ANAHDの子会社まとめ|全日本空輸との違いから主要子会社の事業内容まで紹介!

ANAは大手航空会社で多くの人がその名を知っており、学生の就職活動でも非常に人気の高い企業の一つです。ANAには複数の子会社があるのをご存知でしょうか。この記事ではANAグループの主要な子会社と各社の採用情報を紹介します。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

全日本空輸(ANA)は大手航空会社

全日本空輸(ANA)は日本国内では売上首位の企業です。そのANAの売上額や社風などを紹介していきます。

目次

業績は国内首位

まず、ANAは日本国内の航空系企業で売上高1位の企業です。

2018年度の売上高で見ると通期で2兆58億円、営業利益が1650億円、経常利益が1556億円と売上額・各種利益額を見ても業界のリーディングカンパニーであることが分かります。

ちなみに、2位は日本航空(JAL)で1.3兆円、3位がパスコという会社で510億円となっています。売上規模からもANAが最も売上規模が大きい企業であることが分かります。

全日本空輸(ANA)の社風

ANAは大企業ではあるもののJALと比べるとベンチャー企業のような社風があり、ANAグループの採用ページにも「常に挑戦者」という言葉が書かれています。これはANAがヘリコプター1台の輸送会社から現在の規模に発展してきたことからも分かります。

また過去に日系ビジネスのインタビューでは、求める人材について人材戦略室の松村宏二朗氏が「変化に強い、変化が好きな人が多い」「泥水を飲む覚悟」が必要とも述べている通り、変化を楽しみ挑戦する人が求められています。

次はANAの子会社を具体的に紹介する前に、子会社とは何かを説明しておきます。

子会社には完全子会社・連結子会社・子会社・関連会社の四種類があります。それぞれの会社は、親会社が子会社の株式をどれだけ保有しているかによってタイプが決まります。

完全子会社は親会社が子会社の議決権のある株式を100%保有しています。連結子会社とは議決権のある株式を50%を超える割合で所有しています。子会社とは株式を50%未満所有、関連会社とは株式を20%超保有しています。

全日本空輸(ANA)とANAHDの違い

次は全日本空輸(ANA)とANAホールディングス(ANAHD)の違いについて紹介します。

新卒の学生が一般的に入社できるのは全日本空輸(ANA)の方で、この会社が一般的に知られている航空会社です。航空会社としてのANAへの入社を希望するときはこの会社を志望する必要があります。

一方でANAホールディングスとはANAやその他子会社など、ANAグループの会社全体を統括数会社で、新卒の学生が志望することは出来ません。ANAホールディングスはグループの統括だと覚えておきましょう。

ANAHDの主要子会社

次はANAホールディングスの主要子会社について紹介します。

ANAホールディングスに属する主要子会社は以下の通りで、ANAの主要事業である「航空運搬ビジネス」から拡大した商社ビジネスや、航空運搬ビジネスをサポートする専門企業が展開されています。

上記のようにANAグループの子会社はANAの航空事業の強みを生かした事業が周縁事業として独立した形になっています。

Peach Aviation

ここからはANAの主要な子会社を4社紹介します。

Peach Aviationは2019年3月にバニラエアと統合することで話題にもなったLLC(格安航空会社)の1つです。

この見出しではPeach Aviationの事業内容と新卒の学生向けの採用情報についてお伝えします。

子会社名の事業内容

Peach Aviationは2012年3月に就航した格安航空会社です。

Peach Aviationは2010年にファーストイースタン・インベストメントグループとともに誕生したA&F Aviationを発端としています。関西国際空港を拠点としており大阪−福岡・大阪−札幌などの国内線の他、台北・釜山などの国際線も運行しています。

主な事業は国内外の旅客運送業で、2017年度の売上517億円から2019年度の604億円と過去3年間は順調に業績を拡大しています。

子会社名の採用情報

Peach Aviationでは新卒の学生の採用も行っています。

Peach Aviationの毎年の採用人数や初任給などは、転職サイトの情報によれば平均収入645万円となっているので、高い収入が見込めます。

また、Peach Aviationに向いているのは仕事に対する情熱を持て、1つ1つの仕事を正確にこなせる人です。全ての仕事は「お客様の安全」に関わるので、細かいこともなんとなくで進めず、確実にこなせる人の方が向いています。

ANAエアポートサービス

次はANAエアポートサービスの事業内容や新卒の学生の採用情報について紹介します。

ANAエアポートサービスは全日本空輸(ANA)と異なるのは小型ジェット機を利用した旅客事業を行っていることです。ここではその事業の詳細と、新卒採用情報についてお伝えします。

子会社名の事業内容

まずはANAエアポートサービスの事業内容です。

ANAエアポートサービスは空港内での旅客対応やAMC(エアポートマネジメントセンター)で航空局や社内の各部署との連携を行い、お客様が安全に空の旅を過ごせるようにするのが仕事です。

具体的には空港の出発ロビーでのチケットの発券・荷物のお預かり、航空機の誘導や貨物の搭下載、各部署との連携などのバックオフィス業務、チャーター機やビジネスジェットの運行などがあります。

子会社名の採用情報

ANAエアポートサービスに向いている学生はお客様や協業者同士のコミュニケーションを円滑にできる人です。これはANAエアポートサービスの仕事がお客様を円滑に登場させるためにスタッフ同士でスムーズに連携するためです。

ANAエアポートサービスの過去の採用実績のある出身大学に関する情報はありません。社風は基本的にはチームワークを重視していますが、イベントの強制参加がある部署もあるので、そういったものが苦手な学生は合わないでしょう。

全日空商事

次は全日空商事の事業内容と採用情報について紹介します。

全日空商事は航空会社である全日空の空輸としての強みを活かして様々な商品の買い付けや機内販売の商品選定・物流などの事業を行っています。

その他にも複数の事業を行っていますが、ここではその全日空商事の事業内容と新卒採用の情報をお伝えします。

子会社名の事業内容

まずは全日空商事の事業内容からです。

全日空商事には5つの「カンパニー」があり、リテール、デジタルマーケティング、食品、航空・電子、生活産業があります。そして、これら5つのカンパニーの他に海外事業部と、ANAグループの物流を総括する物流事業部があります。

それぞれのカンパニーで空港内の店舗の商品の売買・機内販売や映像コンテンツの企画、マーケティング、食品の輸出入、航空事業に関わる電子部品の輸出入、観光や生活必需品などの企画販売、などを行っています。

子会社名の採用情報

次は全日空商事の新卒の学生の採用情報に関してです。

2020年の採用情報では短大・大学・大学院卒の新卒の学生の採用を行っています。総合職と一般職の採用を行っており、初任給は総合職が月給21.25万円、一般職が19.15万円となっています。

社風は若手の社員が活躍しており、新人の意見も通りやすい雰囲気があります。また新入社員向けのOJTも長期間用意されていて、社員のスキルアップも考えられています。

ANA Cargo

最後はANA Cargoです。

ANA Cargoはアジア−北米間の物流の安定を目指して、新規の飛行機の機種を導入するなど、物流のリーディングカンパニーを目指した企業です。

ここではそんなANA Cargoの事業内容と新卒採用情報について紹介します。

子会社名の事業内容

まずはANA Cargoの事業内容です。

ANA Cargoは国内線・国際線両方の旅客・貨物運搬の両方を担うANAグループの運輸の中核を担う事業会社として、貨物寺領戦略を考案しています。運輸のソリューションの解決、空港オペレーションなどを行っています。

また、更に運搬の品質を高めるためにITの力を積極的に採用してデータを元に輸送品質の改善や新サービスの提供などを行っています。つまり空輸のイノベーションを起こし続ける企業です。

子会社名の採用情報

2019年採用の情報によれはANA Cargoでも新卒の学生の採用を行っており、2018年の実績では31〜35名の学生が募集されています。募集職種は総合職のグローバルスタッフの販売計画の立案・物流マネジメント人材です。

初任給に関する情報はありませんが、社員の平均年収は425万円で、一般的な給与水準より低く、業務量に比べて給料は高くありません。大手企業の物流を担うので責任が大きいものの、高給を望む場合は適さない会社と言えます。

まとめ

この記事では全日本空輸とその子会社・関連会社の事業内容や新卒採用情報に関する情報を紹介しました。

航空会社最大手のANAの中にも旅客・貨物の運搬事業を行う会社や、商品売買を行う会社、企業に対して物流のソリューションを提供する会社など様々です。

携わりたいビジネスが航空関係の中でもどんなものなのかをよく考えて、最適な会社にエントリーするようにしましょう。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる