履歴書には鉛筆ではなくボールペンを使うべき!その理由や下書きの疑問も解説!

履歴書は正社員用・アルバイト用、職種などにかかわらずボールペンで書きます。しかし中には履歴書を鉛筆で書いてしまったという人もいるようです。今回は履歴書を鉛筆で書いてはいけない理由や、修正液を使っても良いのかなどについての解説です。下書きは鉛筆でしても良いのかなどについてもご紹介しています。

自分のタイプ・適性を知りたいならOfferBoxの適性診断テストを受けてみよう!

自分がどんな業界や仕事に興味・適正があるのかわからない・・・

自分のタイプを早めに把握して、適性ある企業・業界を探して見たい!

そういう就活生は、まずOfferBox適性診断テストを受けてみましょう!

就活生の3人に1人が利用しているため、大量のデータをもとにあなたの適正・タイプを診断してくれます

また、プロフィールを登録するだけで90%以上の確率で適性診断・登録情報にマッチした大手企業・ベンチャー・官公庁(経産省)をはじめとする優良企業からスカウトが届きます。

\まずはユーザー登録して適性診断を受けてみよう!/

OfferBox適性診断テスト」をまだ受けていない学生は、この機会にぜひ活用しておきましょう!

履歴書を鉛筆で書いてはいけない

履歴書は黒ボールペンで書くべきです。鉛筆で書いてはいけません。シャープペンシルも同様で使うべきではありません。

一般的に社会では青のボールペンでも良いと言われていますが、この意見には賛否があります。そのため履歴書ではもっとも安全な黒ボールペンを使いましょう。

履歴書をボールペンで書くのは基本中の基本

履歴書をボールペンで書くのは社会的マナーの中でも基本中の基本です。履歴書に限らず正式な重要書類の記載はすべてボールペンで行います。

履歴書を送る際には、書き方や送り方などにそれぞれマナーがあります。しかしそれらのマナーすべてを必ず守っていなければ選考から落とされるというわけではありません。

しかし「履歴書をボールペンで書く」というマナーは社会人としての常識として捉えられている部分です。履歴書を鉛筆やシャープペンシルで書くことは他のマナー違反とはレベルが違うということを覚えておきましょう。

履歴書を鉛筆で書くべきではない理由

履歴書を鉛筆で書くべきではない、ということは先にお伝えしました。次はなぜ履歴書を鉛筆で書くべきではないのかという理由について解説します。

鉛筆で書くべきではない理由を知っておけば、履歴書を書くとき間違えずにボールペンを使えるかもしれません。

目次

書き換えられる可能性を排除できない

まず1つ目は「鉛筆だと書き換えられる可能性がある」という理由です。鉛筆やシャープペンシルは消すことができるので、第三者でも履歴書の内容を書き換えることができます。

第三者に悪意がなかったとしても、他の書類の文字を消すときに一緒に消えてしまうという事故もおこるかもしれません。

履歴書は自分が何者であるかということを知らせるだけでなく、希望する企業への想いを伝えるための大切な書類です。文字が消えたり書き換えられたりして良いものではありません。

一般常識がないと判断されてしまう

2つ目の理由は「一般常識がない人と判断されてしまう」という理由です。先にお伝えしたように、履歴書を始めとする正式な重要書類をボールペンで書くというのは広く認知されている常識中の常識です。

そんな常識を知らず、履歴書を鉛筆で書いている人はかなりの確率で「常識がない人」と判断されてしまうでしょう。

実際に履歴書を見る立場の人は、細かい内容よりもまずは「常識のある人か」という視点で見ています。履歴書を鉛筆で書くという非常識なマナー違反を犯している場合は、まず選考から落とされる可能性があるということです。

ボールペンで書く場合も修正液を使うべきではない

履歴書を一般常識通りにボールペンで書いたとしても、まだ注意しなくてはならないことがあります。それは「修正液を使うべきではない」ということです。

ボールペンは一度書いたら消えませんので、書き間違いをした場合は履歴書そのものを最初から書き直すのがマナーです。履歴書だけでなくすべての正式な重要書類に修正液は使えません。

鉛筆で履歴書の下書きをするのは問題ない

履歴書を書くときに下書きをしたいという人もいるでしょう。この下書きの場合は鉛筆を使っても問題ありません。下書きをした後にボールペンで清書をし、鉛筆で書かれた部分は消しゴムできれいに消しましょう。

鉛筆で下書きをした場合は、封筒に入れる前に鉛筆の部分がすべて消されているかを確認し、消し忘れがないようにしてください。

まとめ

「履歴書は鉛筆では書かない、修正液は使わない」というのは一般常識の中でも、基本中の基本です。必ず黒ボールペンで書き、書き間違いをしたら最初から書き直すようにしましょう。

履歴書のマナーはこれだけではありませんが、まずはこの最低限のマナーを守ることが採用への第一歩です。

目次