「内定がある」と嘘をつくのはアリか!?

内定に関しては2つの嘘があり、面接中に内定の有無に関わらず、「内定がある」と答える場合と、第一志望先と伝えている企業への内定辞退の場合です。また、その場合の嘘はばれるのでしょうか。その実態とそれぞれのパターンでどのように対応するのが好ましいのか紹介していきます。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

内定に関する嘘には2つのパターンがある

就活中には場面場面で、「内定」に関して嘘をつく場合があります。

就活をする際に最初から最後まで全てを正直に話してきた人はほとんどいないでしょう。それほど時には嘘も必要になってきます。

大きく分けて面接中につく嘘と、内定辞退の際につく嘘とがあります。パターン別で考えていきましょう。

パターン①|「他社の内定がある」と嘘をつく場合

面接官に他企業の面接の進行具合や、内定の有無を聞かれることも少なくありません。

どのように答えるのがいいのでしょうか。内定のがないにも関わらず、「他社の内定がある」と答えたパターンを想定しましょう。

「他社の内定がある」と嘘をつく理由

実際内定がなかったとしても「内定がある」と嘘をついてしまうことがあります。

なぜなら、自分の中で「内定がない=市場価値がない=この面接に落ちる」というネガティブな方程式ができあがっているからです。

本当にそれは正しいのでしょうか。まずはなぜ面接官が内定の保持を聞きたがるのか意図をくみ取りましょう。

面接官が他社の選考状況を聞く意図

面接官はなぜ内定の有無や他社の選考状況、面接段階を聞いてくるのでしょうか?

それには企業側が採用する際のメリットとして、大きく二つの意図があります。以下で紹介していきます。

目次

意図①|自社に来てくれるか見極めたい

企業にもよりますが「売り手市場」と呼ばれている現在、採用担当者は「採用人数」や「内定辞退率」等で数字を任されていることが多く、これを想定より下回ると担当者の責任になるので、なるべく数字をよくしたいのが本音です。

また、「他業種への内定をもらっている」と答えられた場合、就活姿勢の一貫性を確認し、自社への本気度や、本当の第一志望業界を知りたいという関心もあります。

総じていえるのは、本当に自社に来てもらえるのか確かめたい というのが、企業側の意図の一つになります。

意図②|優秀な人材か見極めたい

どの企業も採用担当者にその道のプロを配置しているわけではありません。他社の選考が進んでいる、あるいは内定までもらっていれば、学生の評価に箔が付きますので、ある程度の参考基準としたいという考えがあります。

また、ライバル企業や有名同業種からの内定ないし選考状況の進みがあるということは、自社で採用した際に”失敗”するリスクも低くなります。

他社の内定や選考基準を確認することで、それを参考に志望者が自業界にとって優秀な人材か判断の材料としたい、という思惑が二つ目の意図になります。

「他社の内定がある」という嘘はバレるのか

就活をしている方の関心ごととして、「他社の内定がある」という嘘はばれているのかどうか、というところがあります。

実際のところどうなのでしょうか。

結論をいってしまうと、確認のしようがないため周りからばれることはないといえます。

企業が他社に問い合わせることはない

企業側から他社に問い合わせることはありません。たとえ問い合わせたとしても、他社側からすると個人情報を漏えいさせることになるので、決して答えることはしません。

またその他にも、他社にとっても大切な応募者の情報を流すというのはリスクであり、メリットにならないので必ずと言っていいほど周りの企業からの問い合わせに対する返答をすることはありません。

回答する学生の様子から真偽を判断する

直接的な証拠で判断されることはありませんが、面接中の受け応えから判断される可能性はあります。

全ての面接官は、学生が就活をするうえで、本音と建て前を使い分けていることを重々承知して面接をしています。

面接官の主観にはなりますが、「この学生は嘘をついているな」と思われた時点でばれているようなものだと思ってください。嘘がばれた時はデメリットの方が多いと考えてください。

あなたが面接官なら、バレバレの嘘で見栄を張る学生をとりたいと思うでしょうか。もし嘘をつくなら、面接官は初めからすべての質問に対して疑ってきていることを念頭において、綿密に練って答えるのが無難です。

内定がある場合の答え方

他社に実際に内定がある場合、伝えた方がよいメリットがあります。

では、実際に他社の内定がある場合の答え方を紹介します。

正直に伝えた方が良い

正直に「内定がある」と伝えることで、他社も評価している人材だということで、より学生に対する信頼が高まります。

また、前述通り嘘をついてばれてしまい、面接官に対する信頼感を下げてしまい印象が悪くなることを考えても、正直に伝えた方が良いと言えます。

正直に答えることで、少なくともデメリットが生まれにくいと言えます。

根拠を交えて第一志望だと伝える

面接官の関心事は2つあります。それは学生の優秀さと当社への志望度です。このうち、優秀さは他社に内定があることで伝えることができています。

ここでの懸念は、志望度です。だからこそ、単にマニュアル通りに第一志望であることを伝えるより、社風や事業内容を比較した上で、具体的な理由を添えて第一志望と伝えることが重要です。

そうすることで、面接官は、自社への志望度が高いと判断し、内定に近づくことができます。

内定がない場合の答え方

では実際に他社に内定がない場合はどのように答えればいいのでしょうか。

内定がない場合は正直にその旨を伝えることが良いでしょう。その根拠をご紹介します。

「他社の内定がある」と嘘をつく必要はない

実際に内定がない場合、自分自身の面接内容や自己分析にまだ問題がある場合もあります。それは面接官も感じているはずです。それなのに「内定がある」と言い切ってしまうと、面接官によっては違和感を抱く人もいます。

また、面接官が当質問を投げかけてくる理由として、「本当に自社に来てくれるのか見極めたい」という意図もある、とご紹介しました。

ですので逆に内定がないと正直に答えることで、内定を出したら自社に来てくれる可能性の高い学生と感じてもらえるメリットもあります。

内定がないのは普通のこと

内定がないからといって焦って嘘をついてしまう方もいるかもしれません。しかし内定がないのはそんなに珍しいことではありません。次のデータをご覧ください。下記リンク先の 株式会社ディスコ による学生調査のうち「7/1確定版」といった調査データには、平均内定社数は2.2社とあります。

就職活動では1人で複数社の内定を取る人もいるため、実質的には1人1社が多数派を占めることが分かります。つまり、「内定がない」と答えるのは至極自然なことで、だからといって面接官の評価が下がることはほぼあり得ません。

パターン②|第一志望と言った内定先を辞退する場合

就活を進めていくうえでいくつか内定がでて、実際に行く会社以外には断りの連絡をいれなければなりません。

その中には「御社が第一志望です」と伝えていた会社もあったでしょう。それを辞退するということは、嘘をついていたことがばれるということですが、何も気にすることはありません。

第一志望と嘘をついた内定先を辞退しても良い理由

嘘をついて第一志望といった会社の内定辞退をすることで罪悪感を感じられる方もいるかもしれませんが、あらゆる企業において学生からの内定辞退の申し出は普通の事と考えておくといいでしょう。

なぜ嘘をついて受かった内定先を辞退してもよいのでしょうか。それには2つの理由があります。

企業も内定辞退を想定している

2017/11/13付の産経ニュースの記事です。これによると、 企業の内定を得た学生のうち、内定を辞退した割合を示す「内定辞退率」が64・6%となっていることがわかります。

このようなこれまでの「内定辞退率」のデータから、企業側も学生が一定数内定辞退をしてくることは想定済みです。

また、それを見込んで多くの学生に内定をだしている企業もあるくらいです。

就職は人生で最大の決断のひとつ

就職先を探すというのは自分でお金を稼いで生きていく道を探すこと、つまり、自分の人生の生き方を探すということです。

学生時代と違って、入社して定年まで働くとすると40年間近くその会社にいることになります。今や転職も珍しくない時代とはいえ、新卒入社という枠は人生で一回きりです。

このように就職という人生の大きな決断は、最終的には自分がどうしたいかで決めるべきであって、「嘘をついてまで内定をもらった先に悪いから…」という理由で入社を決めるのはおすすめしません。

まとめ

就活をするうえで、「他社の内定がある」と嘘をつく場合と、「第一志望先といっていた内定先を辞退する」ときに嘘をつく場合があります。

状況によってついた方が良い嘘とそうでない嘘がありますが、どちらにせよ、就職という人生で最大のターニングポイントを自分の納得のいく形で通過することが目標と言えます。

面接対策もバッチリ!徹底した就活サポートをしてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

第一希望の企業には確実に合格したい。でも、面接がどうしても苦手・・・。

早く不安な状態から脱するためにも確実に複数の会社から内定を獲得しておきたい。そのためにも面接対策は徹底しておきたい。。

就活を進めるにあたって、面接って特に対策が難しくて不安ですよね。

そういう学生は、面接対策をがっつり行ってくれる手厚いサポートが受けられる就活エージェントを活用しておきましょう。

もちろん事前の対策をしたから必ず大丈夫!というわけではないですが、とはいえ社会人経験もない学生からすれば、どんなことが企業から評価されるかなかなか想像しづらい部分もあるはずです。

そういったポイントをうまくカバーできるように就活サポートをうまく活用しておくことをお勧めします!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

適正診断面接対策で自分に合った企業を選択できます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【面接対策後の内定率1.39倍!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • 手厚い面接際策サポートが欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

手厚いサポートを受けて、自分に合った企業をしっかり見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる