設備管理の志望動機とは?|ポイントや例文を徹底解説します!

設備管理は、経験者や未経験者にも人気の職種であり、志望動機は重要なポイントです。数ある業種の中から、なぜ設備管理の仕事に就きたいのか、説得力のある志望動機を述べることが求められます。本記事では、まず設備管理の概要と志望動機のポイント。次に、設備管理の例文や面接の注意点を解説致します。

業界

設備管理とは

https://images.unsplash.com/photo-1531403009284-440f080d1e12?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1531403009284-440f080d1e12?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

就職活動中の皆様にとって、設備管理という職種はあまり馴染みがなく、どのような仕事をしているのか、イメージが付きにくいものと考えられます。

そこでこちらの見出しでは、設備管理とはどのような職種なのか、2つのポイントから仕事内容と役立つ資格へのご理解を深めて頂くために解説致します。

設備管理の仕事内容

1つ目のポイントは、設備管理の仕事内容についてであり、具体的には以下のような業務を担当する職種となります。

  • 電気、空調やボイラーなどが不具合なく正常に稼働するようための保守管理
  • 生産設備の長期的な効率活用を実現するための点検・補修活動
  • 設備周辺の清潔さを保つための清掃や、防犯のための巡回

このように、設備管理は商業施設が不具合なく稼働するために、様々な設備を保守管理したり、重大な故障が起きないよう点検・補修をする業務となります。

また、一般の利用者が立ち入らない設備管理室を清潔に保ち、不審者がこれらの設備を破損させないように巡回して警備することも行っています。

設備管理に役立つ資格

2つ目のポイントは、設備管理に役立つ資格であり、例えば以下のような資格が設備管理を目指す上でポジティブに評価される資格となります。

  • 危険物取扱者乙種
  • 第二種電気工事士
  • 消防設備士
  • 二級ボイラー技士
  • 第三種冷凍機器保安責任者

これらの資格の多くは、難関国家資格であるため取得までに大学の卒業や、基礎となるその他の資格を取得することが条件として課せられていると考えられます。

そのため、設備管理として働く上で資格を活用したい方は、どのような資格が何の業務に生かせるのかを調べて、大学在籍中と卒業後のスケジュールを立てて取り組みましょう。

設備投資の志望動機を書く際のポイント

https://images.unsplash.com/photo-1542626991-cbc4e32524cc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1542626991-cbc4e32524cc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

冒頭の見出しにて、設備管理の仕事内容と役立つ資格をご紹介致しましたが、志望動機をどのように書くべきか迷ってる方も多いと考えられます。

そこでこちらの見出しでは、設備管理の志望動機を書く際のポイントを3つお伝え致しますので、執筆においては特に意識してみると良いでしょう。

ポイント①|結論から述べる

1つ目のポイントは、「なぜ設備管理の仕事がしたいのか」という、志望動機の結論から述べることです。

  • 施設管理のバイトにやりがいを感じたから
  • 資格を活かせる施設管理の仕事がしたいから
  • 御社の経営理念に共感したから

例えば、以上のような理由を結論として、一言で施設管理への志望動機を伝えられることができれば、わかりやすくて良いと考えられます。

反対に、読み手が志望動機を明確に把握できない長文や、施設管理を志望する根拠を最初に述べてしまうのは適切でない書き方となります。

ポイント②|背景を解説する

2つ目のポイントは、「設備管理に興味や接点を持った出来事」などの、背景を解説することです。

  • OBOG訪問にて、施設管理の仕事を知った
  • 商業施設によく行くため興味を持った
  • 就活セミナーで施設管理の方から話を聞いた

このように、施設管理へ志望動機を持つきっかけや出来事は何だったかを述べることで、冒頭の結論により説得力を持たせることが可能です。

この時、数ある職種の中でもなぜ設備管理に惹かれたのか、職種特有の優位性を合わせて述べることも、背景を伝える際には重要となります。

ポイント③|貢献可能性を伝える

3つ目のポイントは、「設備管理の仕事に就いたら活躍できる」という、貢献可能性を伝えることです。

  • 自分の能力・スキルをどのように活かせるか
  • 自身の性格や人間性がなぜ向いているのか
  • 他者よりも自分には何があるのか

このように、施設管理を志望する結論と背景を伝えたら、具体的になぜ自分が施設管理の仕事を行えるのか、自分の貢献可能性を述べましょう。

貢献可能性を伝える際、施設管理の仕事を最初から全てできる必要はないため、自身の特徴から役立てられる点を選び述べることが推奨されます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。