TOEICのスコアを履歴書に書くには?|何点から有利になるのかを徹底解説!

TOEICのスコアは就職・転職活動時に英語力のアピールとして使用できます。しかし、業界によって評価につながるスコアは異なったり、履歴書に書く際の注意点などもあります。この記事では就活におけるTOEICテストの扱い方について紹介します。外資系企業や海外に拠点を持つ大企業の専攻を受ける方は、ぜひご一読下さい。

自分のタイプ・適性を知りたいならOfferBoxの適性診断テストを受けてみよう!

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

自分のタイプを早めに把握して、適性ある企業・業界を探して見たい!

そういう就活生は、まずOfferBox適性診断テストを受けてみましょう!

就活生の3人に1人が利用しているため、大量のデータをもとにあなたの適正・タイプを診断してくれます

また、プロフィールを登録するだけで90%以上の確率で適性診断・登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\まずはユーザー登録して適性診断を受けてみよう!/

OfferBox適性診断テスト」をまだ受けていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

TOEICとは

TOEICとは「国際コミュニケーション英語能力テスト」のことで、英会話能力とビジネスコミュニケーション能力を測る民間のテストのことです。

一般的にも結果の信頼性が認知されていることから、TOIECテストで高得点を獲得するとビジネス英会話能力があることを証明できます。そのため、海外で働く可能性がある方や、外国人とのコミュニケーションが欠かせない人が沢山受験しています。

この記事ではそのTOEICについて、就職・転職活動でアピールできる得点や、得点を記載する上で気になるポイントを紹介します。

TOEICの履歴書への記入方法

TOEICの得点は、受験したTOEICテストの正式名称とともに履歴書の「資格」の欄に記載しましょう。

TOEICには下記のように様々な種類があり、それぞれのテストで証明できる英語能力は異なります。そのため、あなたが受験した試験がどれかを覚えておき、正しいテスト名を記載する必要があります。

参考:TOEIC公式ホームページ「テストの特徴」

①と②が主に就職・転職活動時に英語力をアピールできるテストです。③は基礎的な英語力を測るテストのため、PRでは使用できません。「TOEIC IP」は過去のテストを再利用したテストで、企業側から指定がなければ使用できます。

企業にアピールできるTOEICスコアは700点から

TOEICの得点ごとの就活・転職活動でアピールできる内容は下記の通りです。

参考:神田外語学院

就職・転職活動で「強み」として英語力をアピールしたい場合は、最低でも700点以上得点しておく必要があります。しかし、英語を使ってビジネスをしたい場合には900点以上を取得しておきましょう。

上記は「①TOEIC® Listening & Reading Test」のスコアです。上記の得点のみでも十分アピールできますが、スピーキング・ライティング能力の証明をしたい場合は「②TOEIC® Speaking & Writing Tests」を受験しましょう。

基準のスコアは業界によって異なる

就職活動において学生に求められるTOEICスコアは、業界によって異なります。一般的には海外や外国人との関わりが多い業界・企業ほど求められるスコアは高くなります。一般的な傾向として、各業界で求められるスコアは下記のとおりです。

参考:外資就活ドットコム

戦略コンサル・外資系投資銀行・商社の3業界では、日常的に英語を使ったコミュニケーションが発生することと、複雑な内容を英語で主張・理解する必要があるため、必然的に選考時に求められるスコアは高くなります。

その他、ホテル・航空業界でも、外国人との接点が多いことから比較的高水準のスコアが必要になります。製造業界の企業では大企業であるほど海外拠点をたくさん持っていることから高い水準のスコアが求められます。

TOEICの履歴書への記載の疑問

最後にTOEICを英語力のアピール材料として使う場合に、気になる2つの疑問について紹介します。

「TOEICのスコアには有効期限がある」「嘘のスコアを書いてもバレない」といった噂がありますが、この見出しではその2つについて回答します。

TOEICを運営する「国際ビジネスコミュニケーション協会」が公表している内容も交えて回答しますので、正しい理解をした上で履歴書でアピールしましょう。

目次

疑問①|何年前のスコアなら使ってもいいのか

まず、TOEICのスコアは何年前のものを使用しても構いません。

TOEICの公式ホームページ中の「よくある質問」ページの中に、下記のように記載されている通り、TOEICテストのスコアに有効期限はありません。そのため、何年前のスコアを記載しても有効とされています。

有効期限はありません。※ただし再発行は解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間に限ります。

参考:TOEIC公式ホームページ

過去に有効期限が「2年間」だったこともありますが、現在は有効期限はありません。ただし、就職活動などでアピールする際は出来る限り最近のテスト結果を使用しましょう。可能であれば3ヶ月以内、少なくとも半年以内が信頼できるスコアとなります。

疑問②|嘘のスコアはバレるのか

TOEICの結果について、嘘のスコアを書いて履歴書でバレることは少ないですが、嘘は書かないことをお勧めします。

企業によっては履歴書にTOEICのスコアの証明書を添付することを求めており、その場合はすぐにバレます。そうではない場合も、面接で英語で自己PRしたり面接全体が英語になることもあります。

その他、入社後にTOEICの受験が義務付けられている企業であればその時点で嘘がバレますし、実務の中で英語力に問題があることがバレれば仕事のチャンスを得られなくなります。後々あなたが働きづらくなるので、嘘を書くのはやめましょう。

まとめ

この記事では就職・転職活動におけるTOEICに関して、アピールできるスコア・業界別に求められるスコア・履歴書への記載方法について紹介しました。

就活用にTOEICの学習を行う方の多くは、業務上映後の仕様が必要になる業界や海外進出している大企業への就職を考えている方が多いと思います。その際、求められるスコアは非常に高く、周囲の選考受験者もあなたと同様の対策をしてきます。

その中でTOEICのスコアで英語力をアピールするのであれば、最低でも750点程度は得点しておき、また、外資系企業を受ける場合には面接で英語で受け答えができるように対策もしておきましょう。

目次