プラントエンジニアリング業界を徹底解説!魅力・年収から専業3社の違いまで解説!

モノづくりを支える、プラントエンジニアリング業界は理系に人気の高い業界です。企業のための工場や各種インフラ設備を手がけているため、実は私たちの生活に身近な業界でもあります。今回はそんなプラントエンジニアリング業界の魅力や将来性から内定に近づくための方法もご紹介します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

今より高年収orホワイト企業に転職したい方向けの転職エージェント3選

人材サービスを運営している弊社の経験からも、基本給手取りが25万円以下なら転職して年収がアップする可能性は非常に高いと言えます。

転職エージェントが扱う求人の平均的な手取り額は25万円以上であるのがその理由です。

今の年収に不満がある方、ホワイト企業に転職を考えている方は、まずはどんな求人があって報酬条件はいくらなのかをチェックしてみましょう!

【ホワイト企業をチェックしたいなら!】

【高年収・大手企業へのキャリアアップ!】


まずはこの3つに無料登録して、求人をチェックしてみましょう!

プラントエンジニアリング業界とは

プラントエンジニアリング業界とは、端的に言うと工場や機械を作る企業のことです。石油やガスなどのエネルギー、化学、医薬、金属など、社会や経済を支える重要な物資の生産設備(プラント)を対象に、設計、調達、建設までの一連やその後のメンテナンスまでを行います。

事業形態としては、国内だけでなく海外展開をしている企業が多くあるのも特徴です。大規模なプラントであれば、一国の経済の発展や社会生活に大きく付与するなど、国際的にも与える影響の大きな企業になります。

プラントエンジニアリング業界の魅力

1つの仕事で大きな影響力を持つプラントエンジニアリング業界ですが、その魅力は一体どんなものがあるのでしょうか。ここでは、大きく3つの魅力をご紹介します。

目次

日本だけでなく世界が仕事の対象となる

プラントエンジニアリング業界の仕事の対象は、国内だけでなく世界中が対象となります。むしろ、国内での産業需要は頭打ちだと言われており、海外を主な顧客対象としている企業が多いです。

アジアや北米から、中東、アフリカなど世界中のさまざまなところで仕事をすることになります。グローバルな仕事を求めるのであれば、プラントエンジニアリング業界はうってつけと言えるでしょう。

大規模なプロジェクトに関わることができる

プラントは膨大な機器や資材によって作られるため、受注額が数千億円を超えるなど大規模なプロジェクトが多いです。

動く金額が大きければ、その分携わる作業者も多くなりますし、納期も数年単位の長いものとなってきます。大規模なプロジェクトに関わるため、激務となる場合も多く、大きな責任を持つプレッシャーもありますが、その分達成した後の充実感は何事にも代えがたいことでしょう。

半永久的に需要がある

プラントエンジニアリング業界は、世界のどこかで何かしらの製品を作り続けている限り、必ず需要があります。まったく製品を作らなくなるという状況は考えられないため、まず半永久的に需要があると言っていいでしょう。

また、プラントを作った後のメンテナンス管理も工場が稼働している限り需要があります。建設と保守、どちらの面でも仕事がなくなるということはまずないでしょう。

プラントエンジニアリング業界の将来性

全項の通り、さまざまな魅力を備えているプラントエンジニアリング業界ですが、実は御三家でも赤字が出ているなどあまり良くない噂も少なくありません。

では、実際のところ、プラントエンジニアリング業界の将来性はどうなのか、詳しく見ていきましょう。

工期の遅れで大損害を被る可能性もある

プラントエンジニアリング業界は、扱うプロジェクトが大規模なため、工期の遅れで大損害を被る可能性があります。

実際に、千代田化工建設では、日本経済新聞「千代田化工、工期遅れで巨額損失 米労働者が流出」の記事にあるように、米国で遂行中のキャメロンLNGプロジェクトにて工期遅れによる巨大損失を2019年に計上しています。

また、同じ御三家である東洋エンジニアリングでも、日本経済新聞「東洋エンジ、19年3月期下方修正 一転最終赤字8億円」の記事にあるように、米国のエチレンプラント建設で追加工事が発生し、連結最終損益として約8億円の赤字が発生したと発表しています。

このように、規模の大きいプロジェクトを扱うからこそ、常に工期の遅れによる大損害のリスクを抱えています。

中東・アフリカの市場は大きい

一方で、プラントエンジニアリング業界は世界中で需要があります。特に、中東・アフリカなどの市場では、石油精製や液化天然ガスの生産設備の建設ニーズがまだまだあり、そちらの市場をきちんと開拓できれば利益が望めます。

一方で、中国勢や韓国勢にプラント案件を取られることも増えてきており、納期やパフォーマンス面で対抗する必要もありそうです。

技術革新も起きている

また、プラントエンジニアリング業界では技術革新が進んでおり、ドローンやAIなどを使った新たな取り組みが盛んになってきています。

IoT技術やビッグデータ、ドローンを使ってプラントの安全性や生産性を向上させたり、ドローンによって安全かつ効率的に点検や保安を行ったりするなど、事例も増え続けてきているため、これから大きく成長する可能性を秘めています。

プラントエンジニアリング業界の職種

プラントエンジニアリング業界を知り、目指したいと考えていても一体どのような職種があるのかわかっていない人もいるのではないでしょうか。ここでは、そんなプラントエンジニアリング業界の主な職種をご紹介します。

①文系総合職(営業)

文系でプラントエンジニアリング業界を目指すのであれば、営業業務がメインとなります。プラントエンジニアリング業界での営業とは、競争入札による工事を受注するのが主な仕事です。

主な顧客は、国や県などの行政、高速道路会社や電力会社、ガス会社、水道局といった民間になります。顧客は国内外を問わずさまざまなところにいるため、飛行機や新幹線などで飛び回ることもプラントエンジニアリング業界での営業の大きな特徴です。

②理系技術職(プラントエンジニア)

理系の技術職としては、プラントエンジニアという職種になります。企業が生産活動を行うために必要な設備を設計したり、構築後のメンテナンスを行ったりすることが主な仕事です。

エンジニアの種類はさまざまで、土木系、電気系、化学系、機械系と存在し、それぞれの分野ごとに専門の工学技術が求められます。

また、設計だけでなく現場のマネジメントなども求められるため、専門技術以外にもコミュニケーション能力なども求められます。

プラントエンジニアの実態については、下記の記事でより詳しく解説しています。気になった方はぜひチェックしておきましょう。

記事に飛ぶ

プラントエンジニアリング業界の大手4社

プラントエンジニアリング業界といえば有名なのが、エンジニアリング御三家と呼ばれる企業です。

ここでは、そんなエンジニアリング御三家を中心に、プラントエンジニアリング業界の大手4社についてご紹介していきます。しっかりと特徴を抑えて、その違いを知りましょう。

日揮

日揮ホールディングス株式会社、通称日揮は業界最大手の国際的な総合エンジニアリング会社です。事業内容としては主に下記の4つがあります。

  • 総合エンジニアリング事業
  • 機能材製造事業
  • エネルギー・環境コンサルティング事業
  • テクノロジー

事業分野としては、オイル・ガス分野をメインとし、そこで培った技術やマネジメント力を発電プラントなどのエネルギーインフラ分野、非鉄金属などの産業インフラ分野、医薬品工場、病院、環境施設などの社会インフラ分野などに活かしています。

社風としては、昔ながらの体育会系な社風が残っており、規則やルール面で縦割りが厳しくあります。一方で、若い社員でも上司や先輩に意見が言える環境であるなど、フラットな面も混在しているようです。

日揮については、下記の記事でより詳しく扱っているので、興味のある方はチェックしてください。

記事に飛ぶ

千代田化工建設

千代田化工建設株式会社は、日揮、東洋エンジニアリングと並ぶエンジニアリング御三家の1つです。事業内容としては、主に下記の5つがあります。

  • Project Lifecycle Engineering事業
  • Project Lifecycle Engineering事業遂行支援
  • 技術開発関連事業
  • プラント管理支援事業
  • AIソリューション事業

事業分野としては、LNG・その他ガス分野、石油・石油化学・金属分野、医薬・生化学・一般化学分野、環境・新エネルギー・インフラ分野などがあり、特にLNGを中心としたガス分野に強みを持っています。

社風としては、和気あいあいで、非常に自由度が高いことが特徴的です。若い社員でも積極的に意見でき、風通しの良い環境だと言えます。

一方で、自由度が高いため服装や身だしなみなどの乱れもあり、チームで行うプロジェクトでも個人主義的なところがあるため、自由でマイペースな人が目立つといった評判もあるようです。

東洋エンジニアリング

東洋エンジニアリング株式会社は、エンジニアリング御三家のうちの1つで、エチレンプラントや肥料プラントの建設に強みを持っています。

総合エンジニアリング事業として、エネルギー、石油精製、石油化学・肥料、石油・ガス開発、社会インフラ、環境、医薬・ファインケミカル、短期商業化「R&Dエンジニアリング」といった技術・商品・サービスを提供しています。

社風としては、向上心や誠実さ、相互利益を重視しており、ビジネスライクな特徴があります。業績やノルマのため、多少のコミュニケーションを割り切ってでも成果を出そうとする社員もいるようです。

JFEエンジニアリング

JFEエンジニアリング株式会社は、エネルギー創出、インフラ整備、機械・システム開発、そしてリサイクル処理を主な事業としています。他社と比べると、廃棄物や下水処理施設の建設など環境事業に力を入れていることが特徴です。

良くも悪くも昔ながらの日本企業的な社風で、保守的な風土でかつ上下関係に厳しい傾向あります。一方で、若手のうちから一定の裁量を持って任されるため、やりがいや成長を実感している人も多いようです。

プラントエンジニアリング業界の内定に近づく方法

では、そんなプラントエンジニアリング業界から内定をもらうためにはどのような対策を練る必要があるのでしょうか。ポイントとなってくるのは、志望動機と選考フローです。

しっかりと事前に情報を抑え、これからの就職活動に繋げましょう。

プラントエンジニアリング業界の志望動機

理系に人気の高いプラントエンジニアリング業界は、年収も高く、競争率は高くなってきます。だからこそ、他の志望者と差をつけるために的を得た志望動機をアピールしましょう。

プラントエンジニアリング業界に特に親和性の高い志望動機は、下記の2つになります。

1 チームでひとつの成果を出すことへの共感

プラントエンジニアリング業界は、大規模なプロジェクトがほとんどのため、チーム単位で動きます。だからこそ、個人主義ではなくチーム主義な考えを打ち出していく必要があるでしょう。

しっかりとチームに貢献し、成果を出すことへの共感をアピールすることで、あなたと一緒に働く様子を想像させましょう。

また、共感だけでなく、あなたと一緒に働くことでどんなメリットがあるのかをプラスでアピールできると効果的です。

2 社会貢献性の高い事業への共感

プラントエンジニアリング業界は、国内外のインフラを支える事業になります。特に発展途上国での事業は、その国の経済的発展や社会生活の向上に直結するものとなっており、社会貢献性がとても高い事業です。

そうした国内外の社会へ貢献していくことへの共感をアピールしていきましょう。社会貢献といった共通点から、学生時代のボランティア活動などを絡めてアピールしてみてもいいかもしれません。

プラントエンジニアリング業界の選考フロー

プラントエンジニアリング業界は選考フローをしっかりと抑えることで、内定獲得へぐっと近づくことができます。下記は、大手プラントエンジニアリング業界から数社ピックアップして作成した選考フローの表になります。

プラントエンジニアリング業界で特徴的なのは、リクルート面接が多い企業があることと、インターンを優遇する企業があることです。特に、インターンを優遇する企業を抑えておくことが重要になります。

日揮、東洋エンジニアリング、JFEエンジニアリング、日鉄エンジニアリングの4社は、インターン参加者を優遇して選考を開始します。興味のある方はのんびりと就職活動の開始を待つのではなく、しっかりとインターンに参加するようにしましょう。

まとめ

大手の赤字ニュースなど、先行きに不安を感じるニュースがありつつも、技術革新や海外市場の開拓など、プラントエンジニアリング業界の将来性はまだまだあります。

年収も高く、特に理系の学生からは人気の高い業界であるため、しっかりと業界や企業研究を行って、内定を勝ち取っていきましょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる