【22卒向け】ソニーの年収は?気になる社風・将来性も紹介!

就活生の人気企業ランキングでも常に上位にランクインしているソニーは、新卒採用に力を入れていることでも知られています。また日本企業では珍しく、成果報酬に前向きに取り組んでおり、やる気のある就活生には魅力的な企業です。そこで今回はソニーの年収や社風、仕事内容について解説します。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

ソニーはエレクトロニクスメーカー

ソニーはエレクトロニクスメーカーではありますが、近年は様々な事業展開を行っていることで知られています。それはソニーのビジネスの目的が、テクノロジーやコンテンツ・サービスを通じて「感動の開拓者であり続ける」ことだからです。

事業の大きな柱となっているのは、「エレクトロニクス」「エンターテイメント」「金融」の3つです。現在の売り上げは「金融」が支えているものの、現在はエレクトロニクス分野を支える技術者採用に力を入れています。

以下の記事では、ソニーの採用情報について解説しています。コース別採用の詳細、インターン情報、志望動機から、強み・弱みなど選考に役立つ情報まで幅広く載っているので、エントリーを希望する学生は、一読の価値があると言えるでしょう。

記事に飛ぶ

ソニーの給与事情

ソニーでは仕事の役割に応じた等級制度を採用し、年齢や学歴を問わず、優秀な人材に高い賃金を支払う仕組みとなっています。そして2019年6月に、新卒採用にも等級制度を用いることを明らかにしました。

ここではソニーの給与事情について、詳述します。

目次

ソニーの初任給

リクナビ2020によると、ソニーグループの新卒初任給は大学院(修士)卒が月給26万5000円、大学卒が月給23万円となっています。この他に賞与が年2回、支給されます。

また2019年6月、ソニーはプログラミング言語を用いてAI分野などで新たなサービスを展開するため、大学院(修士)卒など一部の新入社員の年収を、等級制度を用いることでアップさせると発表しました。

この制度により、新入社員でも入社した年に、最高で約730万円の年収を得られる可能性があります。

ソニーの平均年収と推移

平均年収

ソニーの2018年度の有価証券報告書によると、平均年収は1050万9690円でした。ちなみに社員数は2,519人、社員の平均年齢42.4歳となっています。

国税庁が実施している民間給与実態統計調査(平成30年度)によりますと、日本人の平均年収は441 万円です。ソニーの平均年収は日本人の平均年収より2倍以上の額だということがわかります。

平均年収の推移

また、過去5年間の平均年収の推移を表で表してみました。

出典:有価証券報告書(2014年度~2018年度)

上記の表をみますと、ソニーの平均年収は上昇していることがわかります。

ソニーはジョブグレード制を導入している

しかしソニーではソニーの年収は年功序列ではなく、個人や事業の実績に基づいたジョブグレード制を採用しています。実績を上げれば年齢が若くても高額な給料を貰うことが可能です。

そのため、年代によって比例して年収がアップするとは言い切れません。そして職種によっても、平均年収が変わります。一般職より技術職の方が平均年収が高いですが、幹部候補生である総合職がそれを上回っています。

ソニーの年収事例

ソニーの年収は、職種やジョブグレードによって異なります。所属する部門によっても異なりますので、年収例をいくつか紹介します。

引用:openwork「ソニー株式会社」

openworkの口コミ情報を見ても、「同業他社と比べると給料は多いと思う」「30代前半で800~850万円くらい」「業績がよくなると支給額が上がる」という好意的なコメントが多くありました。

一方で「事業部ごとに原資が異なるため、好調な事業部で成果を上げないと年収がアップしない」という声もあがっていました。

ソニーのボーナス

ボーナスの水準は、同業他社の中でも高いといわれています。前述したソニーの有価証券報告書にあった平均年収1051万円から、月収とボーナスを推定してみました。

  • 推定平均月収66万円
  • 推定ボーナス263万円

ソニーでは夏の賞与は、会社並びに事業部の業績に連動して支給しています。しかし冬の賞与は、等級制度に基づいて算出されます。そのため、所属する事業部によってボーナスの支給額の幅が広いようです。

ソニーの福利厚生・休暇制度

ソニーでは数多くの福利厚生が用意されており、自分の意思で選ぶことができます。公式ホームページには以下のような福利厚生制度が記載されています。

  • 社会保険完備 (健康・厚生年金・雇用・労災)
  • 財形貯蓄制度
  • 社員持株会
  • 独身寮

それぞれの福利厚生制度は自身のライフスタイルに合わせて選択することができ、全員に加入を義務付けているわけではありません。

また休暇制度は以下の通りです。

  • 完全週休2日制 (土・日)
  • フレックスホリデー (個人が設定できる連続休暇制度)
  • 年末年始休暇
  • 会社休日 (年間126日/2019年)
  • 年次有給休暇 (初年度17日、最大24日)

年間休暇平均取得日数 平均15.9日と高水準で、様々な休暇制度が用意されています。個人が自由に設定できる休暇制度、フレックスホリデーがあるのもソニーならではの特徴です。

同業他社の平均年収

エレクトロニクスメーカーを志望する就活生にとって、ソニーの年収が業界でどの程度のものなのかは、気になることでしょう。電機業界の同業他社の2018年度有価証券報告書に基づき、平均年収を調べた表が以下となります。

エレクトロニクスメーカーの年収は高水準ですが、平均年収を比較すると中でもソニーが高額であることがわかります。

ソニーの口コミ|社風や働きやすさ

ソニーは給与に等級制度を用いているように、学歴や年齢にこだわらず、成果を出せる人材を評価しています。そのため、自由闊達で風通しが良い社風であることが知られています。

この見出しでは、社員投稿口コミサイトOpenWorkに掲載されている口コミを紹介します。

個人の裁量が大きく、アイディアを活用できる文化がある社風

社風・働きがいに関しては以下のような口コミがありました。

社内には技術交流会や勉強会などが多くあり、全く異なる製品カテゴリの開発事例やノウハウを共有したり、人脈を広げることができる。本業とは別の個人的な活動から新しいプロジェクトや製品のアイディアが生まれることも日常的にあり、「机の下活動」と呼ばれることもある。(出典:OpenWork)

様々な事業やアイディアを思いついたら、それに対してしっかり事業化までをサポートする仕組みと文化がある。ただい、これを実際に築き上げるのは容易ではなく、企画構想力や基本的なスキルはもちろんのこと高度な人間関係構築力やマネージメント能力が求められる。(出典:OpenWork)

所属する事業部だけでなく、様々な社内コラボレーションにより新規事業を立ち上げることにも、積極的です。新しアイディアを生み出す土壌が整っており、業務の壁を越えた交流が可能なのも魅力といえます。

女性でも働きやすい環境が整っている

以下のような口コミがありました。

仕事の上で、女性、男性という事をあまり意識することがなく、対等です。総合職、一般職という枠組みがなく、基本的に全員総合職です。そのため、チャレンジ精神が旺盛で、キャリアアップを目指して仕事をする女性が多いです。

女性の課長も珍しくないですし、女性にもさまざまな機会を与えてくれます。マネジメント、海外駐在等の機会もあり、女性だから何かができないと感じる事はほぼないに等しいのではないでしょうか。産休、育休、時短勤務も当然の権利で、家庭と両立されている方も多かったです。(出典:OpenWork)

待遇にも男女差がないため、女性が働きやすい職場ともいえます。そして仕事における個人の裁量が大きいので、やる気のある人にはピッタリの会社です。

ソニーの仕事内容

ソニーでの仕事内容は、職種によって異なります。新卒は「技術系」「事務系」を募集しています。

  • 技術系:「ソフトウェアコース」「ハードウェアコース」「パテントマネジメントコース」「クオリティマネジメントコース 」から選択
  • 事務系:「セールス&マーケティングコース」「プロダクト&サービスプランニングコース」「ビジネスマネジメント&ファイナンスコース」「コーポレートスタッフコース」「WILLコース 」から選択

ソニーでの職種別の仕事内容や勤務の実情については、以下の記事を参考にしてみてください。

記事に飛ぶ

ソニーの将来性

ソニーはエレクトロニクスメーカーでありながら、同業他社とは違う経営方針を打ち出しています。その一例が「コンシューマエレクトロニクスの再生」で、テレビではターゲットを絞り込んで販売台数を減らしながらも、利益率を改善させています。

そうした復調傾向にあるソニーの将来性について、詳述します。

プラス材料|多角的な事業を展開している

エレクトロニクスメーカーの多くは家電以外にインフラやオートモーティブなどの事業を手掛けていますが、ソニーは無形ビジネスを多く扱っています。

2019年10月30日にアップされたNIPPONの数字「ソニー最新決算」によると、売り上げの20%強をエンターテイメント事業が、14.2%を金融事業が占めていることでも、それがよくわかります。

エレクトロニクスメーカーである強みを生かしながら、多角的な事業を展開することで、経営基盤が安定しているところは強みといえるでしょう。

懸念材料|技術力は高いがそのすべてを事業化できていない

ソニーの技術力の高さは、世界中に知られています。Apple社のiPod並びにiTunesに相当する製品は、ソニーでも早くから開発に取り組んでいました。

しかしソニーは高機能にこだわり、それがユーザーには響かない、発表時期が遅れるなどの事態を招いて、事業化を逸しています。

またおサイフケータイやSuicaは、ソニーが開発したFelicaの技術が用いられています。しかしFelicaを事業化することができず、その後電子マネーの利権を楽天に売却しています。楽天Edyが上げている収益を、ソニーが上げることもできたはずでした。

このように技術力は高いものの、事業として収益を上げることができないものが多いのは、懸念材料といえます。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

ソニーでは優秀な人材が外資企業に流出することを防ぐことを目的に、一部の新入社員に対して等級制度を導入するなど、エレクトロニクスメーカーとして必要な人材を確保する方針を打ち出しました。大企業でありながら、こうした柔軟な発想ができるところはなかなかありません。実力で勝負したいと考えている就活生は、チャレンジしてみることをおすすめします。

自分に合った企業・ホワイト企業を見つけるのにおすすめの就活エージェント3選

就活に成功した女子

就活を早く進めたいけど、ブラック企業や自分に合っていない企業を紹介されるようなエージェントもあるって聞くし・・・

ホワイト企業に斡旋してもらえる就活エージェントはないかな・・・。

とお困りの就活生も多いのではないでしょうか。

今の自分の状況を詳しくヒアリングしてもらい、自分に合った企業を厳選してくれる就活サービスを利用しておきましょう!

就活生の4人に1人が活用!OfferBox

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントに迷ったら、まずは最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

オファーを見て、自分に合っていない企業は無視してもOK!詳しいプロフィールを登録しておくとより自分の条件に合った就職オファーがもらえます。

就活エージェントに迷ったらまずは登録だけでもしておいて、自分に興味を持ってくれる企業からオファーを受け取りましょう!

【最短14日!】自分に合った優良企業から内定がもらえるキャリアチケット

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

学歴不問!高確率で就職オファーがもらえるキミスカ

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴学歴に関係なく企業から高確率でオファーがもらえる

キミスカはプロフィールを登録しておくだけで多くの上場企業、優良企業からスカウトが届く就活サービスです。

学歴や、自分に強みがないと思っている学生でもプロフィールを登録することで自己分析してもらえ、自分に合った企業を見つけてくれます。

また、プロフィールの登録でESを何度も記入する必要もありません。

就活状況次第では、一次面接、二次面接をパスして就活を進めることも可能です。

自分はFランだから、特に強みがないから、と思っている学生にこそぜひ使ってもらいたい就活サービスとなっています。

目次