「お返事ありがとうございます」とは?|意味や使い方を徹底解説!

「お返事ありがとうございます」はどんな時に使う言葉なのでしょうか。本記事では「お返事ありがとうございます」の意味や使い方を解説します。メールで使う際の例文や、「回答ありがとうございます」「ご返信ありがとうございます」などの「お返事ありがとうございます」の類似表現も解説するので、ぜひご一読ください。

また突然ですが、現在の自分の市場価値は気になりませんか?自分の適性や価値をこの「ミイダス」なら見いだせます。一人ひとりに設問が最適化されるので、自分自身が気づいていない新たな一面も発見できるかもしれません。無料かつ30秒でできるのでぜひチェックしてみてください。

就活生必見!就活での自己タイプ・適性診断を受けてみよう!

就活を始めるにしても、自分がどんな業界や仕事に興味があるのかわからない・・・

自分の適性がどこにあるのかまずは知りたい・・・

そう言った悩みを持つ就活生は、まずはOfferBoxの適正診断テストを受けて自分のタイプ・適性のある業界を知りましょう!

また、診断テストを受けてプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

就活生の3人に1人が利用している「OfferBox(オファーボックス)」をぜひ活用しておきましょう!

「お返事ありがとうございます」とは

「お返事ありがとうございます」はどんな時に使う言葉なのでしょうか。ここでは「お返事ありがとうございます」の意味と使い方、また類語表現や敬語表現などをご説明します。

目次

意味・使い方

「お返事ありがとうございます」とは、返事をもらったことに対して感謝を伝える言葉です。

ちなみに返事とは、以下のような意味を含む言葉です。

呼びかけに対して答える言葉。答え。返答。「大きな声で―する」
返答の手紙。返信。返書。「諾否の―が届く」

引用:コトバンクより

「お返事ありがとうございます」では2番の意味で用いられており、こちらが送った手紙やメールに対して相手が返信を出してくれたことに感謝しています。

類似表現

「お返事ありがとうございます」の類語表現は多数あります。その一部を紹介すると以下のような表現が挙げられます。

  • ご返答ありがとうございます。
  • ご返信ありがとうございます。
  • ご回答ありがとうございます。
  • ご返書ありがとうございます。

「返事」を同様の意味の言葉に置き換えれば、簡単に類似表現がつくれます。

敬語表現

「お返事ありがとうございます」は一応敬語ですが、少し砕けた言い方です。以下のような表現を使えば、より丁寧な印象になります。

  • ご返信いただきありがとうございます
  • ご返信くださりありがとうございます

上司や取引先からの返事に感謝を伝えたい時は、こちらを使った方が無難です。

さらに丁寧に言いたい場合は、以下のような言い方があります。

  • ご返事を賜りましてありがとうございます。

ここまで丁寧にすると、逆に堅すぎる印象を与えます。公式な文書や、畏まった場面で用いましょう。

「お返事」と「ご返事」の違い

「お返事ありがとうございます」ではなく、「ご返事ありがとうございます」と使う人がいます。どちらが日本語として正しいのか気になる人もいるでしょう。

結論をいえば、どちらも日本語として正しい表現です。

違いとしては「お返事」は丁寧語、「ご返事」は尊敬語あるいは謙譲語だということがあります。つまり「お返事」より「ご返事」の方がより丁寧な表現なのです。

友人や同僚、部下、後輩など、同等あるいは目下の相手には「お返事」を使って、上司や取引先など尊敬を示すべき相手には「ご返信」を使いましょう。

「お返事ありがとうございます」を使う場面

ここでは「お返事ありがとうございます」を使う場面について解説します。「お返事ありがとうございます」はどんな場面で用いれば良いのでしょうか。

場面①|返信に対して返信する時

相手からの返信に対して返信する時に、文頭の挨拶言葉として用います。

この場合の「お返事ありがとうございます」は、「お世話になります」や「お疲れ様です」のような定型的な挨拶と同じ位置づけです。

たしかに返事をくれたことに対する感謝を含んでいますが、本題は感謝を伝えることではなく、その他に要件があります。

「お返事ありがとうございます」と簡単に挨拶を述べた後に、相手に対して依頼をしたり、質問をしたり、何らかの本題に入ります。

場面②|相手の返信に感謝を伝える時

「お返事ありがとうございます」は、相手からの返事に感激して、感謝を伝えたい場合にも用います。

相手から返事があったこと自体が嬉しかった場合や、メッセージの内容に感激して感謝を伝えたくなった時に使いましょう。

この場合は「相手からの返信に感謝を伝える」ことが本題で、その他に要件はありません。

「お返事ありがとうございます」と最初に述べた後、どう感謝しているのか説明したり、喜びの気持ちを表現したりするとより気持ちが伝わるでしょう。

「お返事ありがとうございます」を使うときの注意点

ここでは「お返事ありがとうございます」を使うときの注意点を解説します。

「お返事ありがとうございます」は使い方によっては相手に不愉快な思いをさせる場合があるので、しっかり注意点を押さえておきましょう。

注意点①|人によっては気楽過ぎと感じる

「お返事ありがとうございます」は、尊敬語や謙譲語ではなく丁寧語です。そのため失礼とまでは言いませんが、目上の人に使うには少々敬意が足りない印象になります。

何度もやり取りして気心が知れている仲である、あるいは相手の人柄がわかっている場合は許されることがありますが、よく知らない上司や取引先の相手に使うのは注意が必要です。

まだあまり相手のことがわかっていない段階では、「お返事いただきありがとうございます」など、もう少し丁寧な物言いをした方が良いかもしれません。

注意点②|相手からの返事以外に用いない

「お返事ありがとうございます」は、自分が発信した手紙やメールに対して返事をもらった場合に感謝を示す言葉です。その他の場面では用いません。

これから新規でやり取りを始める時に、うっかり「お返事ありがとうございます」から始めないように注意しましょう。

同じ人と並行して複数の仕事を進めている場合に、こういったミスが起こりやすいです。

今から送るメールが新規のやり取りなのか、進行中の話に対する返信なのかを意識しながらメールを作成しないと、うっかり変な文章を作ってしまうかもしれません。

注意点③|件名はRe.を残して返信する

これは「お返事ありがとうございます」の使い方ではなくメールを返信する際のマナーですが、返信の時は件名は変えず、そのままのタイトルで返信しましょう。

もし件名を変えてしまうと、相手はどのメールに対しての返事かわからず、困ってしまいます。

また返信の際には自動で件名に「Re.」が付きますが、これは付いていて良いものなので消さないようにしてください。「Re.」が付いていれば返信であることが一目で相手に伝わります。

ただし何度か返信が続いて「Re.」が複数になってしまった場合は、「Re.」が1つになるように2つ目以降は消してしまって大丈夫です。

「お返事ありがとうございます」のビジネスメール例文

ここでは「お返事ありがとうございます」の使い方を、ビジネスメールの例文でご紹介します。どんな使い方をするものなのか、例文で雰囲気を掴んでください。

例文①|取引先とやり取りする際の例文

件名:Re:〇〇に関するご質問

株式会社〇〇

〇〇部〇〇様

早速のお返事ありがとうございます。

つまり仕様なので問題ないということですね。

追加でご質問なのですが、〇〇の追加発注をする場合、在庫はありますか。また、確保できる数量もお教えいただければ幸いです。

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答よろしくお願いいたします。

【署名】

例文②|社内メールの返事に対する例文

件名:Re:懇親会のご案内

〇〇さん

お疲れさまです。〇〇部の〇〇です。

懇親会の出欠の件、お返事ありがとうございます。

出席とのことで、承知しました。

詳細が決まりましたら改めてご連絡いたしますので、よろしくお願いいたします。

【署名】

例文③|上司の返事に感謝を伝える例文

件名:Re:〇〇についてご質問

〇〇部長

丁寧なお返事ありがとうございます。お陰様で〇〇について理解を深めることができました。

教えていただいたことを参考に、再度資料を作成してみます。資料完成の折には、ぜひ一度お目通しをいただけましたら幸いです。

今度ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

【署名】

「お返事ありがとうございます」を使うときの疑問

ここでは「お返事ありがとうございます」を使うときによくある疑問について解説していきます。悩む人が多いポイントなので、知っておいて損はないです。

疑問①|返信が続くときはどうするべきか

メールを短期間で複数回やり取りする場合など、何度も返信が続く時は、いちいち「お返事ありがとうございます」と言わなければいけないのでしょうか。

これは毎回言う必要はありません。

確かに返事に対する感謝を伝えるのは良いことですが、それが毎回となるとテンプレ化してしまって意味がありませんし、むしろ書くのも読むのも煩わしくなります。

メールのやり取りが重なる場合は、「お返事ありがとうございます」は省いて、いきなり本題に入ってしまっても大丈夫です。

疑問②|お礼メールに返信する必要性

相手からのメールに返信したところ、相手から「お返事ありがとうございます」とお礼メールが来たとします。この場合は返信する必要はあるのでしょうか。

これは基本的に送る必要はありません。

お礼メールにお互いが返信していると、切り上げるタイミングがわからなくなってしまうので、お礼メールには基本的に返信しなくても大丈夫です。

ただし目下の者からのメッセージで終わるのがマナーといった指摘もあるので、目上の人がお礼メールを送ってくれた場合は、わざわざお礼メールを送ってくれたことに対する感謝を伝えておいても良いかもしれません。

まとめ

この記事では「お返事ありがとうございます」の意味や使い方を解説しました。

「お返事ありがとうございます」は返事に対する感謝を伝える言葉です。

相手から返事をもらった際はぜひ活用してみてください。

今からでもまだ間に合う!就活を速攻で進めてくれるエージェント3選

就活に成功した女子

周りの友達は就活を始めているのに・・・

まだ何もできていない・・・・

そんな就活生は、今からでも最短最速で就職面接まで繋げてくれる就活エージェントに登録して、早速進めてしまうのがおすすめです!

就活生の4人に1人が活用!【OfferBox】

オファーボックス
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★☆
最大の特徴登録すると90%以上の確率でオファーがくる

就活エージェントって言っても色々あって、どこに登録しておけば良いかわからない。。

という方は、迷ったらまずは今就活エージェントの中で最も人気が高いエージェントの一つOfferBoxに登録しておきましょう!

就活生の4人に1人が登録しており、登録企業数も1万社を突破している大規模就活エージェントです。

自分のプロフィールを登録するだけで90%以上の確率で企業からオファーがもらえます

残り少ない就活の時間を有効活用するためにも、自分で求人を探すことも大事ですが、登録しておくだけでオファーがもらえるサービスも積極的に活用しておくことをお勧めします。

最短14日で自分に合った優良企業から内定がもらえる【キャリアチケット】

紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最短2週間で内定獲得が可能!
  • とにかく早く内定が欲しい
  • 徹底したサポートで内定までガイドしてもらいたい

そう考えている学生はキャリアチケットを活用することもお勧めです。

キャリアチケットはレバレジーズ株式会社という会社が運営している就活支援サービスです。

量より質という点で定評を受けているサービスであり、あなたの状況や希望条件を細かくヒアリングし、厳選した企業を斡旋してくれます。

またスピード感もかなり早く、最短2週間で内定獲得までいけるほどのスピード感を持って、エージェントがマンツーマンでサポートしてくれます

とにかく早く、自分に合った企業を見つけたい!という方はキャリアチケットを活用しましょう。

最終面接まで行ったことがある学生はABABAを活用してみよう!

ABABA
紹介企業の質★★★★★
サポートの手厚さ★★★★★
最大の特徴最終面接まで進んだ方は1回の面接で内定獲得

就活時期も終盤に差し掛かっていて、まだ内定がもらえていないけど、これまで最終面接まで行ったことはある!

という学生は「ABABA」を利用しておきましょう!

ABABAは、最終面接まで行ったことがある学生のサポートに特化したサービスです。

これは最終面接まで入ったのになかなか内定を取れていない。
選考フローが長すぎてなかなか内定まで辿り着けない。

といった悩みを抱える学生と、他社で評価されている学生を積極的に面接したいと考えている企業とを繋げるサービスです。

学生にとっても企業にとってもwinwinを実現しているサービスと言えます。できるだけ就活を短縮したいと考えている学生はぜひ利用しておくべきサービスです。

目次
閉じる