ヘッダー画像

【テンプレ】ブライダル業界で「憧れ」の志望動機はNG?職種別の志望動機を紹介!

ブライダル業界は女子学生から人気がありますが、どのような志望動機を書くべきかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。憧れの業界に就職をするため、書類選考を突破できる志望動機を準備したいですよね。この記事では、ブライダル業界の志望動機を考える手順、ポイントやNGな志望動機をご紹介します。

志望動機職種

ブライダル業界とは

https://images.unsplash.com/photo-1521764397424-0df202eec9ac?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ブライダル業界とは、結婚を控えるカップルに対して挙式サービスを行います。これまで、ホテルウェディングが主流でしたが、ゲストハウスやレストランなど多様化しています。

日本では、未婚率の上昇や晩婚化が進んでいます。そのため、場所や予算などを考慮し、よりお客様のニーズに合った挙式の提案が求められています。

仕事内容

ブライダル業界の仕事は、大きく分けて以下の4つとなります。

  • ブライダルエステティシャン: 新婦がドレスを美しく着るためボディケアを施術する
  • ウェディングプランナー: カップルと打合せを繰り返し、結婚式をプロデュースする
  • ドレスコーディネーター: 希望や予算に合わせて挙式の晴れ着をコーディネートする
  • ヘアメイクアーティスト: ヘアアレンジやメイクアップをする

ブライダル業界が求める人材

ブライダル業界が求める人材とは、以下のポイントに当てはまる人です。

  • 結婚式という人生で特別な日を成功させる手助けがしたい
  • 誰かの希望や目標を聞いて、一緒に創り出していくことにやりがいを感じる
  • スケジュール変更や予算に応じて、柔軟な提案と対応ができる

ブライダル業界では、メインとなる2人と話し合いを重ねながら挙式の準備をします。結婚式を迎える幸せな気持ちに寄り添いつつ、プロとして成功させる力も求められます。

ブライダル業界の人気企業

ブライダル業界では、以下のような人気企業があります。ブライダル業界への就職を検討されている方は、大手企業を比較しそれらの特徴を把握しておきましょう。

企業名特徴
株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ日本国内において第1位の売り上げ実績
ワタベウェディング株式会社海外のウェディング提案に強い
株式会社ツカダ・グローバルホールディング全国に23の拠点がありニーズに応じた挙式を提案

各社とも、ブライダル事業に加えてレストラン事業やホテル事業など、結婚式に付随する事業も行っています。

ブライダル業界の志望動機のポイント

https://images.unsplash.com/photo-1459501462159-97d5bded1416?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ブライダル業界に就職がしたいけれど、志望動機のポイントが何かわからないと感じるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、ブライダル業界の志望動機のポイントを3つ紹介します。ポイントを把握し、書類選考の突破に繋がる志望動機を準備しましょう。

実体験を交える

志望動機を考える際の1つ目のポイントは、実体験を交えるです。結婚式に参加するきっかけは、家族、友人や職場の同僚など幅広くあると思います。

ブライダル業界の志望動機を考えるポイントとして、どのような結婚式に出席しなぜブライダル業界に興味を持ったのか、実体験を交えることを心がけましょう。

採用担当者は数百から数千もの応募書類を見ているため、印象に残るエピソードを実体験として盛り込むことがが推奨されます。

ブライダル業界が求める人材を意識する

志望動機を考える際の2つ目のポイントは、ブライダル業界が求める人材を意識するです。上述の通り、ブライダル業界が求める人材はいずれかのポイントに該当しています。

結婚式を迎えるカップルの気持ちに共感をしつつ、ブライダル業界のプロとして結婚式が成功するようにサポートできることを意識しましょう。

憧れだけではなくどのような形で貢献できるか明確にする

志望動機を考える際の3つ目のポイントは、憧れだけではなくどのような形で貢献できるか明確にするです。ブライダル業界では、接客力に加えて収益確保力も不可欠となります。

お客様の理想とする結婚式を形にしつつ、会社に十分な収益をもたらすことも求められます。担当する職種に応じて、どのように貢献ができるかを明確化しましょう。

ブライダル業界の志望動機を考える手順

https://images.unsplash.com/photo-1450101499163-c8848c66ca85?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ブライダル業界の志望動機を考えるポイントがあることはわかりましたが、考える手順も知りたいという方も多いのではないでしょうか

本見出しでは、ブライダル業界の志望動機を考える手順を2つに分けてご紹介します。より説得力のある志望動機を用意するため、考える手順を把握しておきましょう。

①なぜブライダル業界か

志望動機を考える手順の1つ目は、なぜブライダル業界かを考えるです。志望動機を考えるにあたり、なぜ数ある業界の中からブライダル業界なのかを考えましょう。

ブライダル業界にだけあって、その他の業界ではないという差別化のポイントを模索すると論理的で説得力のある志望動機となります。

②なぜ御社か

志望動機を考える手順の2つ目は、なぜ御社かを考えるです。前述の通り、ブライダル業界には大手企業がいくつもあるので、応募する企業を選ぶ理由を明示しなければなりません。

なぜ御社かを考慮するにあたり、他社と比較してベンチマーキングを行いましょう。各社の強みや弱み、また特徴を併記することで明確な理由を見つけることができます。

【テンプレ】ブライダル業界の職種別志望動機

https://images.unsplash.com/photo-1496902526517-c0f2cb8fdb6a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ブライダル業界の志望動機を考えてみたけれど、いくつか職種があるので上手く書けないと悩みますよね。

以下では、ブライダル業界の職種別志望動機を4つご紹介します。これらを参考に、自分でも志望動機を考えてみましょう。

ブライダルエステティシャン|206文字

私がブライダルエステティシャンを志望する理由は、挙式をきっかけとして結婚するカップルが美容や健康を心がける機会を提供したいからです。

新婦は結婚式に向けて痩身や美容エステを行いますが、大変でも続けられるよう新郎も参加できるようなきっかけ作りをしたいと考えています。

結婚後は2人で様々な困難を乗り越えていくこととなるので、1度きりのブライダルエステではなく、共通の趣味となるような知識も提供できる存在になりたいです。

ウェディングプランナー|199文字

私がウェディングプランナーを志望する理由は、お客様の理想と予算にマッチした挙式の提案をすることで、生涯で最高の1日となるようお手伝いがしたいからです。

結婚式の準備において、理想と予算のバランスをとることがお客様にとって最も難しい課題であると考えています。

そこで、ウェディングプランナーとして理想と予算に応じたプランを網羅的に用意し、お客様から頼られるウェディングプランナーになりたいと思っています。

ドレスコーディネーター|191文字

私がドレスコーディネーターを志望する理由は、衣装や小道具を通して結婚する2人の魅力や挙式のコンセプトを参加者に伝える手助けがしたいからです。

結婚式において、衣装や小道具はメインの2人だけでなく結婚式に参加する全ての人に多大な影響を与えると思います。

たとえ高い衣装や小道具ではなくても、結婚式を成功させるためのツールとして最大限活用頂けるように、アイディアを提供したいと考えています。

ヘアメイクアーティスト|192文字

私がヘアメイクアーティストを志望する理由は、ヘアメイクという切り口から結婚する2人の内面的な輝きを引き出したいからです。

結婚式では、開会から閉会までいくつかの衣装を着ることとなるので、それらに合わせたヘアメイクを素早くできる技術が必要と考えています。

ヘアメイクは女性だけと捉えられがちですが、男性の魅力も引き出す力があるので、お客様から信頼されるヘアメイクアーティストになりたいです。

ブライダル業界でNGな志望動機

https://images.unsplash.com/flagged/photo-1567194522735-2c8d9ae8a31d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ブライダル業界ではNGな志望動機がいくつかあります。書類選考で不合格とならないためにも、NGな志望動機は知っておきたいですよね。

以下では、NGな志望動機の例を2つご紹介するとともに、どの点がNGかも簡潔に解説します。 

例① 新婦目線での志望動機

私がブライダル業界への就職を希望する理由は、ゲストハウスでのウェディングに憧れているからです。以前、ゲストハウスを舞台にした結婚式特集を見たとき、手作り感満載のアットホームな挙式がとても素敵だと感じました。 ゲストハウスでの挙式では、準備段階で友人の協力を得て創りあげる楽しさがあるだけでなく、年配の親族もリラックスして参加できる環境なのが魅力です。そのため、ウェディング業界に就職し、ゲストハウスでの挙式が持つ魅力を多くの人に伝えたいです。

挙式のメインは、ブライダル業界の人ではなく結婚するカップルという視点が抜けています。

例② 貢献可能性が曖昧な志望動機

私がブライダル業界を志望する理由は、お客様のニーズに100%あった結婚式を企画したいからです。ブライダル業界の人材に求められるのは、お客様の希望や理想を完璧に把握しそれを形にすることだと考えています。 たとえ挙式の準備にどれだけ時間がかかっても、打合せを重ねていけば必ずご満足頂ける挙式が企画できると考えています。そのため、私は大変でも決して妥協せずにお客様が喜んで頂ける結婚式をコーディネートしていきます。

ブライダル業界のプロとして、企画実行力と収益確保力も必要となります。

まとめ

ブライダル業界は、主に4つの仕事に分かれており志望動機を考える際には大切な手順やポイントがあることがわかりました。

また、職種別の志望動機テンプレやNGな志望動機も紹介しましたので、それらを参考に志望動機を書いてみて下さい。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。