主任より係長の方が偉い!役割の違いや共通点、年齢なども解説します

会社に入って出世するために目指す一番最初に目指す役職は主任または係長です。主任と係長は、どのような役職でどのような仕事をしているのかわからない方も多いと思います。本記事は主任と係長の定義から入り、特徴、共通点と相違点を解説しています。今後のキャリアに大きく関係する主任と係長を見ていきましょう。

登録するだけで優良企業からスカウトがもらえる逆求人サイト

  • キミスカ
    • これまでの就職活動の選考状況を評価して面接工程をできるだけカット!
    • 優良企業から比較的熱量の高いスカウトが届く
  • オファーボックス(OfferBox)
    • 国内最大級、就活生の3人に1人が利用!大企業からベンチャーまで登録企業多数!
    • 登録後90%以上の確率で企業からオファーが届く
  • dodaキャンパス
    • 登録後の企業からのオファー受信率97%!手厚いサポートも受けられる!
    • 広くいろいろな業界を見たいなら登録必須!

\理系学生・大学院生がスカウトをもらえる就活サービス/

  • 理系ナビ
    • 理系学生のための逆求人サイト、理系就活を効率よく進められる
  • アカリク
    • 大学院生用の就活サイトとして研究内容を評価したオファーが届く
  • LabBase(ラボベース)
    • 理系・大学院生向けの逆求人サイト、質の高い企業からのオファーが期待できる

\IT企業を目指す学生向け逆求人サイト/

  • エンジニア就活
    • ITエンジニアに特化した就活サービス
    • 活動履歴登録でIT企業からスカウトが届く
  • キャリアセレクト
    • 新卒でITエンジニアを目指す人に特化した逆求人サイト

主任・係長とは

主任、係長とはどのような役職なのか気になる方も多いと思います。どのような人が主任または係長になり、どのような業務をしているのでしょうか。

まずは主任と係長の定義、年齢、想定年収を紹介します。

目次

主任とは

主任は入社後、初めて目指す役職です。主に「一般社員のまとめ役」と言われています。自動的に与えられることが多く、職務について規定がない場合もあります。

主任の定義

主任をgoo国語辞典で調べると主任は下記のように記されています。

その任務を中心になって行う人。また、その任務の担当者の中で上席の人。「数学科の主任」「警備主任」

任務の中心になるということからリーダーのような存在であることが分かります。管理職ではないことから、管理職と一般社員のパイプ役を担うと言えます。

主任の年収・年齢

主任はある程度、業務を分かっている人に与えられるポジションであることから、20代で主任になることが多いです。

給与では主任手当が月に5千〜1万円が相場であり、賞与を30万〜40万がと言われていることから400万円〜450万円が一般的な年収と想定されています。

係長とは

主任の次に目指す役職と言われているのが「係長」です。係長は毎日の業務を行いながら、主任以下の進捗管理、教育を行う役割を担っています。

直属の上司は管理職の課長となるので、課長とのパイプ役、管理職への入り口と言えます。

係長の定義

係長をgoo国語辞典で調べると主任は下記のように記されています。

官庁・会社などでの役職の一。その部署の係員の長で、普通は課長の下の地位。

一般企業だけでなく、国家公務員が勤める官庁でも係長の役職があることが分かります。

係長の年収・年齢

係長は一般的に30代から50代に就任する人が多く、中小企業では30代前半、大企業では40代前半になる人が多いと言われています。

年収は500万から600万が一般的な相場です。主任を含めた一般社員と100万円近くの年収差があります。

主任・係長になれる人の特徴

一般社員から主任、係長はどのような人が就任できるのでしょうか。主任と係長になる代表的な2つを紹介していきます。

まずはこれから出てくる2つをこなしていきましょう。

①業務経験が豊富

入社して3~5年で主任、係長とステップアップする企業が多いです。まずは全体的に基本的な業務ができる必要があります。

そして上司へのホウレンソウと呼ばれる、「報告」「連絡」「相談」を意識的に実行していきます。

基本的なことを完璧にやるということは意外と難しいので、まずは向上心と忍耐力を持って主任になるまでは修行期間という心構えを持つことが必要です。

②リーダーシップが取れる

主任、係長になる人はリーダーとして行動力や意識付けが普段から出来ており、課長以上の管理職から認められたことを意味しています。

リーダーシップが取れる人はコミュニケーションもとれ、入社したばかりの新人に対して教育もできると言えるでしょう。

主任と係長ではどちらが偉いか

主任と係長では一般的には係長の方が偉いと言われておりますが、少人数で役職を置いていない企業もあります。

民間企業、公務員の役職事情を見ていきます。

民間企業|企業による

民間企業では主任、係長がどちらが偉いかは企業による場合があります。会社の役職規定が主任の方が上級というもの、またはそもそも係長の役職が無ければ事実上、主任が偉くなります。

会社の労いもあってか、50代でも役職が無い人を主任にする会社もある言われています。主任、係長の役職も付かないまま定年を迎える人も少なくありません。

公務員|係長の方が偉い

公務員では国家公務員欄に係長が3級、主任が2級となり、係長が職務では上になることが分かる資料「地方公務員の職務の級の構成について(行政職給料表(一))」があります。

階級が変わることで、給与や責任も大きく変わってくると言えます。

主任と係長の役割の共通点と違い

ここでは具体的に主任と係長の業務内容を見ていきます。主任と係長の関係は野球でいうと主任はエース、係長はキャプテンと言ったようなイメージです。

どのような役割があり、共通点と違いがあるのか詳しく見ていきます。

主任と係長の役割の共通点

主任、係長はともに管理職ではないため、野球を例に出した通りプレイヤーです。

一般職員より仕事内容が分かっている熟練の社員と言えば、イメージが付きやすいと思います。ここでは共通点を見ていきます。

①プレイヤーとして日々業務をこなす

主任も係長も管理職ではないので、プレイヤーとしての業務に励みます。課長から与えられた仕事や目標に日々取り組みます。

主任と係長で難易度や仕事内容が違ってくるものの、管理職ではないという点で共通していると言えます。

②指導、育成の意識を持つ

主任、係長はともに一般社員のリーダーとして意識を持つ必要があります。チームとして一般社員を引っ張っていき、主任、係長問わず問題が発生すると一緒に解決していく人間的能力と判断能力が必要です。

問題発生時に一般社員の今後を見据えた指導ができるかどうかが出世への分かれ道と言えるでしょう。

主任と係長の役割の違い

主任と係長の共通点を見てきましたが、ここでは違いを見ていきます。主に教育とマネジメントが違いのポイントです。

また係長はチームとしての長であることから責任が伴ってきます。

①マネジメント能力が必要

係長はマネジメントの能力が必要です。個人の目標だけでなくチームとしての目標も掲げなくてはなりません。

管理職の課長へのパイプ役となるので、管理職になるためのパフォーマンスとしてチームのマネジメント力が見られます。

②主任は熟練のプレイヤー

基本的に主任は一般社員の上司ではありません。業務を円滑に進めるため、自らが先頭に立ちどんどん進めていくことが重要になります。

一方、係長は管理職ではないものの上下関係が発生するため、マネジメントを意識しなければなりません。

今ならまだ間に合う!優良企業に一括エントリーしちゃおう!

bizualまとめてエントリー
有名ベンチャーにまとめてエントリー!

bizualでは、2024年卒の学生の方々向けに、有名ベンチャーへの就職サポートを行っております。

  • 今をときめくITベンチャーで働いてみたい!
  • 優秀な社員の方が多数在籍する会社で働いて自分のスキルを磨きたい!
  • 大きな裁量権を持って仕事をして、やりがいと総合的なビジネス力を身につけたい!
  • ゆくゆくは独立もできるスキルを身につけたい!

上記のような学生は、ぜひbizual会員登録&エントリーから登録とエントリーをすすめてみてください!

また、他にも就活生同士の情報交換などができるbizualアカデミーも運営しています。実際に希望する会社の面接を受けてきた学生の声なども知ることができるので、ぜひ登録からすすめてみてくださいね!

まとめ

今回は主任と係長について解説しました。主任、係長の上下関係、特徴、共通点と相違点が分かりました。どのような会社に入っても一番最初に付く役職とという主任、そして係長になります。まずは主任、係長になり、今後のキャリアステップを作っていきましょう。本記事が出世の役に立てることができれば幸いです。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の3人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次