立ち仕事はつらい?痩せる?|立ち仕事のメリットや具体例を解説します!

デスクワークとは反対に、立ち仕事がありますが足のむくみや筋肉がつくことが懸念されます。立ち仕事の場合、靴の中にインソール入れてサポーターを付けることが良いですが、足の疲れを取るグッズやストレッチもあります。本記事では、立ち仕事の概要、メリット・デメリット。や立ち仕事の疲れを減らす方法をお伝えします。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが完全無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • 就活生専門のコミュニティに無料参加できそこで希望業界、職種の面接を受けてきた他の就活生の感想や状況などを共有してもらえる!
  • 面談後参加できる無料コミュニティで近年の就活業界の傾向など客観的な一次情報を受け取れる
  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる!
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有!

立ち仕事にはどのような職種があるのか

アルバイトや就職先を探す場合、デスクワークか立ち仕事かのどちらにすべきか迷う方は大勢いらっしゃると考えられます。

  • 座りっぱなしよりも動ける仕事の方が体には良い
  • 立ち仕事は足腰に疲労がたまりやすくてつらい

このようにデスクワークと立ち仕事への意見は賛否両論ですが、以下の見出しでは立ち仕事にはどのような職種があるのか詳しく解説をしていきます。

立ち仕事のメリット・デメリット

アルバイトや正社員の仕事をしたことが無い方にとって、立ち仕事の実態はどのようなものかはイメージがつきにくいと考えられます。

そこでこちらの見出しでは、立ち仕事のメリットとデメリットをそれぞれご説明致しますので、比較のためご参照ください。

目次

立ち仕事のメリット

立ち仕事のメリットとしては、以下が挙げられますが、要約すると「頭と体を使いながら仕事をすることができる」ことと言えます。

  • 頭の活動効率が立つことで上がる
  • 身体を動かすため健康的である
  • 立ち仕事により眠気が来にくい

このように、立ち仕事は人間の脳が、活動力を高める方法となっており、身体の代謝を上げることも期待できると言えます。

また、座ったままのデスクワークにありがちな、眠気とどうにかたたかう中で、業務効率が上がらないという事態も避けやすいと考えられます。

立ち仕事のデメリット

立ち仕事のデメリットとしては、以下が挙げられますが、要約すると「肉体的な負担が溜まりやすくつな大変である」ことと言えます。

  • 両足に負担がかかり続ける
  • 中腰など腰に負担がかかる状態もある
  • 肩や首に痛みが蓄積しやすい

立ち仕事は、体全体を使って仕事をすることが不可欠なため、身体的な痛みを長期的に伴い続けることが最大のデメリットだと言えます。

座ったままのデスクワークでは、休憩がてら立ち歩いてリフレッシュをできますが、立ち仕事はその反対なため負担がより大きいのが実情です。

立ち仕事の種類

上述の見出しにて、立ち仕事のメリット・デメリットをお伝えしましたが、自分なら立ち仕事ができると感じた方もいらっしゃると思います。

そこでこちらの見出しでは、典型的な立ち仕事の種類を一例としてご紹介致しますので、仕事をお探しの方は求人情報を見てみてください。

仕事①|飲食店のホール

1つ目の仕事は、飲食店のホールであり、時間帯が夜になりがちなので、一般的な仕事よりも給与が高いことが特徴として挙げられます。

  • 料理屋の飲み物の給仕と片付け
  • 店の外でのキャッチ、チラシ配り
  • 店内の掃除やゴミ出し

飲食店のホールでは、これらのような仕事を行なっておりますが、いずれの仕事も立ち仕事で身体を使い続けることとなります。

お客さんと親しく話をしたり、通学圏内でまかないがでる仕事がしたい方は、コスパが良い飲食店のホールを検討してみると良いでしょう。

仕事②|スーパーの品出し

2つ目の仕事は、スーパーの品出しであり、早朝のアルバイトとして、比較的高い給料を短時間で効率よく稼げる仕事となります。

  • 運送トラックから積荷の商品をおろす
  • 配送されてきた商品を棚に陳列する
  • 不足している品を追加して並べる

スーパーの品出し業務では、以上のような仕事を立って行いますが、中には重い荷物を中腰やかがんで並べることもあるのが大変だと言えます。

また、仕事は朝5、6時から9、10時までとなるため、大学の授業に遅刻しないよう、時間管理をできる方に向いていると考えられます。

仕事③|塾の講師

3つ目の仕事は、高収入アルバイトの1つに挙がる塾の講師であり、授業の開始前後には座りながら働ける時間もあることが特徴となります。

  • 生徒の履修範囲を予習しておく
  • 授業時間で教えたり説明をする
  • 授業後にレポート課題などを採点する

このように、塾の講師は生徒に教える時間はホワイトボードの前に立っていますが、座って行う仕事もあるため身体を休められます。

ただし、スーツに革靴など着慣れない服装で動きが制限されるため、慣れるまでは身体に疲労が溜まりやすいとも言えます。

その他の立ち仕事

上述の立ち仕事以外にも、その他の立ち仕事としては様々なものがあるため、気になる仕事はまずチェックしてみると良いでしょう。

  • カフェの接客、および給仕
  • スーパーにおける試食販売
  • 引越しの積荷、並べ仕事

これらの仕事では、いずれも立ち仕事となるため、足腰のみならず首や肩にも疲労が溜まりやすいことが課題として挙げられます。

しかし、それぞれの仕事だからこそ経験できることも多くあり、就職活動では学生時代に力を入れたこととして、アピールするネタにもなります。

【社会人向け】立ち仕事での疲れを軽減する方法

前述の見出しにて、立ち仕事には様々な種類があることをご紹介致しましたが、疲れは立ち仕事の大きな悩みだと想定されます。

そこでこちらの見出しでは、アルバイトにおける立ち仕事での疲れを軽減する3つの方法をご紹介致しますので、悩んでいる方は是非お試し下さい。

方法①|マッサージをする

1つ目の方法は、マッサージをすることであり、凝り固まった筋肉をほぐして、適切な可動やパフォーマンスを取り戻すことが可能になります。

  • フットマッサージを受ける
  • 肩や腰の指圧をしてもらう
  • ヘッドスパを受ける

マッサージと言っても、受ける箇所によって効果が異なるため、痛みや疲労を感じる箇所を中心にマッサージをすることが推奨されます。

マッサージを受ける時間やお金がきになる方は、自宅でできる1人用のマッサージ器具を購入して試してみてはいかがでしょうか。

方法②|しっかりと寝る

2つ目の方法は、しっかりと寝て身体を休ませることであり、反対に以下のような行為は仕事後にすべくでないと考えられます。

  • スマホやPCをして、さらに目を酷使する
  • 漫画や雑誌を読みふける
  • 友人と居酒屋へ飲みに行く

立ち仕事では、身体中の様々な箇所が疲弊しており、筋肉がさらに凝ったり使用される行為は避けるべきだと考えられます。

また、アルコールは筋肉の回復を遅らせたり、怪我の元となるため、立ち仕事が終わったらしっかりと寝て休むべきだと言えます。

方法③|クエン酸を摂取する

3つ目の方法は、筋肉の疲労回復に役立つクエン酸を積極的に摂取することで、具体的には以下のような食事や飲料が良いと考えられます。

  • クエン酸の含まれた清涼飲料を飲む
  • クエン酸が豊富な柑橘系の果物を食べる
  • クエン酸のタブレットを摂取する

アスリートは、立ち仕事よりも身体を酷使しており、練習の後には必ずクエン酸を摂取して疲労回復をしていると言われています。

以上のような方法は、立ち仕事の方も無理なくクエン酸を摂取することが可能であるため、早速試してみてはいかがでしょうか。

立ち仕事に関する疑問

ここまで、様々な立ち仕事に関するメリット・デメリットや、疲れを軽減する方法について解説して参りましたが疑問もあると考えられます。

そこでこちらの見出しでは、本記事の締めくくりとして、立ち仕事に関する2つの疑問について解説をして参りますのでご覧ください。

立ち仕事とデスクワークはどちらが健康にいいのか

1つ目の疑問は、立ち仕事とデスクワークはどちらが健康にいいのかというものですが、回答としては「立ち仕事の方が健康にいい」となります。

  • 脳の活動効率がより高い姿勢である
  • 身体を動かして代謝を促せる
  • 頭と身体を両方活用することになる

このように、立ち仕事は身体にとって良いポイントがいくつか挙げられるため、デスクワークよりも健康にいいと考えられます。

身体が疲れるというデメリットもありますが、無理をしすぎずに休むことで、懸念されるリスクは最小限に抑えられると言えます。

立ち仕事はダイエットになるのか

2つ目の疑問は、立ち仕事はダイエットになるのかというものですが、回答としては「身体の使い方によってダイエットにはなる」となります。

  • 業務時間を用いて身体を動かし続ける
  • 足を中心として大きな筋肉に負荷をかける
  • 身体を捻るなど細かな動きを加える

例えば、これらのようなポイントを意識して立ち仕事を続けていくことで、カロリーを消費する結果に繋がると期待されます。

ただし、あくまでも仕事が最優先なので、周りから不審がられるような動きは無理にしないよう、気をつける必要性があります。

まとめ

本記事では、立ち仕事にはメリット・デメリットがあるので、いくつかある立ち仕事の種類を把握したうえで、自分に合う仕事を選ぶことが良いと考えられます。

また、立ち仕事の疲れを軽減する3つの方法もご紹介しましたが、立ち仕事かデスクワークで悩んでいる方は健康面を加味して選んでみてはいかがでしょうか。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • 就活生専門のコミュニティに無料参加できそこで希望業界、職種の面接を受けてきた他の就活生の感想や状況などを共有してもらえる!
  • 面談後参加できる無料コミュニティで近年の就活業界の傾向など客観的な一次情報を受け取れる
  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる!
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有!

こんな就活生におすすめ!

  • 業界選びで悩んでおり、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 他の就活生同士で希望業界や企業の情報について交換したい
  • 内定にできるだけ早く繋げられるよう手厚いサポートをして欲しい
目次