キーエンスの選考と学歴の関係を解説!選考フローとアドバイスも紹介!

「キーエンスに入るには学歴は重要?」「学歴フィルターはある?」このような疑問を持つ就活生の方も多いでしょう。今回は、キーエンスの採用情報や採用大学を紹介しつつ、この疑問を検証していきます。実は、学歴よりも大切なことが2つあります。ぜひご確認ください。

☆高年収限定!コンサルファーム・ハイキャリアに特化した転職エージェント☆

ハイキャリア・高年収・大企業の転職を目指したいなら、ハイキャリア特化型の転職サービスに登録しておくことがおすすめです。

他の転職サービスと比べ、そもそも扱っている求人が全く違いますし、その中から今の自分のキャリアにあった求人をエージェントが探してくれます

そのため、ハイキャリア求人限定のエージェントを活用しておきましょう!

上記2つのサービスはプロフィールを登録しておくと、今の年収からUPする前提で企業からスカウトが届くようになっています

今すぐ転職したい人も、とりあえずどんな求人があるかチェックしてみたい人も、まずは登録しておきましょう!

\年収1000万以上の求人をチェック!/

\20~30代のキャリアアップに最適!/

キーエンスの企業情報

キーエンスは、FA(ファクトリーオートメーション)機器を製造・販売する、日本を代表するメーカーです。「日本一年収が高い会社(就職四季報2019年より)」と言ったほうが馴染みがあるかもしれません。

キーエンスが強みを持つ製品は主に自動制御装置や計測機器であり、自動車・半導体・薬品・化学など、様々な製造業に機械を売ることで高収益を実現しています。

キーエンスの採用情報

キーエンスは年収が高いことから、「学歴が高くなければ入れない」とイメージしてしまうことも無理はないでしょう。

その実態はどのようになっているのでしょうか。ここでは、キーエンスの選考フローと過去の採用大学を紹介しながら検証していきます。

目次

キーエンスの選考フロー

キーエンスの選考フローは次の4ステップです。

  • ①エントリー
  • ②会社説明会(セミナー)への参加
  • ③適正検査・SPIテスト
  • ④面接選考(1~4回)

キーエンスの選考は、まず公式採用ページへエントリーすることから始まります。エントリーシートは一切要らず、時期が来るとセミナーの案内が送られてきます。

面接でも志望動機の類は質問されません。キーエンスでは、「企業にマッチする人材かどうか」が最大の選考理由だからです。営業職など、希望する職種によって面接回数が4回に増えるため、あらかじめ準備しておきましょう。

キーエンスの採用大学

キーエンスの採用大学は以下の表で解説しています。S~Dまで幅広い大学ランクからキーエンスに入社していますが、なかでも早稲田大学は、合計33名の卒業者を送り出しており、ほかの大学よりも人数が多くなっている点が特徴です。

キーエンスは年収が高い企業として有名ですが、以下の表にもある通り、C~Dランクの大学でも入社実績があるため、ぜひ狙ってみてください(採用大学はマイナビ2020を参照)。

就職人数の出典:

神戸大学 就職・進学状況

千葉大学 進路状況

慶応義塾大学 上位就職先企業
早稲田大学 採用データ

中央大学 進路・就職データ

明治大学 主な就職先

キーエンスの選考に学歴は影響するか

キーエンスの選考には、学歴はそれほど影響しないことが考えられます。先ほどの採用大学で紹介した通り、学歴に関係なく、非常に幅広い大学から人材を採用しているからです。

また、「自社に合う人材を求めている」と公言していることや、「20秒自己PR」など独自の選考方法を数多く採用していることからも、学歴よりも人材の質を重視していることが分かるでしょう。

キーエンスの選考を突破するために必要なこと

キーエンスの選考を突破するためには、次の2点に注意して選考に臨んでみてください。

  • ①バイタリティの高さ
  • ②指示を聞く素直さ

上記2つは、キーエンスの働き方や特徴と密接にかかわっています。以下で詳しくお伝えしていきましょう。

①バイタリティの高さ

キーエンスでは、世界中に点在するあらゆる製造業や工場を顧客としています。そのため、営業職ではなくても世界中を飛び回り、様々なタイプの顧客を相手に業務を行わなければなりません。

こうした観点から、各従業員にはバイタリティの高さが求められています。新しいことにチャレンジすることが好きな方に向いているといえるでしょう。

②指示を聞く素直さ

キーエンスは、従業員の各業務をできるだけマニュアル化し、仕事の質のバラツキを抑える取り組みが特徴的です。そのため、素直に指示を聞き、適切に業務に反映していく能力が求められています。

また、機械的に指示を仰ぐばかりではなく、ときには積極的に意見を提案するなど、コミュニケーションのバランス感覚も欠かせません。

まとめ

キーエンスに入るには、学歴によってフィルター分けされているようなイメージを持つ場合も多いですが、実際には学歴はそれほど重要ではありません。むしろ、バイタリティの高さや指示を聞く素直さのほうが大切です。

キーエンスへの就職を希望しているという就活生の方は、ぜひ今回の情報を参考にしてみてください。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次
閉じる