歴書の文字数や面接での時間にも限りがあるので、ながながと書かないように注意しない解けませんが、必ずその特技が活用できたエピソードを取り上げるようにして下さい。

具体的な経験談があれば、より相手に伝わりやすくなります。

【例文あり】面接で話しやすい特技の一覧

特技として語られることが多いのが、「スポーツ」「音楽関連」「アウトドア」「インドア」「生活・習慣」の5つです。

ここでは、それぞれのカテゴリーの例と具体的な回答例を1つ、紹介します。

①スポーツ

スポーツが特技の場合に回答が多いものに、以下があります。

  • サッカー
  • 野球
  • テニス
  • マラソン
  • 水泳

ここでは、サッカーを特技とした場合の回答例を紹介しておきます。

【例】

私の特技はサッカーです。小学校高学年からクラブチームに所属し、中高6年間も部活として続けました。なかなかレギュラーの座をつかむことができず、挫折しかかったこともありましたが、休まず練習に参加するよう心がけました。レギュラーになってからも自分が活躍することより、勝利のためにチームワークで戦う必要があることを学ぶことができました。

②音楽関連

音楽関連が特技の場合に回答が多いものに、以下があります。

  • ピアノ
  • バイオリン
  • フルート
  • ドラム

ここでは、歌を特技とした場合の回答例を紹介しておきます。

【例】

私の特技は歌を歌うことです。中学時代に友人に勧められるまま合唱部に所属し、発生から音程の取り方、表現方法などを学び、一つのコーラスをつくる喜びを知りました。高校・大学でも合唱を続ける中で、それぞれのパートが調和するために協働しなければならないと実感できたことが、日々の人間関係の中でも生かされていると思います。

③アウトドア

アウトドアの趣味が特技の場合に回答が多いものに、以下があります。

  • 登山
  • キャンプ
  • サイクリング
  • 釣り
  • サバイバルゲーム

ここでは、登山を特技とした場合の回答例を紹介しておきます。

【例】

私の特技は登山です。父が登山好きだった影響で、小学生の頃から標高の低い山に上っていました。高校で登山部に入部してから本格化し、装備の知識や天候不順や体調不良などの対処法について、実践しながら学べました。そうした経験を通して、臨機応変さが身についたと思います。

④インドア

インドアの趣味が特技の場合に回答が多いものに、以下があります。

  • 絵を描く
  • 読書
  • 書道
  • アクセサリーづくり
  • プラモデルづくり

ここでは、読書を特技とした場合の回答例を紹介しておきます。

【例】

私の趣味は読書です。母が読書好きで幼少期から絵本の読み聞かせをしてくれていたので、子供の頃から読書の習慣がついていました。恋愛小説やミステリー、ノンフィクション、ビジネス書など、興味がわいた本は何でも読むようにしています。そのおかげで語彙や知識が増え、レポートを書く際や初対面の方との会話のきっかけにも役立っています。

⑤生活・習慣

生活・習慣が特技の場合に回答が多いものに、以下があります。

  • 料理
  • お菓子づくり
  • 整理整頓
  • 編み物
  • アイロンがけ

ここでは、整理整頓を特技とした場合の回答例を紹介しておきます。

【例】

私の特技は整理整頓です。断捨離にハマってから、家や大学の研究室でより効率的に収納する方法を追求しています。よく使うものを取り出しやすい場所に入れることを意識して整理整頓していると、ものを探す手間や時間が不要です。こうした几帳面さや効率を考える習慣は、きっと仕事にも生かせると思います。

面接で聞かれる特技に関する3つの疑問

就活生の中には、面接で特技について聞かれた時に、判断に迷った経験をもつ人もいることでしょう。

ここでは、面接で聞かれる特技に関する3つの疑問について説明します。

特技を聞かれて趣味を答えても良いのか

趣味は、個人が楽しみにしているものを意味します。自分が好きなスポーツ観戦や映画鑑賞は、立派な趣味です。特技を思いつかない就活生でも、趣味を持っている人は多いはずなので、面接で特技を聞かれた際に、趣味を答えるのも一つの方法です。

旅行やPCスキルなど、趣味に分類されるものはたくさんあるので、自分なりの答えを見つけやすいでしょう。ただし特技と同じように、趣味に対する取り組み姿勢やそこで得たものについて、回答を用意しておかなければ、自己アピールには繋がりません。

また厳密には、趣味と特技は違います。特技の方が、自己アピールに繋げやすい側面があります。その違いについて、以下の記事でわかりやすく紹介しています。履歴書作成や面接時の回答に役立つので、ぜひ一読してみてください。

記事に飛ぶ

特技がない場合はどうすべきか

面接では、特技を通して自己アピールできることは前述しました。そう考えると、自分の特技といえることを探しておきたいところです。特技を考える際、以下の2つの軸で考えてみることをおすすめします。

  • 仕事に生かすことができるもの
  • 自分の人柄を伝えられるもの

一般事務職に応募する際には、簿記の資格を取得しておくと有利です。営業職の場合は、初対面の人と仲良くなれることが、アピールポイントになります。視点を変えれば、特技が見つかる可能性が十分にあるのです。

自分には特技がないと思い込み、「なし」と記載するのは就活ではおすすめできません。以下の記事では、自分の特技の見つけ方を解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

記事に飛ぶ

面接で話すべきではないNGな特技はあるか

特技であっても、採用面接で話すべきではない事柄があるのも事実です。それは大きく3つに分類されます。

  • 嘘の特技
  • 賭け事に関する特技
  • 副業に関する特技

まず、特技ではないことを特技だと嘘をついてはいけません。特技について重ねて質問された際に嘘だとバレると、採用担当者の心証が悪くなります。また、賭け事を特技とする時点で、人格を疑われます。

そして注意してほしいのが、副業に関する特技です。ハンドメイドやアフィリエイト、ユーチューバーなど、趣味がお金になる時代です。しかし、入社時点で副業を持つ可能性がある就活生が、自社で真剣に仕事をしてくれると思う採用担当者はいません。説明の仕方を工夫しましょう。

特技で好印象を与えるエントリーシートの書き方

新卒採用において、エントリーシートは応募者をある程度ふるいにかけるためにチェックするものです。そう考えると、エントリーシートで特技を書く際には、採用担当者の目に留まるように工夫する必要があります。具体的な方法は、以下の通りです。

  • 趣味または特技のどちらか一つに絞って書く
  • 数字や固有名詞を用いて具体的に書く
  • 特技をタイトルにして、説明は本文に書く

趣味や特技には具体的な名称をあげますが、いつから始めたのか、何年続けたのかを数字を交えて書くと、採用担当者がイメージしやすくなります。また、エントリーシートは簡潔な文章にまとめるのがセオリーなので、タイトルと本文の書き分けに配慮したいところです。

趣味や特技は書き方を工夫すると、自分を印象づけることができます。就活においては、活用したい項目の一つです。就活で書くべき特技の具体例について、以下の記事で紹介しています。ぜひ一読してみてください。

記事に飛ぶ

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

今回は、面接で特技を聞く理由や自己アピールにつながる伝え方について、ジャンル別の回答例も交えながら解説しました。自己分析をして長所・短所を探す際に、趣味や特技についても考えておくと、効率よく就活を進められます。この記事を参考に、自分にプラスになる特技を探してみてください。

面接対策もバッチリ!徹底した就活サポートをしてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

第一希望の企業には確実に合格したい。でも、面接がどうしても苦手・・・。

早く不安な状態から脱するためにも確実に複数の会社から内定を獲得しておきたい。そのためにも面接対策は徹底しておきたい。。

就活を進めるにあたって、面接って特に対策が難しくて不安ですよね。

そういう学生は、面接対策をがっつり行ってくれる手厚いサポートが受けられる就活エージェントを活用しておきましょう。

もちろん事前の対策をしたから必ず大丈夫!というわけではないですが、とはいえ社会人経験もない学生からすれば、どんなことが企業から評価されるかなかなか想像しづらい部分もあるはずです。

そういったポイントをうまくカバーできるように就活サポートをうまく活用しておくことをお勧めします!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

適正診断面接対策で自分に合った企業を選択できます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【面接対策後の内定率1.39倍!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • 手厚い面接際策サポートが欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

手厚いサポートを受けて、自分に合った企業をしっかり見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次