【企業研究】KDDI の平均年収は952万円以上|初任給やボーナスも解説

KDDIの年収はいくらでしょうか。本記事では、KDDIの平均年収と採用情報を解説しています。競合他社であるNTTドコモやソフトバンクとの年収比較や、業界内での年収偏差値などの気になる情報も掲載しています。本記事を読めば、KDDIのお金に関することがわかります。ぜひご一読ください。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

KDDI の平均年収

本記事はKDDIの公式HP、採用HP、有価証券報告書などの公的なデータおよび口コミ・評判系サービスの情報を用いて作成しています。

まずはじめにKDDIの職種別、学歴別の平均年収を紹介します。

目次

職種ごとの平均年収

四季報によると、2019年のKDDIの全社での平均年収は952万円(42.5歳)です。

一方で、KDDIの職種ごとの平均年収は、カイシャの評判によると以下のようになっています(2020年4月時点)。

あくまでカイシャの評判に投稿した方の年収を平均した情報なので、全社員の平均年収ではありません。職種ごとの年収比較にご活用ください。

学歴ごとの平均年収

KDDIの学歴ごとの平均年収を示す公的な資料はありませんが、正社員で新卒採用されるのは大学・高専以上なので、平均年収900万円もらえているのは殆どが大卒以上と予想されます。

高卒・短大卒で働く場合、契約社員など非正規社員として働く場合が多いようです。

カイシャの評判の口コミを見ると、契約社員として働く場合、他の企業より高めの給与であるものの、正社員とは格差があることがわかります。

非正規社員の年収は400万円程度と予想されます。

契約社員から正社員への登用はありますが、一番下から這い上がることになるので、なかなか昇給しないようです。

KDDIの初任給

2021年度入社用のKDDIの新卒採用情報によると、正社員の初任給は以下のようになっています。

これに通勤手当などの諸手当が付きます。

KDDIのボーナス

KDDIの新卒採用情報によるとボーナスは年2回、6月と12月に支給されます。ボーナスの金額については記載がありませんでした。

ただし口コミによると、30代の冬のボーナスは100万円程度とのことでした。新入社員も夏のボーナスから支給され、1年目の冬のボーナスが大体給与1ヶ月分だそうです。

ボーナスは月給2~3ヶ月分の会社が多いので、基本給が増えるにつれてボーナスの額も上昇していくと予想されます。

ただし契約社員の場合は、支給されないか寸志程度だそうです。

KDDIの年収・給与に関する評判

ここでは、カイシャの評判からKDDIの年収・給与に関する評判をご紹介します。

年収はとにかく高い。30代後半で900万もらう人も居ると思う。年間で目標管理し、それに対する評価でボーナス査定や昇格は決まっていた。

ネットで見るような平均年収は、管理職がかなり底上げしている為、若手の年収は同業他社と殆ど変わらない。管理職になってから一気に給料が上がる。住宅手当に関しては、実家暮らしでも毎月15,000円支給され、結婚している場合は毎月5万円の支給がある。

給与面については恵まれていると思う。課長補佐クラス(30代前半)で月に30h程度残業していれば年収800万年前半はいく。もちろん、大手コンサルや総合商社、一部のトップメーカーには及ばないが、世間一般的には好待遇だとは思う。

正社員でも管理職にならないと、平均年収に表れているような高給はもらえないという口コミがありました。しかし30代で役職につけば、年収800~900万円もらえるそうです。

地域営業職は残業しないと生活できない水準にある。会社側は残業を抑止したいため最近は残業もできなくなっており業務量増加、残業減でサービス残業が多発。

給料同様に分かれている。特にボーナスはかなりの金額差が出るため総合職新卒2年目と地域営業職10年目と年齢差があっても新卒のほうが多い。

仕事量、内容など全く同じなのに総合職と地域職で給料も賞与も全く異なる。契約社員から正社員になっても仕事量が増え、収入は同等か場合によっては減る。新卒で入社ならオススメですが、現場からのキャリアアップは狭き門の割には収入に繋がらない。

社員と非正規社員との給料格差については既に触れましたが、社員同士でも総合職と地域職で格差があるようです。

契約社員から地域職として社員になっても、それほど給与が増えないという口コミもありました。総合職になれる可能性はありますが、かなり狭き門のようです。

KDDIの年収が高い理由

国税庁の民間給与実態統計調査によれば、2019年の日本の平均年収は441万円でした。KDDIの平均年収951万円は、平均年収の2倍近い高水準です。

KDDIはauブランドを始め、携帯電話のサービスを提供しています。

スマートフォンが普及している昨今、携帯電話業界全体が好調なのに加えて、KDDIは業界2位のシェアを誇る一流企業です。安定した売上がKDDIの高い年収を支えています。

KDDIの年収偏差値は66.8

年収リサーチによると、情報・通信業界の上場企業の中での年収偏差値は66.8でした。これは上位約15.9%に属する数字です。

また全国・全産業の中での年収偏差値は77.4%でした。これは上位約2.3%に属する数字です。

KDDIの年収は非常に高いことがわかります。

KDDIの基本情報

ここからは、KDDIの基本情報について紹介していきます。以下の情報は、KDDIの公式HPや有価証券報告書など、公的なデータを参考にして作成しております。

企業情報

まずは基本データとして会社概要をまとめました。売上と従業員数はKDDIグループでの数字です。

福利厚生・休暇制度

次にKDDIの福利厚生について紹介します。

<休暇>

  • 完全週休2日制(土日祝)
  • 年間休日126日
  • 年次有給休暇(初年度15日、次年度以降20日)
  • 特別休暇(弔事慶事、子の看護など)
  • リフレッシュ休暇
  • 育児・介護休暇
  • フレックス制度
  • テレワーク勤務

<その他>

  • 社会保険
  • 財形貯蓄制度
  • 社員持ち株会
  • KDDIグループ共済会
  • 提携住宅ローン
  • 全国75ヶ所の契約保養所
  • クラブ活動

大手としては、一般的な福利厚生体制です。特徴的なのは、KDDIグループの共済会です。スポーツクラブや遊戯施設など、KDDI傘下の施設利用割引券などが使えます。

社風・経営理念

KDDIの社是は、以下の通りです。

「心を高める」~動機善なりや、私心なかりしか~

また企業理念は、以下の通りです。

KDDIグループは、全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、お客さまの期待を超える感動をお届けすることにより、豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献します。

出典:KDDI公式HP

ビジネスモデル

KDDIは個人を対象に、スマートフォン・携帯電話などのモバイル通信サービスや「auひかり」をはじめとする固定通信サービスを提供しています。

またスマートマネー構想を推進しており「auPAY(auWALLET)」を軸にスマホ金融をより身近にすることを目指しています。

その他5GやIoTなどの先端技術を活かして、様々な事業やサービスを運用しています。

電気通信業界におけるポジション

モバイル通信サービスと固定通信サービスの提供を基軸としているKDDIですが、競合他社は「NTTドコモ」と「ソフトバンク」です。

総務省が発表した2019年3月の携帯電話市場シェアは、1位がNTTドコモで38.5%、2位がKDDIが27.6%、3位が22.3%でした。

競合他社である「NTTドコモ」「ソフトバンク」の2019年の平均年収は四季報によると以下のようになっています。

  • NTTドコモ・・・872万円(40.2歳)
  • ソフトバンク・・・733万円 (39.3歳)

2019年のKDDIの平均年収952万円(42.5歳)であり、競合他社と比較してもかなり高いことがわかります。

将来性

スマートフォン・携帯電話の普及率は高く、今後もKDDIのようなモバイル通信サービスの需要が期待できます。

電気通信業界、特に携帯電話販売はKDDI、NTTドコモ、ソフトバンクの大手3社のほぼ独占状態です。最近は格安スマホの普及で新規業者が参入するようになりましたが、まだ携帯電話回線は大手3社の影響が大きいです。

今後、情勢の変化はあると思いますが、しばらくはKDDIなど大手3社の勢いが弱まることはないでしょう。

KDDIの採用情報

KDDIの募集人数は、例年300名程です。2021年度新卒採用予定数は270名となっています。

KDDIは卒業後数年以内であれば、就業経験を問わず既卒者でも、新卒として応募可能としています。

2021年度採用の場合は、2017年4月~2021年3月に卒業・卒業見込みの方が応募可能です。そのため、第二新卒でも新卒として応募することができます。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

本記事では、カネカの平均年収や初任給、ボーナスを中心に解説しました。競合他社や、年収900万円に近いほかの企業もぜひ比較・検討されてみてはいかがでしょうか。

本記事が少しでもみなさまのキャリア選択の一助になれれば幸いです。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次