【2020年版】IT業界の就職偏差値|GAFAや国内のIT企業を紹介

2chで2019年度のIT企業ランキングをご覧になり、最新の就職偏差値を知りたいと感じた方もいらっしゃると思います。IT企業は2020年度も就職偏差値が高く、とりわけ理系大学の学生に人気です。本記事では、まずITの就職偏差値とIT業界の分類をご紹介します。続いて、就職偏差値ランキングもご紹介します。

業界

ITの就職偏差値

https://images.unsplash.com/photo-1460925895917-afdab827c52f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1460925895917-afdab827c52f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

IT業界は、文系学生のみならず理系学生にも人気であり、就職が難しいと言われています。

本見出しでは、ITの就職偏差値がどのような実態かについて理解を深めるために2つのポイントをご紹介します。就職活動中の方は、他の業界の就職偏差値も合わせてご確認下さい。

ITの就職偏差値は高い

就職偏差値とは、「就職偏差値ランキング委員会」が2chなどを参照に数値化した就活生の内定取得難易度であり、ITの就職偏差値は高いと考えられます。

  • 2020年卒の就職偏差値まとめ表
  • 就職偏差値に固執しがちな人にありがちな3つの状況
  • 就職偏差値に頼らず企業を選ぶための価値観

こちらの記事では、以上のようなポイントを中心に2020年度の就職偏差値をご紹介していますので、就職偏差値の高いIT企業を検討していてお悩みの方は合わせてご一読ください。

ITの就職偏差値が高い理由

ITでは、なぜ金融業界やメディア業界のように就職偏差値が高いのか、その理由を詳しく知りたいと感じた方もいらっしゃると思います。

本見出しでは、ITの就職偏差値が高い理由を3つご紹介します。

①専門的な知識を要するから

1つ目の理由は、専門的な知識を要するからです。ITの専門的な知識とは、職種や業務内容に応じて取得が必要であり、専門職としてのキャリアを築くことが可能になります。

  • Webデザインをするため必要なHTMLやCSS資格
  • システム導入などに役立つ情報処理技術者資格
  • プログラミング力を示せるJavaやRubyなどの認定資格

以上は、IT関係の仕事で必要とされる専門資格です。これらは、中途採用でもピンポイントで募集がされており、新卒入社時に保持していると非常に高い評価がなされると言えます。

②時代のニーズが高まっているから

2つ目の理由は、時代のニーズが高まっているからです。近年、技術の進歩に伴い様々なITテクノロジーが飛躍的な進歩を遂げており、社会に不可欠な存在となりつつあります

  • 多量のデータ分析(Data Analytics)による、顧客のニーズ把握と製品の適性化
  • 人工知能(AI)の開発による、自動化および機械化の実現
  • あらゆる物にインターネットを接続する(IoT)ことによる、情報交換や情報制御

これらは、IT時代のニーズを語る上で特に重要なキーワードです。IT企業は今までの常識を打ち破り、より便利で革新的な技術を社会に提供することが期待されています。

③高給で福利厚生も整っているから

3つ目の理由は、高級で福利厚生も整っているからです。福利厚生とは、企業側が労働者に対して賃金に加えて提供する非金銭的な報酬であり、従業員の満足度にも影響します。

  • 産地直送の有機食品と肉類の配達
  • 移動美容室とサロン
  • 様々な業者によるオフィスでの訪問販売

以上は、特に良いと評判になっているGoogleの福利厚生です。IT企業では、社員のパフォーマンスを最大化するために、業務外の便利性を上げたりリフレッシュの機会を用意しています。

IT業界は年収偏差高水準です。以下の記事では企業別・業界別・大学別の年収偏差値に関して詳しく紹介していますので、興味のある方はこちらも併せてご覧ください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。