【人生どうでもいいと感じる方へ】特徴や状況別の対処法を徹底解説!

長い人生の中で「人生どうでもいい」と感じることは誰にでもあるのかもしれません。そのままその思いに飲まれてしまう人もいれば、すぐに立ち直って歩き始める人もいます。人生どうでもいいと感じた時はどんな風に対処すれば良いのでしょうか。特徴や影響と合わせて解説します。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

人生どうでもいいと感じてしまう人は多い

人生どうでもいいと感じている人は、意外と多くいます。ずっと「どうでもいい」と思っていなくても、ある瞬間にふと感じるという人もいるでしょう。長い人生ですから、人生どうでもいいと感じても良いのです。本当に大切なのはその気持ちとどう向き合っていくかです。

人生どうでもいいと感じてしまう人の特徴やその影響、そして対処法について解説します。知っておくと人生どうでもいいと感じた時、戸惑いや迷いを感じなくて良くなるでしょう。

目次

人生どうでもいいと感じてしまう心理・原因

先ほど「ある瞬間にふと感じる」人もいると述べましたが、それは具体的にどのような時なのでしょうか。どのようなときに人生どうでもいいと感じてしまうかを知れば対策ができるかもしれません。

人生どうでもいいと感じるのは主に以下のよう原因があるときなときです。

  • 物事が自分のキャパシティを超えてしまったとき
  • 本能レベルで拒絶反応が起こってしまったとき
  • 精神的なショックからなる無気力

以上のようなことが起きた場合、その後「人生どうでもいい」と考えてしまう人が多いと考えられます。

人生どうでもいいと感じてしまう人の特徴

人生どうでもいいと感じてしまうことは、誰にでもあります。ただし、人生どうでもいいと感じることが多い人には、ある特徴があります。まずは人生どうでもいいと感じてしまう人の特徴について見ていきましょう。

特徴①|完璧主義者

完璧主義者は、失敗や中途半端を許すことができません。絶対に完璧でなければならず、完璧でないものはすべて失敗だとみなしてしまいます。また「完璧」は自分基準で、とても完成度の高いものです。

人生が成功ばかりということはありません。失敗から学ぶことも大切です。しかし、失敗から学ぶことの大切さに気付けず、自分が求める完璧を達成できなければ、今までの努力や成果も全否定してしまい、その結果人生どうでもいいと感じてしまうのです。

特徴②|ネガティブ思考

ネガティブ思考な人は、すべてにおいてマイナスな考え方を持っています。例えば、誰かに褒められても「そんなわけがない」「これは社交辞令」などと受け止めてしまいます。また、良いことがあっても「この後に必ず悪いことが起こる」などと考えてしまいます。

このように悪い方向へ考え続けると、人生は楽しくなくなります。人生の中で嬉しいことや楽しいことがあっても、それらを楽しいと思う感情も消え去っていきます。やがて「楽しいことなんてない」と思い始め、人生どうでもいいと感じるのです。

特徴③|自己肯定感が低い

自己肯定感が低い人は、自分の存在そのものを全否定します。自分のすることすべてに対してダメ出しをしているのです。自分のことが嫌いなので、自分自身を褒めるということはしません。

他人からずっとダメ出しされたり、怒られ続けたりしていると、嫌になることがあるでしょう。自分自身に対してそのようなことをしても同じです。自分を否定し続けることで「自分には存在意義がない」と感じ始め、人生どうでもいいと考え始めます。

特徴④|他人と自分を比べる癖がある

他人と自分を比べる癖がある人は、他人に対しては自分が良いと感じるところばかりを見つめ、自分に対しては自分が悪いと感じるところばかりを見つめています。このような比べ方ばかりしていると、やがて諦め癖が付き始めます。

「自分はあの人のようにできないから、もういいや」と感じ始めてしまうのです。すると、「やってみよう」というチャレンジ精神も消え去ってしまいます。満足感や達成感もなくなり、人生どうでもいいと思ってしまうのです。

特徴⑤|目標設定が上手ではない

目標設定が上手ではない人は、一足飛びに最終目標まで飛んでいこうとします。大きな目標を掲げることはとても良いことです。しかし、どんな目標も達成するまでにはさまざまな難関を乗り越えなければいけません。

大きな目標を設定した後で、小さな目標をいくつも作って少しずつ達成していくということができていないのです。自分が立てた目標までの道のりの遠さに嫌気がさしてしまい、人生どうでもいいと投げ出してしまいます。

その他の特徴

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • アンバランスな食生活をしている

人生どうでもいいと感じるのは、何も心の問題だけではありません。実は、身体的な面も大きく関係します。寝不足や運動不足、食生活などは肉体に関することばかりです。

肉体と心はつながっています。言い換えるなら、肉体が健康であれば心も元気いっぱいなのです。人生どうでもいい感じることが多い人や、そのように感じ始めた人は、肉体のバランスが崩れている可能性があります。肉体の疲れが心に影響しているのです。

運動をまったくせず、夜更かしが多くて、好きなものばかり食べているような生活をしていると、肉体のバランスが崩れて不健康になってしまいます。やがて心の元気もなくなり、人生どうでもいいと無意識に感じ始めます。

人生どうでもいいと感じることの影響

人生どうでもいいという思いは、さまざまな場面や部分に悪影響を及ぼします。やる気やモチベーションを下げる原因となるため、生きる気力を喪失させてしまうのです。人生どうでもいいと感じることへの影響について解説します。

影響①|仕事へのやる気がなくなる

人生どうでもいいと感じると、仕事へのやる気がなくなります。仕事を失敗してもいいと思うようになり、小さなミスが多くなったり、期限を守ることができなくなったりします。他の人に迷惑をかけても何とも思わなくなるのです。

また、仕事自体もしたくないと思うようになります。人生どうでもいいという思いは、生きる気力がなくなる一歩手前です。生きる気力がなくなれば、生活費を稼ごうという気持ちもなくなります。それは、仕事もしたくないという気持ちの原因になるということです。

影響②|健康に気を使わなくなる

人生どうでもいいという気持ちは、健康に気を使おうという気持ちを削いでしまいます。健康は生きることにつながっています。健康に気を使うのは「生きたい」という気持ちがあるからです。

人生どうでもいいと思っているということは、「生きたい」という気持ちが薄れてきていることを示しています。生きることに直結している健康に関心がなくなるのは、当然と言えるでしょう。

影響③|人と話す気がなくなる

人生どうでもいいと感じると、人と話す気がなくなります。何故なら、人と話すことが苦痛になるからです。理由はその人によって様々なパターンがあります。

例えば、人と話すことで自分と比べてしまい、嫌になってしまうこともあるでしょう。また、誰かと会話を交わす時には相手の気持ちを考える必要があります。そのような気遣いをしなければならないということが面倒に感じる場合もあります。

人生は多くの人たちとの関わりの上に成り立っています。人生をどうでもいいと感じると、他人との関わることも煩わしく感じられるようになります。「放っておいてほしい」という気持ちが強くなり、人と話す気もなくなるのです。

状況別|人生どうでもいいと感じる時の対処法

人生どうでもいいと感じる場面は、人によってさまざまです。たくさんあるパターンに合わせて対処をしなければ、改善することは難しいでしょう。

ここでは「人間関係」「就活・受験」「仕事」の3パターンに注目して、対処法を解説します。

人間関係で人生どうでもいいと感じた時

人間関係で人生どうでもいいと感じた時は、心に大きな負担を抱えている可能性があります。抱えている心の負担や重荷を下ろすことが大切です。

対処法①|誰かに思いを吐き出す

誰かに思いを吐き出してみましょう。家族でも良いですし、親友でも良いでしょう。心を許して何でも話せる人に、自分が思っていることや感じていることを吐き出してみてください。言葉にすることで心の重荷や負担が軽くなります。

身近な人に吐き出すことに抵抗感がある場合は、カウンセラーを頼るのも一つの方法です。彼らは心のプロですから、上手に引き出してすべての思いを吐き出させてくれるでしょう。きっと、人生どうでもいいという思いにも寄り添ってくれます。

対処法②|一人旅に出てみる

人間関係の問題や悩みは、同じ環境の中に居続けると解決しにくくなります。心に新しい風が吹き込まないからです。すると、視野が狭くなってますます心を閉ざしてしまうことになります。

一人旅に出かけることをお勧めします。日帰りでも良いですし、何泊かするのも良いでしょう。いつもの日常から抜け出すことで、心に新しい風が吹き込みます。視野も広くなって自然と心の扉が開き、人生どうでもいいという思いも薄れていきます。

就活・受験に失敗して人生どうでもいいと感じた時

就活や受験に失敗した瞬間、人生どうでもいいと感じる人は多くいます。ただし、これは次の道を切り開くための難関でもあります。力強く乗り越えていくことで自分自身の経験値となり、求めている成功を掴みやすくなるのです。

対処法①|思い切り笑う

就活や受験に失敗したら、思い切り笑いましょう。笑えなくても思い切り笑ってください。お笑いを見たり、友達と笑い話をしたりすると良いでしょう。

笑えば「失敗した」という落ち込んだ気持ちは薄くなっていきます。すると反対に「次こそは」というやる気やモチベーションが湧き上がってきて、人生どうでもいいという思いは吹き飛びます。

対処法②|あえて「どうでもいい」と言ってみる

あえて「どうでもいい」と言ってみるのも良い方法です。何度も繰り返し自分に「どうでもいい」と声に出して言ってみてください。やがて反発心が湧き上がってくるでしょう。

就活や受験に失敗して人生どうでもいいと感じるのは、失敗したことにショックを受けているからです。ショックを受けるのは本当はどうでもいいと思っていないサインです。何度も繰り返し「どうでもいい」と声に出して言うと、「違う」という思いが強くなります。

仕事で上手くいかず人生どうでもいいと感じた時

仕事がうまくいかなくて人生どうでもいいと感じることもあります。原因の多くは、肉体的な疲れやストレスです。それらを改善して自分自身を癒すことで、人生どうでもいいという思いはなくなっていきます。

対処法①|早く寝る

早く寝ましょう。睡眠不足は思考の回転を悪くする原因です。また、視野も狭くしてしまいます。視野が狭くなると、本来なら見えるはずのものも見えなくなり、失敗につながります。

残業や休日出勤は厳禁です。夜更かしをせず、いつもよりも早い時間から寝てください。目覚めた時には思考も気持ちもすっきりし、仕事での良いアイデアや対処法も浮かびやすくなっているでしょう。人生どうでもいいという思いもなくなっています。

対処法②|運動をする

思い切り運動をするのもおすすめです。運動は思考をいったん止めることに役立つからです。仕事での失敗は考え過ぎが原因の場合もあります。そんな時は一旦考えることを止めると、良いアイデアや解決方法がひらめきやすくなります。

少し激しめの運動をしましょう。思い切り汗をかいてください。無心になって運動することで思考がシンプルになります。難しく考えすぎないことも、人生どうでもいいという思いを消し去ることに役立つのです。

また、日常でふと「人生どうでもいい」と感じてしまったときは以下も有効です。

  • ゆっくり休息する
  • やりたいことをピックアップする
  • 新しい趣味を始めてみる

このように、休息をとり新しいやりがいを見つけることで自然と前向きになれます。

まとめ

今回は人生どうでもいいと感じる人の特徴や対処法について解説しました。長い人生で人生どうでもいいと感じることはたくさんあります。しかしその瞬間は自分にとっての試練の時でもあるのです。上手に乗り越えて次のステップへ進んでください。

人生に限らず、何でも「どうでもいい」と自分の中で決めてしまうのはいつでもできることです。「もう少しだけやってみるか」という気持ちを自分の中に見つけてみましょう。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる