【最新|2020年】素材メーカーの就職偏差値ランキング!化学メーカー以外も豊富に紹介!

素材メーカーは、化学メーカーや半導体と同様に利益率が高いと言われています。世界には様々な種類の素材メーカーがありますが、年収による世界ランキングはどうなっているでしょうか。本記事では、まずホワイト企業として人気の素材メーカーについてご紹介し、続いて就職偏差値ランキングと各素材メーカーをご紹介します。

業界

素材メーカーはホワイト企業として人気がある

https://images.unsplash.com/photo-1468927201227-35e86293a0c8?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1468927201227-35e86293a0c8?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

素材メーカーは、日常の生活では接する機会が少ないため知名度は損なで高くない企業ばかりですが、ホワイト企業として人気があります。

本見出しでは、「上流の事業だから」と結論付けられる、素材メーカーがなぜホワイト企業として人気なのか、その理由を3つご紹介します。

理由①|需要がなくならない

1つ目の理由は、需要が無くならないからです。素材メーカーは、製造業の基本となるサプライチェーンの最上流に位置しており、中流や下流に位置する企業からニーズがあります。

中流に位置する部品メーカーや、その下流に位置する製品メーカーがまとめていなくなることは考えにくく、モノづくりの源泉として常に必要とされているのです。

理由②|倒産の危険性が少ない

2つ目の理由は、倒産の危険性が少ないからです。企業が倒産するパターンとしては、主に以下の3つが挙げられますが素材メーカーいずれにも該当しないと考えられます。

  • スタートアップ時の企業で、成長速度に対して財務体力が追い付いていない
  • マーケットにおける占有率が低く、売上が横ばいから減少傾向にある
  • 売上規模は一定以上あるが、利益率が赤字状態であり儲からない

素材メーカーは、このように倒産へ繋がる状況とはかけ離れており、安定した事業展開と利益の確保ができるという強みがあります。

理由③|営業も自ら売り込む必要はそこまでない

3つ目の理由は、営業も自ら売り込む必要はそこまでない。営業が売り込みをかけざるを得ない状況としては、以下のような理由が考えられます。

  • 新規のサービスを提供しており、認知度やニーズが著しく低い
  • 一定のニーズはあるが、競争優位性が低く顧客数が限られている

素材メーカーの場合、その素材を利用して何らかの部品や製品を作ろうと考える企業が、自発的に買い付けに来るため、営業活動がそこまで必要とされません。

素材メーカー以外のメーカー全体のホワイト企業一覧は以下の記事で紹介しています。素材メーカー以外にも、メーカー全体に興味がある方はぜひご一読ください。

素材メーカーの就職偏差値ランキングとは

https://images.unsplash.com/flagged/photo-1578928534298-9747fc52ec97?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/flagged/photo-1578928534298-9747fc52ec97?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

前出の見出しでは、素材メーカーがホワイト企業で人気の理由がわかりましたが、就職偏差値ランキングを知りたいと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、素材メーカーの就職偏差値ランキングをご紹介致しますので、素材メーカーへの就職をお考えの方はご参照下さい。

素材メーカーの就職偏差値ランキング一覧

本見出しでは、素材メーカーの就職偏差値ランキング一覧を一挙にご紹介します。各偏差値毎の会社をお伝えしますので、業界研究にご活用ください。

就職偏差値ランキング

企業名

64以上

日本製鉄、JFEホールディングス、旭硝子、信越化学

63~59

住友金属、住友電工、住友化学、三菱化学、神戸製鋼、三菱マテリアル、旭化成、東レ、住友鉱山、JX金属、富士フィルム、三井化学、昭和電工、帝人、JSR、王子製紙、古河電工、日新製鋼、大陽日酸、宇部興産、日東電工、積水化学、太平洋セメント、日本、紙、クラレ、日立、属 三井金属 、フジクラ、三菱瓦斯化学 東ソー、カネカ、日立化成、住友ベークライト、日本板硝子

58~57

大同特殊鋼、DOWA、日本軽金属、日立電線、トクヤマ、日本電気硝子、三菱レイヨン、日本触媒、日本ゼオン、日産化学、関西ペイント、日本ペイント、高砂香料、長谷川香料、東京製鐵、JFE鋼板、愛知製鋼、古河機械金属、ADEKA、エア・ウォーター、電気化学、東京応化、日本エアリキード、日本高純度化学、ダイセル化学

56-53

山陽特殊鋼、古河スカイ、積水化成品、セントラル硝子、三菱樹脂、日本曹達、東洋インキ、住友大阪セメント レンゴー、三菱製紙、住友軽金属、クレハ、大日精化、日本化薬、日本パーカラジインク、東洋紡、日清紡、北越製紙、東邦亜鉛、昭和電線、三菱電線、日油、コニシ サカタインクス、三洋化成、新日鐵化学、チッソ東亞合成、三菱アルミニウム、アイカ、石原産業、堺化学、JSP、住友精化、保土谷化学、本州化学、大王製紙

52以下

東邦チタニウム、荒川化学、関東電化、四国化成、昭和高分子、積水樹脂、ダイソー、中越パルプ、タツタ電線、テイカ、日本合成化学、ハリマ化成、藤倉化成、日本精化、日本農薬、ユニチカ、エスケー化研、第一工業製薬、大日本塗料、日本カーリット、北興化学、富山化学、日東紡、日本化学、日本化成、ラサ工業、大倉工業、コープケミカル、東洋合成、有機合成薬品、クラボウ、日本カーバイド

素材メーカーの就職偏差値ランキングによると、鉄鋼・非鉄金属系の素材メーカーを筆頭に、電子素材や化学素材など幅広い素材メーカーがランクインしているとわかります。

素材メーカーの就職偏差値ランキングは参考程度に留める

前述の見出しでは、素材メーカーの就職偏差値ランキングをご紹介しましたが、就職偏差値とはどのくらい重要なのかと疑問に感じた方もいらっしゃると思います。

  • 2020年卒の就職偏差値ランキング
  • 就職偏差値を参考にすべきではない3つの理由
  • 就職偏差値に固執する人にありがちな3つの未来

以下の記事では、就職偏差値について理解を深めたいという方に対して、上述のようなポイントを中心として、就職偏差値をご紹介しています。

就活では、就職偏差値をあくまでも参考程度に捉えて、固執しすぎないようにしましょう。

素材メーカーには数多くの種類がある

https://images.unsplash.com/photo-1531973576160-7125cd663d86?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1531973576160-7125cd663d86?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

就職偏差値は参考程度にすべきですが、素材メーカーの就職偏差値ランキングでは様々な会社があることがわかりましたので、代表的な業界を一挙にご紹介します。

  • 化学
  • 繊維
  • 鉄鋼
  • 非鉄金属
  • セメント
  • 化粧品
  • 医薬品
  • 日用品

以上が、素材メーカーのある代表的なメーカーです。いずれの業界においても、商流の上流に位置する素材メーカーとして、モノづくりやサービス提供に貢献をしています。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。