趣味と特技の違いは?面接やESで誤解しがちな2つの言葉の違いを解説

履歴書やエントリーシートの趣味・特技の欄をどう書くのか迷ってしまうという人は多いようです。また趣味と特技の違いがわからず何となく書いているという人もいるでしょう。今回は面接で趣味や特技を聞く理由や趣味と特技の違いや定義、面接でアピールしやすい特技の例などについて紹介します。

今からでもまだ間に合う!90%以上の確率で優良企業からオファーが届く!?

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

周りのみんなはどんどん内定を獲得していく。早く企業から内定を獲得したい・・・。

そう言った悩みを持つ2023年卒業予定の就活生は、まずOfferBoxに登録して企業から就職オファーを受け取りましょう!

オファーボックスはプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\登録して企業からの就職オファーを受け取る/

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をまだ利用できていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

趣味・特技は就活の必須項目

履歴書にある「趣味・特技」の欄は就活でも必須項目です。空欄で提出することはおすすめしません。

基本的に「趣味・特技」の欄は自由に書いて良いのですが、できれば選考に有利なものを選んで書きたいものです。以下では履歴書の「趣味・特技」について解説します。

趣味・特技を就活で聞く理由

「趣味・特技」の欄は学歴などとは毛色の異なる項目で、戸惑ってしまう人も多いでしょう。就活生の中には、そもそもなぜ趣味や特技を聞かれているのかがわからないという声もあるようです。

しかし就活で趣味や特技を聞くのには、きちんとした理由があります。まずはどんな理由で趣味や特技を聞かれているのかを知っておきましょう。

目次

就活生の人間性が知りたい

まず1つ目は「就活生の人間性を知るため」です。趣味や特技を通じて、その人がどんな人であるのかを知ろうとしています。

もちろん趣味や特技だけでその人のすべてを知ることはできませんが、こういうことが好きな人なんだな、得意な人なんだなという感覚をつかむことはできます。

アウトドア・インドア、理系・文系、単独でやること・多数でやることなど、好みや能力が発揮される環境なども含めて、その人を知ろうとしています。

仕事にいかせないか知りたい

2つ目は「仕事にいかせるが知るため」です。その人の趣味や特技をいかせる部署や仕事が自社にあれば良いな、という視点で趣味や特技を知ろうとしています。

ただしこれは「そうであればなお良い」という程度のことなので、趣味や特技を無理にその企業へ寄せていく必要はありません。

趣味や特技については面接時に口頭で聞かれることもあるので、いつ聞かれても自分が堂々と答えることができる、本当の趣味や特技を書くようにしましょう。

面接で聞く場合はリラックスさせたい

3つ目は「面接の緊張を解いてリラックスさせたいため」です。これはアイスブレイクのひとつで、本題とは少し離れた話題について話し、相手の緊張を緩めようとしています。

誰でも自分が好きなことや、得意としていることについて話すのは楽しいものです。その性質を利用して緊張を解き、その人が実力を発揮できるように気遣ってくれているという見方もできます。

リラックスすることで自分の良さをアピールできるようになれば、就活生だけでなく企業にとっても有意義な面接とすることができます。

趣味・特技の違いがわからない人は多い

こちらの方のように趣味と特技がほとんど同じになってしまうケースはよくあります。面接官の心情を予想した結果、当たり障りない書き方に落ち着いてしまったようです。

自分に本当の趣味や特技があってもそれを面接やESに使って良いか迷うという人は多いようです。その結果当たり障りのないものを趣味として書くことになり、自分の個性を生かしきれません。

趣味と特技の定義

「趣味」と「特技」はそれぞれに別の定義を持っています。しかし好きなものは得意という人は多く、頭の中だけで考えると混同しやすいかもしれません。

「趣味」と「特技それぞれの言葉が辞書ではどのように定義されているかを見てみましょう。

趣味の定義

仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄。「趣味は読書です」「趣味と実益を兼ねる」「多趣味」

どういうものに美しさやおもしろさを感じるかという、その人の感覚のあり方。好みの傾向。「趣味の悪い飾り付け」「少女趣味」

「趣味」を辞書で引くと、主にこの2つの意味が出てきます。履歴書に書く趣味は上段の「趣味」です。その人が楽しみにしている事柄のことを指しています。

特技の定義

特別の技能。「特技を生かす」

「特技」は辞書で引いても意味は1つしか出てきません。その人が持つ、特別な技能のことだけを「特技」と言います。この場合の特別とは、世間一般的な特別というよりも、その人にとっての特別な技能のことです。

趣味と特技の違いは得意かどうか

先に解説した趣味と特技の定義から、趣味と特技の違いは「それが得意かどうか」であることがわかりました。

まずは自分が好きと感じている「趣味」と、得意と感じている「特技」を区別してみましょう。もちろん、好きな上に得意なことは「特技」ですし、特別好きではないけれど得意と感じることも「特技」となります。

面接でアピールしやすい特技の例

就活の面接で自分をアピールするならば、趣味よりも特技の方が有効です。就活では好きなことよりも得意なことの方に注目してもらいやすくなります。

また、特技を通して自分の性質をアピールすることも十分に可能です。以下ではどのような趣味がどんな性質をアピールすることに繋がるのかということについて解説します。

語学系の特技で国際性をアピール

英語や中国語をはじめとする語学系の特技は、その人が持っている国際性をアピールすることができます。外資系の企業はもちろん、今は日本企業でも語学力の高い人材を求めているところが多く見られます。

語学系の特技ではその場でスピーキングを求められることもありますので、日常会話程度の力はつけておいた方が良いでしょう。

また、語学系の特技はスピーキングだけでなくリーディングやライティングもあります。それらを得意としている場合は、その旨を追記しておくようにしてください。

運動系の特技でバイタリティをアピール

野球やサッカーなどをはじめとする運動系の特技は、その人が持っているバイタリティをアピールすることができます。営業職や技術職など体力を要する職種では、バイタリティを重視する傾向があると言われています。

運動系の特技では過去の実績や、成績などを聞かれることもあるので事前にメダルやトロフィーなどを確認しておくと良いでしょう。

とくに大会などの実績がない場合でも運動を特技として挙げることはできます。ただしその場合は趣味と混同されやすくなるので、具体的に特技であることがわかるようなエピソードを用意しておいてください。

ものづくり系の特技でまめさをアピール

DIYや手芸などをはじめとするものづくり系の特技は、その人がもっているまめさをアピールすることができます。技術職の細かい作業や、経理など繊細な能力が求められる職種に好まれる特技です。

ものづくり系の特技では、実際に自分が作った物について聞かれることが多いので、自分が作ったものの中でどれをアピールするのかは想定しておいた方が良いでしょう。

実際に自分が作ったものを大会や展覧会に出品した経験などがあれば、併せてアピールすると趣味との区別をつけてもらいやすくなります。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

趣味や特技は、日常で改めて人から聞かれることが少なく何と書けば良いか意外とわからないものです。しかし、自分の趣味や特技について改めて考えることは、自分を見つめ直す良い機会にもなります。

ぜひこの機会に自分が好きなこと、得意なことについて考えてみてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次