働くとはを面接で聞く意図とは?|働く目的5選やポイントを徹底解説!

ESやグループディスカッションでは、働く意味や生きる意味を聞かれます。そもそも働くとは、この企業で働く意味、働く目的や志望動機と考えられます。しかし、働く意味が分からないと感じる方もいらっしゃいます。本記事では、まず働くとは何かと面接で聞く意図。次に、働く目的の具体例5選や注意点を解説致します。

就活ノウハウ

働くとは

https://images.unsplash.com/photo-1554415707-6e8cfc93fe23?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1554415707-6e8cfc93fe23?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

学生の皆様にとって、就職活動を得て社会人として働くとはどのようなことか、考えてみても漠然としているかもしれません。

  • 働くとは、自分のスキルや人間性を用いて社会の課題を解決すること
  • 働くとは、1杯のドリンクによってお客様の幸福度を高めること
  • 働くとは、研究テーマを発展させて新たな製品を世に生み出すこと

このように、働くとは何かという質問に対する回答は人それぞれであり、正解がないからこそどのように答えるのが良いのか迷うと想定されます。

以下では、なぜ採用担当者が働くとはを候補者に聞くのかその理由を解説致します。

働くとはを面接で聞く意図

https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

上述の見出しにて、働くとは何か概要をご説明致しましたが、なぜ就活の面接にて聞かれるのか知りたいと感じた方もいらっしゃると思います。

こちらの見出しでは、働くとは面接で聞く意図を2つご説明致しますので、採用担当者がどのようなポイントを見ているのか把握して、答えられるようにしましょう。

意図①|候補者の特徴をつかむ

1つ目の意図は、働くとはというスタンダードな質問を通して候補者の特徴をつかむためであり、数ある候補者それぞれの違いを把握する目的だと考えられます。

  • 働くことで社会貢献をすることに幸せとやりがいを感じる
  • 働く中で成長を重ねて、キャリア目標を達成したいと考えている
  • 働くことの対価としてより多くの給料を得て、生活を豊かにしたい

このように、働くとは何かという質問に対して想定される回答は様々であり、具体的なエピソードも含めて聞くことで、候補者が持つ特有の人間性や価値観を知ることができます。

面接では、採用枠1名に対して5名から10名以上の候補者がいることが多く、候補者の特徴を明確に把握して候補者間での順位付けをするために活用していると考えられます。

意図②|求める人物像と照らし合わせる

2つ目の意図は、働くとはという質問への回答内容に求める人物像と照らし合わせることで、採用すべき人材が誰かを決定する判断材料にするためです。

候補者からの回答内容

求める人物像

働く経験によって自分をより深く知ること

働く機会に感謝をして社会貢献ができる人物

お客様の笑顔と感謝を頂くこと

成長意欲が高く何事にもチャレンジする人物

より多くの収入を得て豊かに生活をすること

働いて稼ぐ意欲が人一倍高い人物

例えば、このような面接結果だった場合、一番下では候補者の回答内容と求める人物像がマッチしているため、採用するという判断に繋がると考えられます。

面接へ臨む際には、事前に企業の採用ホームページをチェックすることで、どのような人物像が期待されているのか知ることができるので、活用してみてはいかがでしょうか。

働く目的の具体例5選

https://images.unsplash.com/photo-1503551723145-6c040742065b?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1503551723145-6c040742065b?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

上述の見出しにて、企業の採用担当者が面接で働くとはを聞く意図が2つあるとわかりましたので、働く目的の具体例を確認したいと感じた方も多いと考えられます。

そこでこちらの見出しでは、働く目的の具体例5選を一挙にご紹介致しますので、それぞれのエピソードなどポイントも踏まえてご参照ください。

例①|仕事経験を得て成長すること

1つ目の例は、仕事経験を得て成長することであり、自己成長とも言い換えられます。

  • 仕事を通して、これまでできなかったことを新たにできるようにする
  • 苦手意識を持っていたことに取り組み、得意なことへ変える
  • 手本となる人から学び取り、自分の糧として貪欲に吸収していく

自己成長とは、このような内容に言い換えることができますが、いずれも過去よりも現在や未来の自分が成長して、より多くのことができるようになると定義されます。

例えば、学生時代に特に力を入れて達成したことや、自己PRとして人よりも優れた経験や能力を得られたエピソードを含めて答えると、説得力が上がると考えられます。

例②|人や社会に対して貢献すること

2つ目の例は、人や社会に対して貢献することであり、社会貢献とも言い換えられます。

  • 特定の商品やサービスを提供することで課題を解決する
  • 自分の持つ能力や資格を活かして、人や社会のために働く
  • まだ潜在化していないニーズを具現化して、それを提供する

このように、社会貢献とは以上のような内容だと定義されますが、自身が働く意味として他者や社会の課題解決や目標達成であることが共通事項に挙げられます。

具体的なエピソードを述べる際には、社会貢献をすることが自分自身にとってなぜ必要なのかや、社会貢献を通してどのような心情となるのかを説明することを心がけると良いでしょう。

例③|自己実現をすること

3つ目の例は、自己実現をすることであり、自分が掲げた目標を達成することと言い換えられます。

  • 日本国内のみならず世界各国の拠点で様々な人と共に働く
  • 最終的なキャリア目標に必要となる経験や実績を積んでいく
  • 社内でどんどん出世をして、管理職としてリーダーシップを発揮する

このように、自己実現を働く目的に据えることは、キャリアを通して自分が成し遂げたいと考えている目標を達成することだと考えらえます。

面接で答える際には、自分がどのようなキャリア目標を掲げているのかを説明することで、働くとは何かの意味と繋がるため、面接官に話が刺さりやすくなると言えます。

例④|社会と繋がりを持ち続けること

4つ目の例は、社会と繋がりを持ち続けることであり、人と関わることに楽しさを感じたり、新たな発見に生きがいを感じることとも言い換えられます。

  • 特定の業界や職種が、これからどのように変わっていくのかを見ていきたい
  • お客様と接して、満足度を高めたりお礼を頂けることがうれしい
  • 既存のサービスをどのように変えていくのか考えていきたい

このように、働くことで社会と繋がりを持つと様々な経験を得られることができ、それによって感じる心情もまた多種多様であると言えます。

ただし、その他の具体例と比較すると少し曖昧な印象を与えかねないので、なぜ社会との繋がりが大切なのかを自問して、最終的な結論を出しておくことが推奨されます。

例⑤|収入を得て生活をすること

5つ目の例は、収入を得て生活をすることであり、労働に対する対価として給料を得ることで生計を立てると言い換えられます。

程度の違いはあれども、働いたことに対する給料で満足度が上がり、さらに給料を用いて生活の基盤を作ることになるので、万人に当てはまると考えられます。

しかし、要約するとお金のために働くという意味に捉えられてしまうので、稼ぐことが必要不可欠なトレーディング職や営業職など、ふさわしい業種を絞っておくと良いでしょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事