精神的な疲れで仕事を休みたいときはどうする?|その日にすべきことや今後の対処法を徹底解説!

精神的に疲れた時、限界が来る前に仕事を休みたいと感じると思われます。しかし、仕事をしばらく休みたいと考えても、発疹や歯が痛いというのは理由にならず、休みがちでクビになるのも気がかりだと考えられます。本記事では、まず精神的につらい時の休みの意味、休みたい時にすべきことやその他の理由を解説致します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

精神的につらい時には休みを取ることも大切

精神的に疲弊しているけれども、仕事をどうしても休めなくて無理に働かなければならないと悩んでいる人は大勢いらっしゃいます。

仕事の状況で、どうしても休めないケースもありますが、精神的につらい時には休みを取ることも大切なので、本見出しでは2つのポイントを解説致します。

目次

無理して出勤したらどうなるか

1つ目のポイントは、無理して出勤したらどうなるかというもので、結論としては自分自身がより辛い思いをするだけでなく、仕事でもマイナスな結果に繋がることが懸念されます。

体が疲弊していると、いつもより注意が散漫になったり思考が上手く回らなかったりして、通常とは異なるミスをしやすいと考えられます。

さらにつらさが増す

精神的な疲れを感じるということは、体がSOSを発しており休まなければならない状態にあると考えられます。

しかし、仕事を頑張らなければならないという理由で、無理に働いてしまうと目や肩により一層の痛みを感じたり、更なる精神的な疲労に苛まれることが想定されます。

無理に働いても、体が回復するまでにより一層の休息時間を要することに繋がるため、精神的に疲れを感じた場合にはできるだけ速やかに、休みを取ることが推奨されます。

集中力が欠けて仕事にミスが起こりやすい

仕事を無理にしていると、普段よりも集中力が欠けて仕事にミスが起こりやすいので、以下のような予期せぬ事態を招いてしまい、更に精神的な疲労を感じることになり得ると言えます。

  • 普段とは違うミスをして先輩や上司から注意される
  • グループや部門レベルでの大きな損失をもたらす
  • 取引先や顧客からクレームを受けてしまう

このように、いつもよりも注意力が散漫な状態で仕事をしていても、結果としてより多くの仕事を行うことになりかねないため、我慢をして働くべきではありません。

休むことは悪いことではない

2つ目のポイントは、休むことは悪いことではないので、保持している年休を上手に活用して年に数回はリフレッシュも兼ねて休みを取るとよいでしょう。

  • 日常環境から離れて気分転換になる
  • 自己研鑽を積んでより優れたパフォーマンスを発揮できる
  • 違う環境で自分を見つめ直すきっかけを得られる

休みを取る際、先輩や上司の顔色を伺いがちな方もいらっしゃいますが、年休とは「休みを取ることを邪魔されない権利」と労働法で定められています。

年に数回程度の休みを利用して、仕事の効率を高められるように心がけましょう。

精神的に仕事を休みたいと思ったときにすべきこと

上述の見出しにて、精神的な疲労を感じている際には無理をして働くよりも、休みを取るべきだとご説明致しました。

では、実際に休みを取りたいと感じた場合には何をすべきかと感じた方もいらっしゃると思います。

そこでこちらの見出しでは、精神的に休みを取りたいと思ったときにすべきことを3つご紹介致します。

上司・会社に始業前に連絡する

1つ目に、上司・会社に始業時間前に連絡することであり、抑えるべきポイントとしては大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  • 連絡手段: メール、或いは電話にて行う
  • 連絡時間: 前日までが望ましいが、当日の場合は始業時間前に行う

仕事を休む場合、その仕事を代わりの誰かが急遽行わなければならないこともあるため、できるだけ余裕をもって連絡をしておくべきと考えられます。

また、休みの連絡をする際には最低2人以上に連絡をしておいた方が、後で連絡漏れの問題に繋がりにくいと言えます。

引継ぎ事項などがあれば伝える

2つ目に、引継ぎ事項などがあれば伝えることであり、これは会社組織で働く1人の社員として最も重要なマナーとなります。

  • 現状として、自分がどこまで行ったのか
  • 何の仕事をいつまでに誰と行わなければならないか
  • 今後の流れとして、注意しておくべきポイントは何か

例えば、以上のポイントを押さえて報告をすれば、スムーズに引継ぎを行うことができるため、急遽会社を休んでも仕事が滞る懸念は少なくなります。

仮に引継ぎを忘れてしまうと、問題が大きくなって対処しにくくなることもあるので、休み連絡と引継ぎは一緒に行うと良いでしょう。

休む理由を考える

3つ目に、休む理由を考えることであり、一般的には以下のような理由を述べることが良いと考えられますが、状況に応じて理由を変えても問題はないと言えます。

休暇の理由は、年休の取得に際して必ず行う必要はありませんが、上司と部下という関係性を良好にしておくために、一言添えると良いでしょう。

①体調不良

1つ目の理由は体調不良であり、以下のように精神的な体調不良と肉体的な体調不良で、大まかに状況を述べることが推奨されます。

  • 精神的: 寝つきが悪く、思い悩んで休めていない
  • 肉体的: 38度の熱があり、頭痛と喉の痛みがひどい

体調不良がある場合、体を休めることで回復に繋がるため、無理をして仕事に来るよう言われることはあまりなく、休みの理由としては最も適していると考えられます。

ただし、頻繁に体調不良があると心配をされたり疑われることもあるため、気を付けて伝えることが良いでしょう。

②家庭の事情

2つ目の理由は家庭の事情であり、時間がある際に詳しく説明をしておくことで、状況を理解してもらえるため説得力があると考えられます。

  • 両親の介護や通院
  • 子供の体調不良
  • 親戚の冠婚葬祭

例えば、これらの理由を明確に述べることで、休みを取らざるを得ない家庭の事情だとわかるので、仕事の引継ぎなどもスムーズに行えると言えます。

既婚者の先輩や上司であれば、同様の経験を積んでいるため業務量を配慮してくれるケースもあり、休みの理由として適していると考えられます。

③私用

3つ目の理由は私用であり、こちらも曖昧に伝えるよりは以下のように補足情報を提供することが、より良いと推奨されます。

  • 運転免許の更新など平日が望ましいもの
  • 税金や法律など専門機関への相談を伴うもの
  • 市役所など土日では対応していないもの

私用と言っても、会社の人事部から提出が求められている資料を取りに行くのであれば、業務に付随しているので、休みを取る必要があるとみなされます。

細かく伝えなければならないわけではないですが、相手の理解を手助けする意味も兼ねてどのような私用かを簡単に伝えるべきだと考えられます。

正直に上司に精神的な疲れだと相談するのもあり

以上3つの理由とは別で、正直に上司に精神的な疲れだと相談するのもありだと考えられます。

労働法では、管理職についている者に対して、雇用環境を保全して労働者に対して注意を払うことが義務付けられており、必要に応じて業務分担を変えることも求められています。

精神的な疲れがあると述べることで、仕事とのバランスが取れるように配慮してもらえると期待されるので、我慢をせずに述べることも手段の1つだと言えます。

精神的な疲れで仕事を休みたい人がすべきこと

上述の見出しにて、精神的な疲れで仕事を休みたい場合の手順をご理解頂けたかと思いますが、根本的な解決に向けてどのような対策を取るべきなのでしょうか。

本見出しでは、精神的な疲れで仕事を休みたい人がすべきこととして、4つのポイントをご紹介致しますので、解決に向けてご活用ください。

精神的な疲れの原因を考えてみる

1つ目のポイントは、精神的な疲れの原因を考えてみることです。精神的な疲れとは、仕事にかかわる何かが問題となっており、その原因を特定することが第一ステップとなります。

  • 職場の人間関係で気を使っている
  • 取引先やお客さんから毎日文句を言われている
  • 通勤ラッシュが酷くてストレスがかかる

例えば、これらの原因に思い当たる場合、日々ストレスが蓄積されており、根本的な解決をすることが不可欠だと考えられます。

原因がわからない方は、まず自分自身が嫌だと感じることを書き出して、それに付随する要因を考えてみてはいかがでしょうか。

行動や考え方で解決できるか考えてみる

2つ目のポイントは、行動や考え方で解決できるか考えてみることです。外部要因で精神的に疲れている場合、まずは自分自身の行動や考え方を変える必要性があります。

  • 会話の頻度を増やして相互理解を深める
  • ビジネス本を読みポジティブな思考を取り入れる

これらは、周囲の人や環境が変えられないとしても、自らが変わることで精神的なストレスを軽減したり解決するのに役立つと言えます。

精神的な疲労という壁を乗り越えるつもりで、まずは自分の行動と考え方を振り返ってみると良いでしょう。

誰かに相談してみる

4つ目のポイントは、誰かに相談してみることであり、候補としては以下のような人が考えられます。

  • 家族や特に親しい友人
  • 職場で信頼する先輩や同期
  • 精神科医やカウンセラー

精神的な疲れは、誰かに相談をすることで多少軽減されるだけでなく、自分が気づいていなかった問題を把握し、解決するための糸口に繋がることも多々あります。

もし現職が辞めにくいのであれば、退職代行というサービスを利用するのも1つの手段です。今回ご紹介する退職代行ガーディアンとは、東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。 退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としています。気になった方は、まずこちらからチェックしてみてください。

うつ病の症状が出ていないかチェックする

4つ目のポイントは、うつ病の症状が出ていないかチェックすることであり、具体的には以下の項目に該当しているか否かを確認することが求められます。

  • 抑打つ気分(憂うつ、気分が重い)
  • 何をしても楽しくないし、興味もわかない
  • 疲れているのに眠れない
  • イライラして何かに急き立てられている気分である
  • 自分には価値がないと感じる

これらは、 厚生労働省が告知しているうつ病のサインであり、症状の重さによっては一定期間の休養を取って、治療を受けることが必要となります。

  • うつ病の休養期間と延長の可否
  • うつ病期間中の手当てと給料
  • うつ病の休職期間の過ごし方

以下の記事では、上述のポイントを中心としてうつ病で休職をする際に知っておきたいことを解説しておりますので、ぜひご参照ください。

記事に飛ぶ

解決できない精神的な疲れはどうすべきか

前述の見出しにて、精神的な疲れで休みたい人は4つの手順を踏むべきだとご紹介致しましたが、それでも解決ができないケースも考えられます。

そこでこちらの見出しでは、解決できない精神的な疲れはどうすべきかを考える視点として、2つのポイントをご紹介致しますので、ぜひご一読ください。

転職・退職する

1つ目のポイントは、現在の会社を辞職して転職・退職することです。会社で働くことは、仕事のやりがいと経済的豊かさをもたらしますが、健康を犠牲にするべきではありません。

例えば、リクナビNEXTやdodaといった、大手人材会社が転職エージェントを務めるサイトでは、求職者一人一人のニーズに合わせて転職の支援を行っております。

また、転職先が決まった後に再び会社へ出社することが嫌な方は、退職代行サービスを提供するEXITを利用することで、退職手続きを委託して行ってもらうこともできます。

休職する

2つ目のポイントは、一時的な休養を取るために休職をすることです。休職とは、会社に在籍をしながらも、業務をせずに休むための制度となります。

  • 休職申請をするための手続き
  • 休職中の給与や手当の扱い
  • 休職中の過ごし方や注意点
  • 休職から復帰する際のポイント

以下の記事では、仕事がつらくて休職を検討中の方に対して、このような内容を解説しておりますので、精神的な疲れが解決しない場合はぜひご活用ください。

記事に飛ぶ

上記の内部リンクの訴求分を記述してください。

精神的な疲れ以外にも休みたいときはある

ここまで、精神的な疲れを理由として仕事を休むポイントをご紹介して参りましたが、肉体的な理由で仕事を休みたいと考えるケースも多々あると言えます。

そこで、こちらの見出しでは本記事の締めくくりとして、精神的な疲れ以外にも休みたいケースを5つご紹介致します。

生理痛

1つ目のケースは生理痛であり、多くの女性は毎月生理痛に悩まされていると考えられます。

生理痛がひどい場合、吐き気や頭痛で仕事どころではないと言えますが、男性の上司にはなかなか相談がし辛いため、診察を受けてその結果を提示することが良いと考えられます。

直接仕事を休みたいと伝えにくい場合は、人事部など女性が多くまた業務環境の改善に手助けをしてくれる人へ相談をして、生理痛が和らぐまで家で休むようにしましょう。

つわり

2つ目のケースはつわりであり、こちらも女性特有の悩みであるため、働ける状況でないことを伝えて、早退や休暇をとれるよう手配してもらうことが推奨されます。

多くの会社では、出産予定日前から一定期間の間産休を取ることができますが、つわりがひどい場合には我慢をせず、経験者の先輩社員へ相談するなどして休みをとりましょう。

仕事を休めた場合、無理に在宅勤務をするのではなく、体を労わることが推奨されます。

歯の痛み

3つ目のケースは歯の痛みであり、虫歯や親知らずの抜歯など、診察結果に応じて治療するために休みを取ることが必要となります。

会社によっては、毎年の健康診断にて歯の診察を受けられますが、それとは別に歯の痛みがひどい場合には、できるだけ早く休みを取り歯医者で診察を受けることが求められます。

湿疹

4つ目のケースは湿疹であり、皮膚がアレルギー反応を起こしている場合と、仕事のストレスで湿疹ができてしまっている2つの場合が考えられます。

湿疹は、我慢をしていると痒みや痛みがひどくなってくるため、早退や休暇を要請してできるだけ早く病院へ行き、薬を処方してもらってから仕事に復帰すると良いでしょう。

旅行

5つ目のケースは旅行であり、あらかじめ計画的に年休を取得するなどしておくことで、旅行に行く際もめることなく休暇を取ることができると考えられます。

  • 旅行へ行く前に担当する業務を片付けておく
  • 旅行休暇中の引継ぎを行い、問題の発生を防止する
  • 旅行先でお土産を買い配慮への感謝を伝える

旅行は、それ以外の理由とは異なり必ずしも休暇を取らなければならないわけではないため、上述のような手順に沿って、一緒に働く人への配慮をすることが良いと考えられます。

まとめ

本記事では、まずはじめに休みを精神的につらい時にとる重要性と、休みたい時にはどうすべきかをご説明致しました。また、精神的な疲れで休みたい人がすべきことや、精神的な疲れを解決できない場合の対処法もお伝えしました。

人生は仕事が全てではないため、無理のない範囲で体調管理を心がけてはいかがでしょうか。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる