建設コンサルタントは激務?「辛い」「辞めたい」評判の真相や激務の理由を解説

東京オリンピックや大阪万博の開催に伴い、建築ラッシュが起こっています。その影響もあって建築コンサルタントが激務だといわれていますが、その理由は明確になっていません。そこで建築コンサルタントの仕事内容や激務と言われる理由、向いている人などについて紹介します。

激務コンサル

建設コンサルタントとは

https://images.unsplash.com/photo-1496902526517-c0f2cb8fdb6a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1496902526517-c0f2cb8fdb6a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

建設コンサルタントとは、私たちの生活の基盤であるインフラの計画や調査、設計についてコンサルティングする仕事です。

道路や鉄道、橋、港湾、空港といった公共性の高い施設・設備が対象なので公共事業が中心で、発注元は国交省が多いです。ゼネコンの担当部署との違いは、発注者に立場にたってアドバイスすることです。

事業の計画策定

建築コンサルタントの仕事は、発注先から建設事業の企画内容をヒアリングしたうえで、事業計画を策定するところから始まります。

公共施設の建設を例に考えてみます。まず、建設を考えている公共施設の需要を予測し、整備効果を検討します。さらに建設にあたって、地域住民の意向をヒアリングすることも、建築コンサルタントの大切な仕事です。

これらのプロセスを終えてから、事業計画を策定し、発注元にプレゼンテーションし承認を得ます。これらのプロセスは公共施設だけでなく、環境や景観、観光、産業、公共交通計画などで持てる行われます。

地質調査・環境評価

事業計画を策定したらまず、「地質調査」を行います。実際には遅しく調査に先立って、「資料調査」と「現地調査」が行われるのが普通です。

地質調査により地盤の状態を把握することで、その土地に最適な設計や建築方法を考えることができます。これは建設する建物を、長期にわたって安全に使えるものにするために欠かせないプロセスです。

さらに経済や施工、維持管理性について検討し、地域住民の意向を把握することも並行して行います。これらの総称を「環境影響評価」といいます。

設計

地質調査等が終わると、基本設計に入ります。基本設計とは、敷地や立地条件などの調査結果を踏まえて、建築基準法等の関係法令に即して、平面・立面の基本設計図を作成することです。

その際には実施費用も計算し、予算と納期に合う内容にしておかなければなりません。この基本設計が承認されて初めて、実施設計に入ります。

実施設計とは、工事に着工するために不可欠な図面を起こすことです。これには意匠設計図や構造設計図、構造計算書、設備設計図、各工事仕様書、工事費積算書、建築関係諸手続き書類などが含まれ、申請手続きも行います。

施工管理

工事が着工されると、建築コンサルタントの業務は施工管理がメインとなります。施工管理とは、施設が設計図に即して作られているかを確認したり、施工検査・強度試験・材料検査を行い、必要に応じた設計変更を行うことです。

工事期間中は施行計画の検討や助言、発注元と施工者間の調整、各種報告と手続き処理などを行います。そして建物が竣工した後は消防署や役所による検査及び建築引き渡し時の立合いのほか、最終的な工事の確認も担当します。

維持管理

近年は公共事業の透明化や手抜工事の防止を目的に、公共施設管理において包括的民間委託を行うケースが増えてきています。

そうした背景もあり、建設コンサルタントの受注方法によって、建物の引き渡し後の維持管理まで担当する案件も増えているようです。

その場合は、施設の老朽化を念頭に置いた維持管理費や更新費を試算し、その予算を確保することも大切な仕事となります。

建設コンサルタントが激務と言われる理由

https://images.unsplash.com/photo-1527335988388-b40ee248d80c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1527335988388-b40ee248d80c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

建築コンサルタントは、激務なことで知られます。主なクライアントが官公庁であり、事業計画に関するコンサルティングを行うだけでなく、引き渡しまで滞りなく業務遂行するよう管理をし、利益もあげなければならないと考えると、頷けます。

ではなぜ建築コンサルタントが激務といわれるのが、具体的に説明していきましょう。

案件が同時並行で進む

公共事業の多くは、予算が決まっています。当初のオリエンテーションで説明されていた以外の要望が、入札後に出てくることも多く、そもそも利益率が高い仕事とはいえません。

そのため建設コンサルタントの多くは、利益を確保するために、複数の案件を抱えるのが一般的です。公共事業は納期が明確で、年度をまたぐことができませんので、複数案件を同時進行するのは簡単なことではありません。

規模や工程の違う恐恐事業を複数抱えていると打ち合わせが多く、会社に戻ってからは報告書や各種書類、原価チェックなどの作業を行わなければならず、早出・深夜残業・休日出勤を余儀なくされるケースが多いです。

自主的な勉強には残業代が出ない

建築コンサルタントは事業計画を遂行するにあたり、品質や工程、安全、 情報、人的資源などを、幅広く総合監理しなければなりません。

現場には専門職が多く、建設技術がなければ工事内容をチェックすることもできません。また、提案力や業務管理能力、経営能力知識下求められるので、若いうちは特に勉強を欠かせないのです。

しかし、業務に関する勉強であっても、自主的に行っている場合は残業代が出ない風潮があります。会社の利益のためにスキルアップを考えていても、それは個人の負担と頑張りが前提というのが実情です。

若手の間はやらされ感が強い

建築コンサルタントとして一人前になるには5~10年かかるといわれており、それまでは上司の指示の下で仕事をします。そのため20代の建設コンサルタントは、やらされ感を感じる傾向が強いです。

仕事の流れや作業の意味が理解できていれば、仕事がきつくても、休みが取りにくくても不満は感じにくいものです。しかし、指示の意図や目的を説明してくれない上司の下で、作業だけが積み重なる状況で休みもなければ、不満が募るのは当然なことです。

さらに上司に作業報告をした際、簡単に突き返されれば、精神的な負担も大きくなります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。