ブラック企業偏差値とは!?高偏差値ブラック企業の特徴と見抜き方を解説!

近年、社員を大事にしなかったり職場環境が悪いブラック企業が増えています。そんなブラック企業のレベルを評価するのが、ブラック企業偏差値です。今回は、そんなブラック企業の特徴や判断基準をお伝えします。長期的に働き続けることができない、ブラック企業に就職することが無いよう気を付けましょう。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

ブラック企業偏差値とは

ブラック企業偏差値とは、その企業がどれだけ好ましくない企業かを示す指標です。しかし、ブラック企業偏差値とは造語であり、定義が明確になっているわけではありません。

以下では、そもそもブラック企業とは何か。また、ブラック企業に対して社会がどのようなイメージを抱いているのかを説明していきます。

目次

ブラック企業に明確な定義はない

ブラック企業とは、一般的に新興産業において若者を大量採用し、過重労働やパワハラで使いつぶして離職に追い込む成長大企業です。しかし、そもそも明確な定義はありません。

厚労省の見解によると、以下に当てはまるとブラック企業とみなされるとしています。いずれも、職場環境や管理レベルの低さを示す内容であると言えます。

  • 長時間勤務や過度なノルマ
  • 低いコンプライアンス意識
  • 労働者に対する差別の横行

これら3つに当てはまる場合、ブラック企業であると判断できます。働いている企業がどうなのかを確認してみましょう。

ブラック企業問題に社会的関心が高まっている

過労死や長時間労働の顕在化により、ブラック企業問題に社会の関心が高まっています。厚生労働省をはじめとして、社会全体でこれらの企業へ改善要求する動きが活発化しています。

厚生労働省が公表している「労働基準法令違反に係る公表事案」では驚くべきことにブラック企業一覧が提示されています。

このように、社会全体でブラック企業の存在を良しとしない風潮があるといえます。社会からの関心が集中することで、ブラック企業はそれまでのやり方を変えざるを得えなくなります。

ブラック企業偏差値の高い企業一覧

以下は、ブラック企業偏差値が高い企業の一覧です。

出典:ブラック企業就職偏差値ランキング

ブラック企業偏差値の高い企業の特徴

そもそも、ブラック企業はなぜそのような名前を付けられてしまうのでしょうか。一般的に、ブラック企業は労働時間、勤務形態やノルマがきついため、従業員が疲弊してしまいます。

言い換えると、働いている従業員を大切にしていないというのがブラック企業の特徴です。

特徴①|長時間労働

ブラック企業の1つ目の特徴は、長時間労働です。通常、労働基準法では規定労働時間がおよそ7時間から8時間と定められています。一方で、ブラック企業は労働時間がより長いです。

例えば、ホテルや外食業界を含むサービス業界。また、医療業界は労働時間が長いです。通常の勤務時間だけでは仕事が終わらず、従業員は残業をせざるを得ない勤務内容だからです。

したがって、サービス業界や医療業界はブラック企業の特徴を有していると言えます。いずれも、社会を支える重要な業界であるので労働環境の改善が必要とされます。

特徴②|休日出勤がある

ブラック企業の2つ目の特徴は、休日出勤があるです。労働時間と同様に、従業員の休日は法律で定められています。しかし、ブラック企業では休日も働かなければなりません。

例えば、旅行業界や医療業界では土日の休日どちらか、もしくはその両方が勤務日です。一般の人が休日とする日でも勤務が必要なため、休日出勤を行わざるを得ない状況なのです。

当然ながら、休日出勤を従業員に貸す場合有休も付与されます。厚生労働省作成の労働基準法39条に関するリーフレットでは、有給付与日数の条件が記載されてあります。仕事を続けるには、適度な休息が不可欠です。

特徴③|ノルマが辛い

ブラック企業の3つ目の特徴は、ノルマが辛いことです。一般的に、従業員に課せられているノルマは達成可能なレベルです。しかし、ブラック企業ではノルマが異常に大変です。

例えば、証券業界、地方銀行や不動産業界ではノルマが辛いと言われています。いずれも、業務において一定のノルマをクリアすることが強いられるため、ブラック企業と言われます。

日本郵便における営業ノルマの問題に関する記事をご覧下さい。
会社から過度なノルマを課されたことで、従業員が自腹を払ってでも達成せざるを得ない状況という問題も実際にありました。

特徴④|飲み会や接待が辛い

ブラック企業の4つ目の特徴は、飲み会や接待が辛いことです。本来であれば、飲み会や接待は業務時間外において人間関係を広めたり、交流を深める楽しいイベントであるはずです。

しかしながら、広告、メディアや商社においては飲み会や接待が辛いと言われています。それは、若手社員にとって飲み会や接待が過度なストレスに繋がる大変なイベントだからです。

楽しいはずの飲み会や接待が、逆に辛いイベントとなってしまっては本末転倒です。このような状況の業界は、実態を良く踏まえた上で改善をしていくことが求められます。

上記は、コンサル業界の紹介です。能力主義で、合理的なコンサル業界はこのような悩みとは無縁です。

また、以下の記事ではブラック企業の診断方法についてより詳しく解説しています。チェックリストも掲載されていますので、興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

記事に飛ぶ

ブラック企業を回避する為の判断基準

ブラック企業の社名が公表されていますが、回避するための判断基準もあります。ブラック企業の特徴があるかを確認することで、そのような企業への就職を回避することができます。

求人広告から見抜く

ブラック企業か否かを判断する基準の1つ目は、求人広告から見抜く方法です。ブラック企業では、慢性的に従業員が足りていないため常に求人広告が出されている特徴があります。

通常、求人広告はその掲載期間や内容に応じて費用が異なります。会社側は、求人広告費として人材会社にお金を支払わなければならないため、求人広告がいつもあるのは不自然です。

そのため、そのようなブラック企業の求人広告をチェックすると以下の3点が挙げられます。

常に求人を募集している

1つ目は、常に求人を募集している。これは、端的に言うと人手不足です。労働環境、勤務時間や人間関係が悪いので、従業員がすぐに辞めてしまうという状況を物語っています。

このような状況のブラック企業では、採用をされたとしても長く勤務することは期待できません。結果として、精神か肉体が参ってしまうので結果として辞めざるを得ないからです。

上記のツイートは、常に求人をしている企業に勤める従業員の本音です。中小企業にも関わらず、求人条件と実際の要求レベルが違います。そのため、採用された人が長く働けずに辞めてしまっていると指摘しています。

「アットホームな社風」で誤魔化す

2つ目は、アットホームな社風で誤魔化すです。アットホームな社風とは、まるで社員同士の中が良くまた企業が社員を大事にしている印象を受けます。しかし、実態は真逆です。

アットホームな社風を売り込んでいるブラック企業は、社員をとにかく働かせます。働くことが美徳、もしくは長時間勤務は自己成長といった概念を社員に植え付けているのです。

上記のツイートは、実際にブラック企業で働いたことがある方のコメントです。ブラック企業の特徴をいくつか提示している中、アットホームな社風も含まれています。まるで、休日労働をさせるためのようです。

人手不足の結果「若手が活躍!」

3つ目は、人手不足の結果「若手が活躍!」というアピールです。本来であれば、社員の年齢層はそれぞれの年齢に分散されています。それは採用と勤続年数が、一定だからです。

これに対して、極端な人手不足の場合、中堅社員やベテラン社員がいません。なぜなら、彼らはブラック企業で働き続けなくても良い職歴があるため、辞めてしまっているからです。

上記のツイートでは、若手が活躍とは中堅社員になれない職務環境であると指摘しています。本来ならば、順当にキャリアを積み重ねて若手から中堅社員になれるはずです。しかし、ブラック企業では中堅社員がいません。

契約内容から見抜く

ブラック企業か否かを判断する基準の2つ目は、契約内容から見抜くです。契約内容とは、従業員と会社側で締結される労働契約書に記載される、内容を指し示します。

ブラック企業では、この契約内容の中にブラック企業たる特徴が表れています。雇用契約を結ぶ際には、安易にサインをするのではなく必ずその詳細を確認する必要があります。

基本給はしっかりもらえるか

契約内容から見抜く方法の1つ目は、基本給はしっかりもらえるかです。基本給とは、昇給、ボーナス、退職金、残業代等全ての基準になります。いわば、給与の基準額であります。

例えば、給料が同額でも基本給20万と基本給10万+何かの理由で10万では、話が変わります。基本給が20万の場合、他の給与等も20万円を基準にしてそれぞれ計算される仕組みです。

しかし、基本給が10万の場合他の給与等は、単純に比較すると基本給が20万の場合の半額です。そのため、基本給に不自然な条件の付帯等が無く明示されているかが重要なのです。

給料に残業代が含まれていないか

契約内容から見抜く方法の2つ目は、給料に残業代が含まれていないかです。通常、給料とは別に残業代が支払われます。なぜなら、残業代は追加労働に対する特別な給与だからです。

しかしながら、ブラック企業では残業代をあらかじめ給料に加味する、みなし残業を用います。例えば、月40時間までの残業代は給料にあらかじめ含むといった記載内容です。

これは、いわばブラック企業が残業代を支払ないための口実です。そのため、労働契約を確認する際には残業代が給料に含まれているのか、もしくはいないのかを必ず確認しましょう。

交通費などの手当は支給されるか

契約内容から見抜く方法の3つ目は、交通費などの手当は支給されるかです。交通費などの手当は、個々の会社が決められます。そのため、従業員を大事にしているかがわかります。

仮に、交通費は別途支払うという記載がない場合、従業員は自腹で通勤しなければなりません。本来ならば、労働のためにかかる費用として企業が支払うべき費用であります。

そのため、もしも交通費などの手当が契約内容に含まれていない場合、ブラック企業の可能性があります。その会社は、少しでも労務費を減らそうと従業員に負担を強いているからです。

まとめ

ブラック企業とは、労働環境や勤務時間が悪い企業であり改善が必要であるとわかりました。また、社会から是正に向けた要求が高まっており、企業名も明示されている状況です。

ブラック企業の会社名や特徴を参照して、どうすればブラック企業を回避することができるのか検討してみては如何でしょうか。

高年収限定!コンサル・ハイキャリア人材に特化した転職エージェント

ハイキャリア高年収大企業等の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます。

自分の学歴・キャリアではハイクラス転職は難しいんじゃ・・・

そう思う方でもまずは試しに無料登録・キャリア診断を受けてみましょう!

そうすることで今後の希望年収とその実現可能性を客観的に見ることができます。

今より年収を上げたいならまずは登録しておきたい高年収求人専門の転職エージェント!

  1. ビズリーチ年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上!ハイキャリア・年収UPに特化した転職サービス!)
  2. 若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』20代-30代ハイクラス特化した求人からあなたに直接スカウトが届く転職アプリ!)
  3. ミイダス(あなたの現在の適正年収を診断してくれる!)

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは今の年収をあげたい人向けの、高年収求人に特化した転職エージェントです。

30代の転職後の平均年収は840万円、40代は960万円と、かなりの高い水準の実績を持っています。

求人全体でも年収800万円以上の求人が大半を占めており、3分の1以上の求人が年収1000万円以上となっています。

時間をかけてじっくり自分に合った求人を探していくスタイルで、自分のプロフィールや今の年収を登録しておくと、今の条件より好条件でのオファーが届きます。

じっくりと自分に合った企業を見つけていきたいという方はまずはプロフィールから登録しておきましょう!

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』

ビズリーチに登録する方は、20代、30代のハイクラス求人に特化した転職アプリ『VIEW』も並行して登録しておくことがおすすめです。

VIEW』はアプリでハイキャリア転職情報を受け取れる日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

2000人以上の経歴・価値観の情報をもとに自分の特性に合った企業とマッチングをしてくれます。

アプリを無料インストール後、キャリア診断・価値観診断テストを受けるだけで、ハイキャリア求人からオファーを受け取れます。30代以下の方はビズリーチと並行して登録しておくことで、高い確率で転職オファーを受け取れるようになります。

あなたの現在の適正年収を診断してくれる『ミイダス』

そもそも今の自分の学歴・キャリアでどれくらいの年収が望めるのかがわからない・・・

という人は、現在のあなたの経歴から適正年収を割り出してくれるミイダスを活用してみましょう!

7万人の転職データをもとに、あなたのキャリアでどの程度の年収を目指せるのかを診断してくれます。

また、プロフィールも登録しておくとその診断テスト結果の年収に見合った企業から転職オファーがくることもあります。

自分の現在地を知っておくためにも試しに活用しておきましょう!

\5分で終了!/

目次
閉じる