ITストラテジスト試験の難易度は最高峰!平均勉強時間や合格率を解説

近年、IT技術をビジネスに活かすことの出来る人材の市場価値が高まっています。ITストラテジストはITスキルを持つ人材であることを示す資格の1つです。今回はITストラテジスト試験の難易度や合格するための対策方法、ITストラテジストに合格することで得られるメリットについてご紹介します。是非チェックしてみてください。

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

ITストラテジストとは

ITストラテジストと呼ばれる職業はいったいどんな人間がなれて、どんな仕事をするポジションなのでしょうか。

以下ではITストラテジストの基本情報とITストラテジスト試験の概要について紹介します。

目次

ITストラテジストの基本情報

ITストラテジストとは、国家試験の「ITストラテジスト試験(ST)」に合格した情報処理技術者のことを指します。

業務内容としては、一般的にはIT戦略を策定したりIT技術を活用した事業計画や業務の最適化などを提案、実行します。

つまりITストラテジストは、企業のIT活用方針について経営の面からアプローチするポジションと言えます。ITストラテジストとして活躍するためには、ITに関する専門知識だけでなく、経営視点やマネジメント能力が重要です。

自社でIT戦略を担当する部門がある場合もあれば、専門企業がクライアント企業の経営戦略を補助する場合もあります。

ITストラテジストの資格試験

ITストラテジスト試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施している試験の1つです。

IT系の資格の中で唯一、弁護士や公認会計士、医師等と並んで「専門的知識を有する労働者」として厚生労働大臣によって指定されています。

また、システムアーキテクト試験やプロジェクトマネージャ試験と同じく、高度情報処理技術者試験と呼ばれる比較的高難易度もので、信頼性の高い資格と言えます。具体的な試験内容は以下の通りです。

ITストラテジスト試験の難易度は情報処理技術者試験の中でも最難関

ITストラテジスト試験は情報処理技術者試験の中でも最高ランクの難易度です。その為合格率も決して高くはなく、合格すれは信頼性のあるステータスとなります。

基礎知識のある人がしっかり勉強すれば3~6か月ほどの準備期間で合格を狙うこともできます。

ITストラテジスト試験の合格率は15%

ITストラテジスト試験は、平成21年(2009年)にかつてのシステムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験を統合したものです。

年に一回実施される試験で、情報処理技術者資格の中でも合格するのが最も難しいと言われています。

ITストラテジスト試験の内容を偏差値に置き換えるとおおよそ71となると言われており、その合格しにくさが分かります。具体的なITストラテジスト試験の受験人数と合格率は以下の通りです。

試験合格者だけが入れる日本ITストラテジスト協会

日本ITストラテジスト協会 とは、通称JISTAと呼ばれ、ITストラテジスト試験の合格者が活動する団体です。正会員は合格者限定ですが、準会員なら試験に合格していなくても参加することが出来ます。

入会申し込みをし、年会費(2,000円)を支払うことで会員になることが出来ます。各種講演会の開催や、定例会、準会員向けの試験対策講座などが定期的に開かれています。

情報処理技術者資格の最高峰と言われる試験に合格した人の集まりなだけあって、優秀な人材の宝庫であることから人脈を増やすために参加している人が多いです。

ITストラテジスト試験の勉強時間は平均3ヶ月程度

ITストラテジスト試験に合格するための勉強時間は前提知識によります。

情報系の学部を出ていたり、実務でIT関連の仕事をしていたり、応用情報技術者などIT関連の別の資格をすでに持っていたりすれば、中には30時間程度の勉強時間で合格したという人もいるようです。

平均的には3ヶ月~半年程度の準備期間が必要と言われています。長期計画でコツコツ進めていこうと考える人も多いですが、長期すぎると中だるみしてしまうので要注意です。

出来るだけ短期間の勉強で合格する為のコツとしては、午前よりも午後に実施される試験の問題対策に時間をかけ、ひたすら過去問を解いては復習することを徹底することが有効です。

ITストラテジスト試験の難易度が高い理由

ITストラテジスト試験はなぜこんなにも難易度が高く設定されているのでしょうか。目指す人にとっては内容が難しく困ることもあるかもしれませんが、合格してしまえばその難易度ゆえに信頼性も高い資格です。

以下で、ITストラテジスト試験が高難易度の理由について見ていきましょう。

理由①|信頼性のある試験の為

上でも説明した通り、ITストラテジストはIT関係の資格で唯一、厚生労働大臣によって「専門的知識を有する労働者」として指定されています。

これは弁護士や公認会計士、医師等と同じ肩書でもあり、ITストラテジストは非常に信頼性の高いスキルであるといえます。

ITストラテジスト試験に合格した人の市場価値は非常に高く、高額の給与を貰える可能性があるだけでなく、将来的に幹部候補として出世ができたり、ITコンサルタントとして独立したりと仕事の幅も広げることが出来ます。

ITストラテジスト試験の難易度は情報処理技術者試験の中において4段階中最高ランクのレベル4です。こういった資格の信頼性の高さを保つためには簡単に合格できる試験であってはならないのです。

理由②|午後の論文試験で躓く人が多い為

論文試験は、ITだけでなく経営戦略立案プロセスに対する知識や販売管理や生産管理、財務会計の知識が必要で、IT関連の他の資格を持っている受検者にとっても難関であるといえます。

さらに、知識だけではなく読解力と論文構成力といった文章のスキルも問われる試験の為、ビジネス文書の読み書きの慣れていないと合格は難しいと言われています。

多くの受験者が午前試験は合格レベルでも午後試験で躓いてしまうので注意が必要です。知識0からでは対策に時間がかかると言われていますが、解答例をしっかり真似して書けるようになることが重要です。

ITストラテジスト試験に合格するための勉強法

ITストラテジスト試験に合格するためにはただやみくもにテキストを学習するだけでは不十分です。知識を身に着けると同時に出題方式や回答方法にも慣れていく必要があります。

ポイントを押さえて効率的に対策を進めることが大切です。

①午前問題の準備は完璧に!

ITストラテジスト試験は4つの試験順番に合格していく必要があります。つまり午前問題で不合格になってしまえば、午後の試験は受験すらできないのです。

その為、午前の試験を確実に攻略する必要があります。おすすめは過去問をひたすら解くことです。

午前I・Ⅱのどちらの試験も出題される半分以上の問題が過去問の使い回しです。最低でも過去3年分は過去問を解き、間違えた問題を完璧に理解するように復習していきましょう。

②文章力をつけて午後問題を突破する!

午後試験において最も難易度が高いのが論文です。対策としては、出された課題に対して2,000文字~3,000文字以内でしっかりと解答できるよう、日頃から本番を想定した訓練が効果的です。

使用するテキストはテキストと問題集がセットになったものを選ぶようにしましょう。午後問題は特にただ単に暗記するだけで合格できるような試験ではありません。

テキストと問題集がセットになった参考書であれば、実践力を養うことができます。

ITストラテジストになるメリット

IT技術をビジネスに活かすことの出来る人材の市場価値がは年々高まっています。

ITストラテジスト資格を保有しているということは、そういったスキルを持つ人材であることを証明することにもなります。

名刺がわりになる

ITストラテジストは簡単には合格できる試験ではない為、資格を取得すれば周囲の評価は高くなります。

その資格を所持しているというだけで、初対面の相手であってもあなたの能力の高さについて一定の評価はされることになるでしょう。

そして、ITストラテジスト資格を持っているということはITをビジネスに活用することが出来るスキルを持つことの証明にもなります。

IT技術は経営レベルでのIT戦略などに活用されていることから、今やIT業界だけでなく様々な業界において重要視されています。ITストラテジスト資格は幅広い領域において使えるスキルと持った人材であると証明してくれます。

市場価値と年収が上がる

近年、ITを活用してビジネスを始めたり業務を最適化したりと、ITの浸透により生活の質を向上させる動きに関心が集まっています。

しかし、ITとビジネスをを結び付けて考えることが出来る人材は不足しているため、ITストラテジストの資格保持者の市場価値は年々高まっています。

実際、大手転職サイトの求人検索で「ITストラテジスト」と検索すると多くの求人がヒットし、多くの企業がこのスキルを持つ人材を求めていることが分かります。

特にITコンサルタントとして活躍するためにはITストラテジストの資格が非常に有効です。ITコンサルタントの年収は、30代で約650万円、40代で約850万円と言われています。

また、フリーランスとして独立した場合、年収1000万円以上を目指すこともできるでしょう。

bizual就活無料面談サポートを活用しよう!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

面談後、下記就活サポートが無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実

まとめ

今回はITストラテジスト試験の難易度や合格するための対策方法、ITストラテジストに合格することで得られるメリットについて紹介しました。

決して簡単に合格できる試験ではないですが、その分信頼性も高いスキルです。しっかり勉強すれば狙えない資格ではないので興味のある人は合格を目指して勉強を始めましょう。

就活、、もうどうしたら良いかわからない。そんなあなたへ!

弊社bizualでは、就活で業界選び、面接対策、ES対策などにお悩みの方向けに無料面談サポートを実施しております。

  • 業界選びで悩んでいて、自分に合った業界についてフラットな目線でアドバイスしてほしい
  • 「持ち駒」がなくなって次どうしたら良いかわからない
  • とにかく早く内定が欲しい etc

そういった悩みを持つ学生はぜひbizual無料就活サポート面談を受けてみてください。

あなたに合った業界選び、企業選び、内定までの徹底サポートなど、専門のキャリアアドバイザーが親身に寄り添ってサポートさせていただきます。

また、面談後も下記就活サポートが全て無料で受けられるようになっているため、就活生の方はぜひご活用ください。

bizualの無料面談サポートを受けると・・・

  • ES免除・1次面接無しの選考ルートを選べる
  • 選考対策(ES添削・模擬面接)を無料サポート
  • 面接官からの合否フィードバックを共有可能
  • 入社した後のキャリア全体のサクセスに寄り添った提案やフォローが受けられる
  • 面談はもちろんのことSNSやメディアでの情報収集、アカデミーでの他学生やメンターとの交流など企業紹介以外のサポートも充実
目次