面接での逆質問はいくつするべき?準備から面接まで徹底解説!

面接では質問の数で評価が変わるため、面接での逆質問の数はいくつ必要なのか気になりませんか。今回、面接で逆質問はいくつ必要なのか、また逆質問のポイントについてご紹介しています。この記事を読むことで、あなたは面接官の印象に残る、面接で有利ないくつもの逆質問を用意できるでしょう。

学歴フィルターゼロ!最速で内定獲得まで進めるキャリアスタートを活用しよう!

希望している就職先は何社か応募してみたけど、学歴フィルターがあってなかなか就職に繋げられない・・・

と、お悩みの学生は、学歴フィルターゼロの就職エージェント『キャリアスタート』を活用しましょう!

学歴よりも、学生個人の個性・適性をみて自分に合った就職先を紹介してくれるサービです。最短2週間で内定までハイスピードで進めてくれるため、急いで就活を進めたい方にもお勧めです!

bizual採用担当

社会に出てからは本当の意味で『学歴』はあまり関係ありません。
就職先選びは、学歴によって決めるのではなく、本当に自分に合っている業界や会社はどこか。楽しく働ける職場はどこかで選びましょう!

実際に面接で聞く逆質問は1つで十分

面接での質問の数は、逆質問一つだけで十分です。なぜなら逆質問は、自分自身が質問の答えを準備できるからです。自分自身が質問の答えを準備できるということは、自分自身の考えを効果的に面接官に伝えることができることになります。

逆質問を準備する際に押さえたいポイントは、ゴールを明確に決めることです。ゴールを明確にすることによって、面接官に「何を・どのように」伝えることが明解になります。

2つめの質問を求められたら

面接官に2つめの質問を求められた際、「大丈夫です。ありがとうございます。入社後のイメージがわきました。」と答えましょう。「大丈夫です。ありがとうございます。」だけだと面接官に「本当は興味がないんだな」と思われてしまい、マイナス評価が下されてしまいます。

そのため2つめの質問を求められた際、質問に答えず、「大丈夫です。ありがとうございます。入社後のイメージがわきました。」と答えるようにしましょう。

どうしても聞きたいことはメールやOB訪問でする

質問をいくつか考えていると、どうしても聞きたいことが出て来ることがありませんか。そのようなときは、メールやOB訪問で質問しましょう。メールやOB訪問での質問は疑問が解消されるだけではなく、的を得た質問や逆質問が用意できます。

OB訪問では現場で働いているOBに会えるため細かなことを質問をすることができ、メールは企業と直接やり取りするため、企業に対して社会人マナー度をアピールすることができます。

逆質問を複数用意すべき3つの理由

面接では不測の事態が起こることが予想できます。面接で起こる不測の事態とは、グループ面接において他の就活生と逆質問が被ること、面接官によって逆質問がマイナス点になること、面接中で自分の強みを十分にアピールできないことがあげられます。

逆質問をいくつか用意することで、グループ面接における被りの防止・面接官に合わせた逆質問ができる・逆質問で強みをアピールすることができます。

目次

グループ面接での被りを防止できる

グループ面接では、他の就活生も逆質問を考えて面接に臨んでいます。そのため、あなたが「この逆質問をしよう」と思っていても、他の就活生が先にあなたがしようとしている逆質問をしてしまうことがあります。

他の就活生があなたがしようとしていた逆質問をしていても、あなたがいくつか逆質問を用意していれば別の逆質問をすることができます。しかし、いくつか逆質問を用意していないと即座に質問を用意しなければならないため、質問が浅くなったり、質問が的を得ていないということがあります。

あなたが有利に面接を乗り切るためには、被りを防止することが必要です。そのためには、逆質問をいくつか用意することが必要不可欠となります。

面接官に合わせた逆質問ができる

面接官には5種類のタイプが存在します。深堀するタイプ・淡々と面接を進めるタイプ・圧迫するタイプ・話しやすいタイプ・雑談のように面接を進めるタイプです。それらのタイプでは効果がある逆質問が異なります。

深堀タイプには自身の経験や想いに焦点を当てた逆質問、淡々と面接を進めるタイプにはキャリアプランに焦点を当てた逆質問、圧迫するタイプには強みに焦点を当てた逆質問、話しやすいタイプには自分自身のことを語ってもらう逆質問、雑談のように面接を進めるタイプには企業理解を深める逆質問が効果的です。

面接中に伝えきれなかった強みをアピールできる

面接では時間が限られているため、話す内容が限られてしまいます。したがって、時間内に自分の強みがアピールしきれないということがあります。その場合、自分の強みを逆質問で面接官に伝えることでアピールすることができます。

面接官のタイプによっても自分の強みの伝え方が異なります。深堀タイプには自分の経験、淡々と面接を進めるタイプには資格やスキル、圧迫するタイプには実績や実力、話しやすいタイプには自分のモットー、雑談のように面接を進めるタイプにはやる気です。

自分の強みをアピールすることを目的とした逆質問は、面接を有利に進めるためにも欠かせません。そのため、いくつか用意しておくと良いでしょう。

逆質問例をジャンル別に紹介

逆質問には好印象を与えるものがあります。好印象を与える逆質問は、志望度を伝える、面接中に伝えきれなかった強みを話す、企業理解を深める、面接官について聞くことです。

では、いったいどのような逆質問が好印象を与えるのでしょうか。ここでは、志望度を伝える、面接中に伝えきれなかった強みを話す、企業理解を深める・面接官について聞くことの逆質問例をご紹介していきます。

志望度を伝えたい場合

志望度を伝えたい場合、面接官が入社後のイメージが持てる逆質問が良いでしょう。面接官が入社後のイメージが持てるものは、業務内容・評価制度・どのようにキャリアアップできるかといったものが含まれていることです。このようなものが含まれていると、面接官にあなたの志望度を効果的に伝えることができます。

逆質問例

  • 「入社後、業務に携わることに要する期間はどの程度でしょうか?入社後はどの程度研修があり、どのようなプロセスを経るのでしょうか?」
  • 「リーダーやマネージャーとして活躍するためには、どのようなスキルが必要ですか?また御社の人事評価制度を具体的に教えていただけないでしょうか?」

面接中に伝えきれなかった強みを話す場合

面接中に伝えきれなかった強みを話す場合、面接官に謙虚に強みをアピールしつつ志望度もアピールできる逆質問が良いでしょう。面接官に謙虚に強みをアピールできるものは「強みを活かしたいのですが」、「御社の業務で強みを活かす場合、どのような能力を身に付けることが良いのでしょうか?」、「何を勉強すれば良いのでしょうか?」といったものです。

逆質問例

  • 資格を取得している場合:「このスキルを御社の業務で活かす場合、御社ではどのような能力を身に付けると良いのでしょうか?」
  • 強みの場合:「この得意なことを御社の業務で発揮するためには、どのような努力をし、何か勉強すれば良いのでしょうか?」

企業理解を深めたい場合

企業理解を深めることを目的とした逆質問では、面接官が答えにくいものがあります。そのため、企業理解を深めたい場合は面接官が答えやすい逆質問が良いでしょう。面接官が答えやすいものは、企業の強み・弱み、企業のビジョン、企業の理念に基づいた具体的な取り組みといったものです。

逆質問例

  • 「御社の企業理念に基づいた具体的な取り組みは何でしょうか?」
  • 「御社の強みと弱みは何でしょうか?」
  • 「御社に将来性を感じております。御社のビジョンについて教えていただけないでしょうか?」
  • 「御社しか生み出せない付加価値はなんでしょうか。また付加価値を強めるためにどのような取り組みを行っていますか?」

面接官について聞く場合

面接官に自分自身について話してもらうことで、キャリアの参考になるだけでなく、気持ちよく面接を終えることで良い印象を与えられます。面接官について聞く場合、面接官のキャリア・経験・考え、もしくは面接での経験・面接での洞察・面接における考え方に焦点を当てたものが良いでしょう。

逆質問例

  • 「お伺いしたいのですが、仕事で嬉しかったことはなんでしょうか?」
  • 「仕事でキャリア形成につながったことはなんでしょうか?」
  • 「個人的にご質問いたします。現状で企業が抱えている課題はなんでしょうか?」
  • 「今まで面接を行ってきた中で、入社後に活躍している人の共通点を教えてください」

逆質問で意識すべき3つのポイント

逆質問は面接官への質問力のアピール機会にもなり、面接官は自社の魅力アピール機会にもなります。そんな逆質問を活用して、より面接官にアピールして、より面接官に好印象を残すためには逆質問で意識するべきポイントがあります。

逆質問で意識するポイントは、オープンクエスチョンで自由に話してもらう・メモを取りながら面接官の話しを聞く・面接官の話を深堀することの3つです。

オープンクエスチョンで自由に話してもらう 

逆質問はオープンクエスチョンで行うことを意識しましょう。オープンクエスチョンとは相手が自由に返答できる質問のことです。質問事項に、いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのようにという疑問符を盛り込むことで相手が自由に返答できるようになります。

相手が自由に返答できる質問のメリット

  • 相手の考えを具体的に知ることができる
  • 会話が広がることでコミュニケーションが円滑になる
  • 自分が伝えたいことを明確に伝えられる
  • 相手の考えを深めることができる

この質問技法を活用することで、面接官にコミュニケーション力をアピールすることができ、印象を強く残すことができます。

メモを取りながら聞く

逆質問をした際には、メモを取りながら面接官の話しを聞きましょう。なぜならメモの取り方にはマナーがあり、メモを取りながら聞くことで面接官に礼儀の良さをアピールすることができるからです。

マナー

  • 面接の前半ではメモをしない
  • メモをしても良いのは、労働条件・就業規則・逆質問のときだけ
  • 必要最低限のこと以外メモをしない

マナーを守らないと面接官に、マイナス評価を下されてしまいます。しかし、マナーを守っていると面接官に、マナーがある・しっかりしていると思われます。それによって面接が評価されるため、面接で有利になります。

面接官の話を深掘りする

逆質問では、面接官の話を深堀りする質問をしましょう。面接官の話を深堀する質問は、面接官の価値観を引き出す質問でもあります。面接官の価値観を引き出すためには、話の核心となる部分について具体的に聞くことが必要です。価値観を引き出すことができれば、相手の価値観を深められる・相手が違う価値観を受け入れる幅を広げられることができます。

面接官の価値観を深められた場合、あるいは違う価値観を受け入れられる幅を広げられた場合、相手はあなたの価値観を受け入れ、興味と感心を抱き、強い印象を残します。そのため面接官の話を深堀する逆質問によって、面接はあなたに優勢になり、面接通過率もあがるでしょう。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか。今回は逆質問について解説しました。逆質問は一つで十分ですが、不測の事態に備えていくつか用意しておくことがおすすめです。逆質問をいくつか用意する際は、逆質問例を参考に面接官のタイプごとが良いでしょう。逆質問はオープンクエスチョンで、逆質問でメモを取る際にはメモのマナーを守って必要最小限のことをメモを取ることがおすすめです。

面接対策もバッチリ!徹底した就活サポートをしてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

第一希望の企業には確実に合格したい。でも、面接がどうしても苦手・・・。

早く不安な状態から脱するためにも確実に複数の会社から内定を獲得しておきたい。そのためにも面接対策は徹底しておきたい。。

就活を進めるにあたって、面接って特に対策が難しくて不安ですよね。

そういう学生は、面接対策をがっつり行ってくれる手厚いサポートが受けられる就活エージェントを活用しておきましょう。

もちろん事前の対策をしたから必ず大丈夫!というわけではないですが、とはいえ社会人経験もない学生からすれば、どんなことが企業から評価されるかなかなか想像しづらい部分もあるはずです。

そういったポイントをうまくカバーできるように就活サポートをうまく活用しておくことをお勧めします!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

適正診断面接対策で自分に合った企業を選択できます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【面接対策後の内定率1.39倍!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • 手厚い面接際策サポートが欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

手厚いサポートを受けて、自分に合った企業をしっかり見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次