日本の年収中央値はいくら?|男女別や雇用形態別の年収中央値も解説します!

就活において日本の平均年収より高い収入を得られるかどうかも、企業選びの方法の一つです。しかし、年収の中央値と比較する人は少ないことでしょう。実は日本の平均年収と中央値はイコールではありません。都道府県や男女別でも、年収の中央値は異なります。今回は年収の中央値について解説します。

就活ノウハウ

年収中央値とは

https://images.unsplash.com/photo-1515606378517-3451a4fa2e12?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1515606378517-3451a4fa2e12?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

まず、年収の平均値と中央値の違いについて説明しましょう。200万円 / 300万円 / 400万円 / 500万円 / 600万円 / 800万円 / 1400万円 と年収の異なる7つのデータを元に解説していきます。

それぞれの意味は、以下の通りです。

年収の平均値は総和を人数で割ったもの

まず、年収の平均値は上記の通り、年収データを足して割ったものを指します。

例のデータですと年収の平均値は600万円となります。

年収の平均値

根拠

600万円

=(200万円+300万円+400万円+500万円+600万円+800万円+1400万円)÷7

年収の中央値はちょうど真ん中にくる値

次に年収の中央値についてみていきましょう。

例のデータですと年収の中央値は500万円となります。

年収の中央値

根拠

500万円

7個のデータを並べた時に真ん中(上からも下からも4番目)の数値

年収の中央値の方が感覚値に近い

平均年収と聞くと、それが全体の中央にくる数値と思われがちですが、中央値より高くなります。

平均年収より年収中央値の方が、日々の実感値に近いと言われています。資本主義社会においては、少数の年収が高い富裕層が平均値を押し上げる一方、年収が低い層の人口が多数のピラミッド構造を成しているからです。

より詳細に年収分布を知りたい方はぜひ以下の記事も一読してみてください。

次章以降で、年収の中央値について詳しく説明します。

年齢別|年収中央値の推移

https://images.unsplash.com/photo-1486406146926-c627a92ad1ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1486406146926-c627a92ad1ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

厚生労働省が発表した「平成30年度国民生活基礎調査の概況」によると、世帯年収の中央値は423万円でした。ここでは、各種サイトからの情報をもとに、年代別の年収の中央値をまとめてみました。

年代

年収の中央値

20代

約300万円

30代

約410万円

40代

約520万円

50代

約530万円

60代

約380万円

平均年収が551万6,000円に対し、年収の中央値が423万円であることを考えると、決して高いとはいえないことがわかります。

男女別|年収中央値

https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

日本全体の年収中央値が423万円であることは前述しました。さらに年収中央値は、男女によっても違いがあります。ここでは各種サイトからの情報をもとに、男性と女性の年収中央値の違いを比較してみます。

男性の年収中央値

男性の給与所得者における年収の中央値は、420万円~450万円といわれています。20代から50代の男性にすると、年収中央値は420万円から520万円に上がります。

年収が450万円で、賞与が基本給の4ヶ月分と試算した場合、月給は28万1,000円となります。そこから所得税や社会保険料を引いた手取り額は、22万5,000円ほどになります。

女性の年収中央値

女性の給与所得者における年収の中央値は、280万円~300万円といわれています。これは20代から50代の女性に限定しても、変わらない金額です。その背景には、女性の方が非正規雇用者が多いことがあります。

年収が280万円で賞与がない場合、月給は23万3,000円となります。そこから所得税や社会保険料を引いた手取り額は、18万6,400円ほどになります。

雇用形態別|年収中央値

https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

男性より女性の年収中央値が低くなる理由として、非正規雇用者が多いことがあげられると前述しました。しかし実際には、男性にも非正規雇用者は数多くいます。ここでは各種サイトからの情報をもとに、正規雇用と非正規雇用の年中中央値の違いを比較してみます。

正規雇用の年収中央値

正規雇用者とは、企業と雇用期間を決めずに労働契約を結んでいる社員のことです。正規雇用者の年収中央値は、430万円から440万円とされています。

年収が440万円で、賞与が基本給の4ヶ月分と試算した場合、月給は27万5,000円となります。そこから所得税や社会保険料を引いた手取り額は、22万円ほどになります。

非正規雇用の年収中央値

非正規雇用者とは、労働時間や期間について、企業と個別に契約を結んで働く労働者のことです。パートやアルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託社員などをさします。非正規雇用者の年収中央値は、150万円から160万円とされています。

非正規雇用者に賞与が支給されることはほぼありませんので、年収が150万円の場合、月給は12万5,000円となります。そこから所得税や社会保険料を引いた手取り額は、10万円ほどになります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。