CA(客室乗務員)は顔採用か!?顔採用の噂の理由と真相を徹底解説!

ディクスリプション

テレビドラマなどを観て、CA(客室乗務員)を目指す女子学生は少なくありません。しかしCA(客室乗務員)が顔採用であるという噂を聞き、自信を失くす人もいるようです。そこで今回はCA(客室乗務員)の仕事内容や選考方法、顔採用という噂の真相について、説明します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

CA(客室乗務員)とは

CA(客室乗務員)は「キャビンアテンダント」または「フライトアテンダント」と呼ばれ、旅客機内で乗客に対し様々なサービスを提供する仕事です。女性に人気の職業でもあります。

ここでは、CA(客室乗務員)の仕事内容や選考方法について説明します。

目次

CA(客室乗務員)の仕事内容

CA(客室乗務員)は、お客さまが飛行機に搭乗してから目的地に到着するまでの間に様々な業務を行います。

  • 機内食の提供や新聞・雑誌・毛布の回収、商品販売といった「機内サービス」
  • 天候悪化時の機内における安全確保や、急病人への対応といった「保安管理」

仕事内容は、この2つに大別されます。飛行機の規模や行先、天候状況などによって臨機応変な対応が求められます。また接客のプロとして、乗客に満足してもらえる質の高いサービスを提供する仕事でもあるのです。

CA(客室乗務員)の選考フロー

CA(客室乗務員)は、人気が高い職業です。そのため応募人数も膨大となります。例としてANAの選考フローを紹介します。

  • エントリーシートの提出
  • 自己紹介動画の提出
  • 学力検査試験
  • 英語試験受験
  • 書類選考
  • 本選考(面接・身体検査等)
  • 内定

CA(客室乗務員)の書類選考を突破するためには、TOEICスコアなど所定の条件をクリアしなければなりません。また、航空業界に強いカメラマンに面接写真を撮影してもらったり、メイクや髪形も業界にあったものにする必要があります。

CA(客室乗務員)は顔採用という噂がある

CA(客室乗務員)は女性に人気の花形職業の一つですから、顔採用ではないかという根強い噂があります。CA(客室乗務員)に関するツイートを見ても、それが感じられます。

乗客として登場した飛行機のCA(客室乗務員)を見た時に、「可愛い人が多い」と感じる人がいることが、このツイートで見てとれます。

航空会社によってCA(客室乗務員)の雰囲気が異なるので、比較して顔採用の是非を考える人もいるようです。

CA(客室乗務員)が顔採用と言われる理由

CA(客室乗務員)は接客業ですから、第一印象が良い人を採用する傾向が強いです。しかし第一印象の良さと美人か否かは、イコールではないと考える就活生もいるはずです。

ここでは、CA(客室乗務員)顔採用だといわれる理由について説明します。

理由①|募集要項に「容姿端麗」と書かれた時代もあった

30年以上前のCA(客室乗務員)は、一般事務職とは比較にならないほど高給がもらえる仕事でした。そのため採用の募集要項にも、「容姿端麗」であることを条件として明記している航空会社がほとんどだったのです。

この背景には、航空会社にとってCA(客室乗務員)は機内サービスや保安管理という実務に加えて、企業のイメージアップにつながる広告塔であるという考えがありました。海外旅行に出かけるのが贅沢な時代だからこそ、イメージを大事にしたのです。

現代のように国内外の旅行が一般的となってからは、その傾向はなくなりました。

理由②|「JAL顔」「ANA顔」という言葉もある

航空業界を目指す女性は、「JAL顔」「ANA顔」という言葉に聞き覚えがあることでしょう。これはJALとANAの企業イメージにも、関係のある言葉です。それぞれの特徴は、以下の通りです。

  • JAL顔は顔の輪郭が面長もしくは細面で、シャープな印象
  • ANA顔は丸顔で目がぱっちりしており、可愛い印象

しかし実際に採用面接で問われるのは、見た目が自社のイメージに近いかどうかではありません。接客業の必須条件であるホスピタリティや、立ち居振る舞い・受け答えの上品さなどです。選考の過程ではあまり関係がないことを、覚えておきましょう。

顔採用と噂のCA(客室乗務員)の真相

CA(客室乗務員)のエントリー条件に「容姿端麗」と書かれているわけではありませんが、顔採用であるという根強い噂があることも事実です。

ここではCA(客室乗務員)が顔採用かどうかの真相について、まとめます。

真相①|美人だと印象が良いのは事実

CA(客室乗務員)は、狭い機内でサービスを提供するのが仕事です。また同じサービスを提供するのであれば、美人の方が印象が良い点は否定できません。

しかし何よりも大切なのは、初対面のお客さまからの第一印象が良いことです。それはメイクや髪形、受け答え、立ち居振る舞いなどでカバーできます。

真相②|顔以外にも大切なことはある

乗客がCA(客室乗務員)に求めるのは、見た目の美しさだけではありません。声をかけやすい愛嬌や人当たりの良さを持っていることの方が、仕事を行ううえではアドバンテージが高いのです。

さらに英語力やホスピタリティ、危機管理能力などを持ち合わせていないと、仕事にはなりません。

真相③|採用人数は多い

CA(客室乗務員)は人気の職業ではありますが、「全日本空輸(ANA)の客室乗務職(CA)の募集要項」や「日本航空(JAL)の客室乗務職(CA)の募集要項」の採用人数を見ると、500名以上のことがわかります。

退職者も多い仕事なので、新卒採用の間口が広いのです。

結論|500人を超えるCA全員を顔採用するワケがない

CA(客室乗務員)を新卒採用する会社は色々ありますが、500人を採用すると考えた場合、全員が美人ということはありえません。CA(客室乗務員)は接客業ですから、見た目の美しさより乗客に満足してもらえるサービスを提供できるスキルが求められます。

そう考えると、エントリー条件さえクリアできれば、採用のチャンスは大いにあります。

CA(客室乗務員)志望者への2つのアドバイス

CA(客室乗務員)の選考試験をパスするためには、採用する企業側が何を求めているのかを知って準備することが重要です。

ここではCA(客室乗務員)志望者に覚えておいてほしいことを、2つアドバイスします。

選考における最大のポイントは「チームワーク」

CA(客室乗務員)は機内という狭い密室の中で、乗客の命を守りながら様々なサービスを提供します。悪天候や急病人の発生、ごくまれな事態ではありますがハイジャックが起こった時などには、他のスタッフと協働して対処しなければなりません。

そのため「チームワーク」で物事に対処できるスキルがあるかどうかを、選考試験では重視されます。協調性やリーダーシップがあることが、アピールポイントになるのです。

近年はグランドスタッフも人気が高い

CA(客室乗務員)と並んで人気が高い航空系の仕事に、「グランドスタッフ」があります。グランドスタッフとは、空港内で接客業務を担当します。チェックインカウンター業務だけでなく、荷物の受け取りや搭乗客の案内など仕事は多岐にわたり、飛行機を定刻で出発させるための判断力も求められます。

CA(客室乗務員)とグランドスタッフ両方の選考試験を受けることも、選択肢の一つです。

顔採用は差別か

京都にある半導体の研究・開発を行うロームは顔採用を行っていることで有名で、朝日新聞に記事が掲載されたこともあるほどです。しかし経験を積んだ技術者が退職することが多く、それを防ぐために京都出身の美人を積極的に採用し、社内結婚を奨励したのです。

同様の理由で、一般事務職を顔採用するケースはあるのかもしれません。しかし顔で評価するというよりも、第一印象が良いことが重視されるものです。しかし、それが差別にあたるかというと一概にいえません。

面接時に自然な笑顔で受け答えする、柔らかい話し方になるように配慮する、華美にならない清潔感のある身だしなみで面接に臨むなどの方法で、顔採用をひっくり返すことはできます。

顔採用をするメリット

CA(客室乗務員)に限らず、顔採用ではないかと噂される業界や企業があります。サイバーエージェントも顔採用を否定していませんが、それは企業側がメリットを感じているからです。

ここでは顔採用を行う、企業側のメリットについて説明します。

志望する就活生が増える

航空会社が採用するのは、CA(客室乗務員)だけではありません。パイロットやハンドラーなどの専門職以外に、企画・広報・営業などの総合職として採用される男子学生も多いです。

CA(客室乗務員)が顔採用だと評判になれば、それを目当てに応募する男子学生が増えるのです。これはどの業界にも共通しています。

社内婚や恋愛を促進できる

前述したロームの例があるように、激務あるいは立地などの問題で、社外での出会いに恵まれないケースも少なくありません。

有名企業にも関わらず、出会いのチャンスが少ない男性社員が、恋愛や結婚ができるようサポートする意味で、顔採用している企業もあるようです。これは航空業界にも当てはまります。

お客様ウケがいい

接客業の場合は同じサービスを提供した際に、美人の方がお客さまウケが良い傾向にあります。特に男性客の場合は、その傾向が顕著です。

そのため、営業成績を伸ばしやすいあるいはクレームを受けにくいなどの優位点はありそうです。

まとめ

CA(客室乗務員)が顔採用だったのは、過去の話です。毎年500人以上の新卒採用を行っていることを考えると、顔だけが判断基準ではありません。ただし、第一印象が良くなければ面接に進むことはできませんので、好感を持たれる表情や身だしなみ、立ち居振る舞いを身につけるよう心掛けましょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる